beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スダレハマグリ

19日、大潮の干潮に合わせ、門川町の庵川干潟(海浜公園のある側)の潮干狩りの様子を見に出かけました。干潟には7,8人出ていて、澪筋の泥砂を掘っている人たちと、礫が岩の間に溜まっている場所で掘っている人たちが半々でした。
e0094349_8374330.jpg

まるばえ川の河口になっている澪で掘られている貝を見せてもらったら、ほとんどがスダレハマグリです。
e0094349_839787.jpg

ハマグリも混ざっていますが、ごくわずか。シオヤガイもあります。

ハマグリの新鮮な合弁の死殻を狙って拾っていたら、大きなトリガイの殻がありました。
e0094349_846454.jpg

殻長が約8センチあって、中身があったらご馳走になるはずで、京都府の日本海側にある宮津湾などで養殖されている貝です。
トリガイ養殖 http://www.pref.kyoto.jp/kaiyo/torigaiyousyoku.html

スダレハマグリはハマグリという名前が付けられていますがハマグリ属ではありません。熱帯に広く分布している貝で、沖縄では八重山の干潟に(かつては)普通でした。

黒潮に乗った温暖種(縄文時代に見る地球温暖化):
地球の温暖化と寒冷化のサイクルが、貝類の地理的分布の時代変化でわかります。
http://nh.kanagawa-museum.jp/kikaku/ondanka/pdffile/wt_15v101.pdf

沖縄県では準絶滅危惧種とされています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030071500

愛媛県のレッドデータブックを見ると絶滅種です。
http://www.pref.ehime.jp/030kenminkankyou/080shizenhogo/00004541040311/detail/08_01_003820_2.html

分 布   県内:宇和島市以南 
      県外:高知県・九州・沖縄;インド太平洋 

生息状況, 選定理由
主に1940年代以前に採集された中原東五氏や河野通徳氏の標本中には多数の生貝標本が見られる。現在、宇和島市以南の河口干潟で古い死殻が採集されるだけで、すでに絶滅したものと思われる。

特記事項 北限域の分布地であった。


宮崎県の改訂レッドリストで絶滅危惧種に追加されています。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000097439.xls

「海:エコロン」ブログを見たら沖縄本島北部の羽地内海の干潟でスダレハマグリとアラスジケマンガイを採取して酒蒸しにして食べたそうです。この干潟も埋立て予定とありました。
http://ecoron.ti-da.net/c129907_1.html

羽地内海では、戦前に熊本産のハマグリの放流試験が行われたという記録が残っています。(佐敷干潟では熊本ハマグリの蓄養が行われていました)。数年度繰り返された放流後の生き残りの報告が見当たりませんが、環境が極端に違う場所に放流した結果はおそらく消滅でしょう。

羽地内海に流れ出ている川の上流には大規模な養豚団地があって、河川流域、そして河口付近の環境が大きな影響を受けています。羽地内海で潮干狩りして貝を食べて大丈夫かどうか、気になります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-20 09:06 | その他の貝類
<< 砂浜の川の直線化(再び) ハマグリ属の誤査定 >>