beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カラスの餌を横取りする人たち

6日午後の干潮がよく引くタイミングに合わせてGIビーチに出かけました。

引き潮時間のビーチの中央部は海水が取り残された浅い大きなプール状態(地形の名称はラネル)になっていて、その岸辺にチョウセンハマグリ(稚貝)やフジノハナガイが集中しています。カラスたちもその場所で集中的に餌とりをしています。

プールの岸辺で微細藻類が繁殖し、砂の表面が茶色になっているので、貝はそれを餌として食べるように集中しています。天気が良かった3日に撮影した水際の茶色の藻類マットの様子です。
e0094349_832439.jpg

潮が引いて空気中に露出した部分にも藻類マットが残されています。
e0094349_8334970.jpg

このような藻類は移動能力があって、満ち潮の時は砂の中にもぐりこみ、上下移動を繰り返しています。つまり、沖に洗い流されないように行動します。

このような干満で露出する砂浜では、藻類の栄養源を含む地下水がにじみ出ていて、繁殖を促すようになっています。陸側の海岸林の落ち葉などから栄養分が洗い出されるはずですが、コンクリートで固めるとそれが阻害されることになります。

この場所で、3日前撮影のチョウセンハマグリの稚貝の様子です:
e0094349_8395936.jpg

貝が砂の表面に残している水管の穴の密度が高く、これは藻類マットがある狭いゾーンに集中していました。結果的にこれがカラスの攻撃を誘います。

6日は日曜日で、曇り空でも少し暖かくなったGIビーチにはサーファー以外の一般客が来ていました。

ハマグリの集中するゾーンにて二人連れが二組、怪しげな行動が見られました。6センチ以下のチョウセンハマグリの稚貝は、漁業者を含めて、県の漁業調整規則で採取が禁止されています。カラスはそれに違反しているのですが、お咎めはないようです。昔、「カラスの勝手でショー」というギャグがありました。

同じことを人間がやれば密漁です。
e0094349_8463953.jpg

現場に到着した時残っていた高齢者の夫婦連れのように見えるカップルは、ご婦人がぶら下げていた透明な袋の中にハマグリの稚貝が見たところ100個レベルで入っていました。
e0094349_850457.jpg

かなり頑張って掘り出していました。カラスの方が綺麗に掘ります。
e0094349_8512042.jpg

念のため、旦那に対してハマグリの稚貝は採取禁止になっていることを伝えてみたところ、「昔は貝はいくらでもいたが、最近は貝に虫がついて減ってしまった」と教えてくれました。おそらく寄生カニ(ピンノ)のことを言ったと思います。会話の後、このカップルは、貝を持って逃げるように去りました。カラスの餌を横取りした悪い人たちです。

カラスはどこかと見渡すと、塩見川の向こう側(南岸)の先に集まっていました。
e0094349_8554510.jpg

これまで昼間に潮が引いていなかった(カラスが潮干狩りしていなかった)場所で貝を採っているようです。

潮溜まりプールの所では男の子3人を連れた家族がいました。日本一すばらしい砂浜で子ども達が遊んでいる姿が見られないことをいつも不思議に思っていたので、とても喜ばしい光景です。
e0094349_8592733.jpg

子どもたちが潮溜まりの中で死んでいる小魚を発見していたのを見せてもらったら、コトヒキの稚魚です。コトヒキは砂浜で貝類など殻のある餌を噛み砕いて食べる魚であって、チョウセンハマグリの稚貝から見たら天敵の一つのはずです。稚貝がこの稚魚に食べられている可能性は高いでしょう。
e0094349_944096.jpg

群れごと死んでいたのですが、その腐敗分解状態から想像し、少し前の寒波で夜の干潮時の水温が低下し、潮溜まりに閉じ込められていた魚が死んだのではないかと思われました。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-07 09:06 | Meretrix ハマグリ
<< アカガエル天国にサギが来た WAHID情報 >>