「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖田ダムのマシジミ

10日前に参列したJAの葬祭場で風邪ウイルスをたっぷりいただいたらしく、日向市移住後の5年目にして最初の風邪引きでした。熱は出ないで鼻水だけ、フンちゃんの講演がある19日までに直すように、暖かくした部屋でぐずっていました。これまで「バカは風邪をひかない」と嘯いていたのですが、「バカでも風邪をひくことがある」と囁いています。

延岡在住のブログ読者の方からメール連絡があり、沖田ダムで発生している二枚貝の写真が送られてきました。それを見たら、マシジミのようです。何でダムに発生しているのか、気になったので、風邪が抜けた昨日現場を見てきました。

沖田ダムは比較的新しい「治水ダム」、つまり洪水を防ぐ目的で建設されたようです。下流の農地を洪水から守る名目の農水の防災ダムと同じようなものでしょうが、管轄は国土交通でしょう。貯水が主目的ではなく、大雨の時に貯水して下流の洪水を足止めするために建設されたようです。
e0094349_9304745.jpg

ダム本体の貯水状況は設定された水準より低いようでしたが、渇水期だからでしょう。大雨の時だけ水を溜める、堤防の高さに余裕があるダムです。
e0094349_933827.jpg

ダムの周回道路(延岡市の市道)は1週が8キロ余りで、マラソンの練習用に距離標識がありました。

上流部が公園になっていたので、その辺にシジミがいるのかと思って川に出てみたら、3面張りのコンクリートになっていたのでびっくり。美しい渓流を固める行政と市民の神経に大きな疑問符がつきました。
e0094349_9364811.jpg

小さな谷間の渓流が何本かダムに流れ込んでいますが、これでは貯水目的に建設できないでしょう。
e0094349_947114.jpg

渓流の川底のジャリにはシルトが堆積していて、河川昆虫やホタルの餌のカワニナは少ないようです。コンクリートで固める「整備」をせず、生物が息づく自然環境を保全していたらホタルの名所になったかもしれません。

渓流はシジミが生息できそうにない環境だったので、ダムの水が溜まっている部分だろうと思って周回道路を移動したら、「親水広場」の看板がありました。
e0094349_9424783.jpg

e0094349_9422418.jpg

「広場」まで降りていってみたら、自宅の裏庭にも負ける狭い「広場」でした。
e0094349_9445792.jpg

岩石で岸を固めていて、「親水」はないでしょうが、その端っこに土砂の斜面がありました。
e0094349_9484185.jpg

そこでマシジミとご対面です。土砂の中から外に出て転がっている状態でした。
潜っている貝はジョレンで掘り起こす必要がありますが、その道具を持って出かけなかったので、転がっていたものだけ採集して持ち帰りました。

生きているもの9個と死殻1個。
e0094349_9512486.jpg

暖かくなってから本格的に調べてみますが、ダム湖の水が富栄養化して、シジミの餌が増えているのでしょう。

ダム湖の富栄養化には周囲の植物の枯れ葉などが貢献しているはずです。水は溜めっぱなしで水位変化が乏しい状況で、太陽光を受けて植物プランクトンが冬でも多いようです。

ダムの周回道路から林道がいくつも枝分かれしていましたが、新しいのが1本、作業道として建設中でした。ダム湖の上の斜面でも最近伐採された禿山部分がありました。
e0094349_9562773.jpg

宮崎県ではダムの周辺で大規模な林業・伐採が行われているのでいつもびっくりしています。ダムに土砂が早くたまって使えなくするように「努力している」みたいです。

このような状況をドゲンカセントイカンのですが、1期で引退する知事のことを考えていたら、誰かにそっくりなことに気がつきました。
e0094349_9585897.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-01-18 09:59 | シジミの仲間 Corbicula
<< 民主党の看板倒れ 裏庭のアオサギ >>