beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

渡り鳥と鳥インフルエンザ

養鶏だけでなく、北海道から鹿児島まで、全国的に各種の野鳥にH5N1(高病原性)鳥インフルエンザが発生しています。あたかも野鳥がウイルスを運んでいるかのようにも見えますが、渡りをする鳥の種類ごとに渡りの時期とルートの詳細についてわかっていないこともあって、漠然とした憶測に留まっているようです。

野鳥、特にカモの仲間がキャリヤーになっているらしいことはすでに指摘されているのですが、それぞれ種類と集団ごとの渡りのルートは調査されているのでしょうか。鳥の渡りは、一般論では、南北移動です。H5N1がらみの情報について前回の2007年の時に調べたことをおさらいしてみました。

日本では学者も中央行政も視野が日本中心になっていて、鳥インフルエンザの分布が熱帯アジアから中国を中心としていることを忘れているようです。そのため、本来は国際的な現象ですが、すでに国境防疫は破綻しているので、今では国内での二次的な拡散・拡大に翻弄されているわけです。

厚生労働省はチョンボ続きで失点を重ねてきましたが、同省サイト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index.html#section01
で鳥インフルエンザの情報発信を見ると、農水と環境省が意図的に隠している重要なポイント:WHOとOIEからの「世界各地で確認された人の鳥フル感染患者と死者の数」を出しています。そのマップを貼り付けておきます(2011年1月25日までの最新情報)。クリックで画像は大きく見えます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou02/pdf/03.pdf
e0094349_11172096.gif

昨年末までの情報をまとめた別の地図もあります。
e0094349_1143481.gif

農水省は鳥インフルエンザが発生するとなぜ公費で殺処分が行われるのかを一般市民にわかりやすく説明することをせず、変異したウイルスが人に感染する恐れについて無視しています。

下のサイトでは鳥インフルエンザ関連の地図情報をとりまとめて掲載しています。ただし、2009年まで。
Perry-Castañeda Library Map Collection
Avian Influenza Maps on Other Web Sites
http://www.lib.utexas.edu/maps/avian_influenza.html
このサイトには下のような渡り鳥の世界的な「回廊」、つまり主な往復ルートの概念図があります。鳥たちの渡りルートと無関係な東西方向の拡散も大きく、時期的にも整合しないので、人為的な拡散、つまり人がウイルスを何らかの形で広げていることは確かなようです。

人がウイルスを運んでいるとすれば、東南アジアや中国本土で蔓延している鳥インフルエンザは、ホンコンやシンガポールなどのハブを経由していつでも日本に侵入するはずです。
e0094349_115371.gif

標識調査で一部の鳥たちが季節的に南北に渡ること、同じ集団が繰り返し同じ場所を往復する傾向などが少しだけわかっています。しかし、たとえば宮崎県の各地、主に河川に、冬の訪れと共にやってくる鳥たちが夏の間はどこにいるのか、それがわかる十分な調査が行われているのでしょうか。

国内でのH5N1ウイルスの拡散と維持に関連する基礎調査を前回の4年前にサボった「つけ」の取立ては高くついています。野鳥の調査を少しだけやったようですが、キャリヤーとなる可能性がある豚と野生のイノシシについて抗体検査は行われていたのでしょうか。

口蹄疫でも野生動物についてまともな調査をやっていないので、もし土着化していたら3月頃に再発と言う悪夢が来るかもしれません。臭いものに大急ぎで蓋をするだけで終わらせるやり方は改めるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-30 11:37 | 鳥インフルエンザ
<< 河川プールに結氷 フジノハナガイの稚貝 >>