beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高病原性鳥インフルエンザウイルスと哺乳動物

アイオワ州立大学の獣医学サイトに鳥インフルエンザに関する総説が掲載されていました。
http://www.cfsph.iastate.edu/Factsheets/pdfs/highly_pathogenic_avian_influenza.pdf
High Pathogenicity Avian Influenza
Fowl Plague, Grippe Aviaire
Last Updated: January 2010

以下の文章で哺乳類とH5N1ウイルスの関係がまとめられています。

The Asian lineage H5N1 (HPAI) viruses seem to have a particularly broad
host range. Symptomatic infections with these viruses have been reported
in captive tigers (Panthera tigris), leopards (Panthera pardus), clouded
leopards (Neofelis nebulos), lions (Panthera leo) and Asiatic golden cats
(Catopuma temminckii), as well as housecats, a dog, stone martens
(Mustela foina), a wild mink (Mustela vison), raccoon dogs and captive
palm civets (Chrotogale owstoni). Asymptomatic infections have been
reported in some housecats, and Asian lineage H5N1 viruses have been
recovered from populations of apparently healthy wild pikas.

During outbreaks in poultry, serological evidence of infection or exposure
has been reported in cats, dogs and swine, and viruses have been isolated
rarely from pigs in China. Unpublished research suggests that some
raccoons in Japan also have antibodies to H5N1 viruses. Experimental
infections have been established in housecats, dogs, foxes, pigs, ferrets,
rodents, cynomolgus macaques and rabbits. Cattle can be experimentally
infected with viruses isolated from cats. The Asian lineage H5N1 viruses
are continuing to evolve, and other species may also be susceptible to
infection and/or disease.

トラやヒョウ、ライオンなど大型の猫が感染発症するだけでなく家猫やアライグマもホスト(ウイルス保持者)になるそうです。

感染しても特に症状が出ない(抗体ができるだけ)動物の例が多いようなので注意が必要です。

養鶏場でH5N1が発生した場合、周辺で猫、犬、豚が感染したことが(血清検査から判明して)報告されています。

渡り鳥、特にカモやハクチョウなどがキャリヤーとして注目されていますが、哺乳類にウイルスが広まることも要注意でしょう。人間がウイルスキャリヤーであることは言うまでもありません。車両ではなく、人間がウイルスを広めるのですから、消毒する対象を勘違いしないようにするべきですね。

おまけは、家の周囲で活躍中のシロハラ?君です。枯れ葉、枯れ草の下をほじくりかえして虫を見つけて食べています。ミノムシをしつこく攻撃していましたが、不首尾に終わったみたいです。
e0094349_21201880.jpg
e0094349_21202638.jpg
e0094349_21203587.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-02-08 21:06 | 鳥インフルエンザ
<< 野焼き アカガエル天国にサギが来た >>