beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハマグリ属の誤査定

わが研究室に外国人留学生として在籍し、立方クラゲ類についてとても面白い研究成果を出したカナダ人のシェリル(ルイス・アメス)さんは現在アメリカの首都ワシントンにあるスミソニアン自然史博物館で働いています。彼女が、フィラデルフィアにある科学アカデミー自然史博物館に出かけて日本で採集されたハマグリ類の標本を写真撮影し、画像を送ってくれました。

フィラデルフィア自然史博物館においては、ほぼ1世紀前に日本の平瀬貝類館(大正時代に京都にあった日本で最初の貝類博物館、現在は西宮市貝類館に受け継がれている)を開設していた平瀬父子から、博物館の当時の貝類学者の ピルスブリー(Henry Augustus Pilsbry)に多数の貝類標本が贈呈され、新種として記載された沢山の貝類のなかにキュウシュウナミノコ(Donax kiusiuensis Pilsbry, 1902)があります。

平瀬貝類館の古い写真を子孫の方がHP(英文のみ)で紹介しています:
http://hirasefamily.com/default.aspx
西宮市貝類館はまだ訪れていませんが、黒田徳米が見ていたハマグリ類標本をチェックする必要がありますので、そのうち立ち寄るつもりです。
http://www.nishi.or.jp/homepage/kairuikan/

話を元に戻します。

シェリルさんが撮影した標本写真で真っ先にチェックしたのは「沖縄産」ハマグリでした。フィラデルフィア自然史博物館サイトで収蔵標本の一覧から見つけて、最重要として写真をお願いしてありました。

標本番号はANSP #325438、ラベルには沖縄本島の(上本部村、124号線近く、具志堅の東)と産地が英語で詳しく書かれていました。オンラインで記載が無かった採集者の氏名(G. M. Davis)と採集年月日(1968年3月24日)もわかりました。
e0094349_183199.jpg

ところがどっこい、貝殻の写真を見たらハマグリ属の貝ではありません。
e0094349_1844663.jpg

リュウキュウバカガイMactra maculataだろうと思います。

1968年頃のこの博物館には二枚貝が識別できる学芸員がいなかったのでしょう。
Pilsbryは1862生まれ - 1957年(心臓発作で没、その年95歳まで博物館で現役、3000以上の論文を執筆)です。

沖縄を私が最初に訪れたのは1970年3月で、本土復帰前、パスポートのようなものを携行して旅行しました。ドルが通貨で、カリフォルニアオレンジがものすごく廉かったのを憶えています。

沖縄産の現生ハマグリ類の殻標本を期待していたのが見事に肩透かしになりました。しかし、東京湾産の現生ハマグリ標本など、古くて新しい標本が各地から集まっているので、これからゆっくり楽しめます。

バカガイMactra属だけでなく、Pitar属の二枚貝も殻の表面がツルツルしていてハマグリと見かけが似ているため、間違える人が多いようです。和名にも「なんとか」ハマグリとついている種が多いのも混乱を招きます。

2005年にフィリピンの標本貝類のオンライン・販売カタログで見つけたMeretrix meretrixを注文したらPitarがやってきて、出費が無駄になったことがありました。カタログに写真が出ていたけれども肝心な識別ポイントであるちょうつがいの部分が見えなかったので騙されました。
e0094349_18274935.jpg

集団としてまとまった数のサンプルが欲しかったので、メールで特注して、100個以上集めてもらったものです。

オンラインで貝類標本として販売されているハマグリ類には種の誤査定は日常的ですが、属まで違っていたのは、今のところこれだけです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-18 18:31 | Meretrix ハマグリ
<< スダレハマグリ 赤岩川の異変 >>