beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

フィラデルフィアの博物館にあるハマグリ標本(1)

フィラデルフィア自然史博物館収蔵の日本産ハマグリ属貝類のラベルにある採集者の一人はLoomis, Dr. H. です。この採集地がYokohama(Osakaが一緒に書かれているのが謎)であり、学名の使われ方から明治から大正時代に採集(登録)されたものと思われます。

ANSP 43464 Cytherea meretrix Rve. Yokohama, Japan
    49612 Meretrix lamarckii Desh Yokohama, Osaka, Japan
    49613 Meretrix lamarckii Desh Yokohama, Osaka, Japan
フィラデルフィア自然史博物館のオンラインリストにあった以上の3点の写真は撮影されていませんが、下の3点の写真をシェリルさんから送ってもらいました。

ANSP 119908 Meretrix (Cytherea) lusoria Chem  Osaka, Japan
この登録番号には2枚の古いラベルが付いています。
  Cytherea lusoria Chem 
  M. castanea Lam (Meretrix); Osaka, Japan Dr. H. Loomis #133 

このcastaneaという種名は、ラマルクが茶色のハマグリを別種に分類したものです。
e0094349_2115280.jpg

Cythereaという属名は19世紀後半(明治時代の初期)まで使われていました。

ChemはChemnitzの略です。ChemnitzはSystematisches Conchylien-Cabinet という貝類図譜を出版しました。ハマグリはその6巻(1782年)にあります。下にある図版32の340図です。
e0094349_2134520.jpg

同図譜のハマグリの学名はVenus lusoria Japonicaとされています。
e0094349_215671.jpg

Die japanische spieltasche, oder auch die chinesische spielmuschel.
ゲームに使われる貝という説明文があるのは、日本の貝合わせに使われていた、つまり貝殻の内側に絵が描かれていた貝だったからです。

ドイツ語の説明では中国と日本が一緒になっています。貝合わせという遊びは日本で独自に生まれたはずですが、なぜ中国が一緒にされたのかわかりません。

17世紀半ばより前、つまり江戸時代初期までに貝合わせの絵が描かれたハマグリの殻はヨーロッパに渡っています。おそらくオランダ人が伝えたのでしょう。当時のオランダ領インドネシアで貝類標本を集めてヨーロッパに送っていたランフィウスが出版した17世紀末の本(E. M. Beekmanにより英語に翻訳されThe Ambonese Curiosity Cabinetというタイトルで、Yale Univ. Press、1992年出版)には日本の貝合わせの内容が詳しく説明されていますが、中国に関して何も言及されていません。

Chemnitzが引用しているランフィウスはハマグリをChama laevisと命名しました(Chamaは丸い二枚貝でlaevisは殻の表面がツルツルの意味でしょう)。

Chemnitzが使った全ての学名は国際規約で採用条件を満たさず、ハマグリの学名にはMeretrix lusoria (Roeding 1798)が現在使われています。

ANSP 119920 Meretrix (Cytherea) morphina Lam Yokohama, Osaka, Japan
     various color patterns M. petechialis Lam; Dr. H. Loomis
e0094349_2161781.jpg
e0094349_2162517.jpg

この標本の学名はMeretrix petechialis Lamarckつまりシナハマグリとなっています。しかし、写真からハマグリであることは明白です。そして、殻の後方の伸び方が直線的でよく伸びることは東京湾のハマグリ集団に見られる特徴です。ただし、大阪湾産のハマグリは見たことがなく、地域絶滅しているので比較できません(瀬戸内海西部のハマグリ集団は九州沿岸各地と同様で後端はあまり強く伸びず、輪郭が全体的に丸くなっています)。

博物館で登録された名前がMeretrix (Cytherea) morphinaですが、morphinaは現在無効となっている種名です。(チョウセンハマグリMeretrix lamarckiiとM. morphinaは同種の可能性が考えられます)

ラベルに (with ANSP 49612)と書かれています。49612の写真がないので正体がはっきりしませんが、そのラベル上の学名はMeretrix lamarckii、つまりチョウセンハマグリです。東京湾内にチョウセンハマグリは生息していないので、種の誤認があったかもしれません。Loomis標本のほかにもフィラデルフィアの博物館では種の査定がかなりデタラメになっています。当時のヨーロッパでのハマグリ属の分類の混乱がアメリカにも影響していたと考えられます。

Yokohama, Osaka, Japanというラベルにある産地名になぜOsakaがついているのか、またラベルによってOsakaとYokohamaの順序が反対になっているのは何を意味するのか、さっぱりつかめません。また、標本番号119908はYokohamaがなしでOsakaだけになっていますが、これだけが「例外」なので、おそらくYokohamaの転記での書き忘れでしょう。

ANSP 119930 Cytherea petechialis Lam Yokohama, Osaka, Japan
      M. petechialis Lam; Dr. H. Loomis; #156
e0094349_217646.jpg

この標本の学名はMeretrix petechialisシナハマグリですが、シナハマグリではなくハマグリであって、小型のハマグリの殻の色彩変異が見られます。

H. Loomisという名前について調べてみたら、明治時代1872年に宣教師として来日し、横浜に43年暮していた人物が見つかりました。
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/3271245.html
貝類とのつながりはわかりませんが、ルーミスシジミという蝶の和名は発見者としてです。

ルーミスシジミは、1877年アメリカの宣教師ヘンリー・ルーミスが現在の千葉県君津市鹿野山で最初に発見したもので、和名は発見者の名前に由来しています。
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/haku/osusume/149ru-misshijimi.htm

ハマグリを採集したDr. H. Loomisとヘンリー・ルーミスが同一人物である可能性は高そうです。

以上、Loomisの標本は、おそらくすべてが東京湾産で、明治時代に採取されたと思われるものです。東京湾では1980年代にハマグリが消滅しましたから、フィラデルフィア自然史博物館に残された(1世紀前の)標本はとても貴重な存在です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-02-25 21:07 | Meretrix ハマグリ
<< フィラデルフィアの博物館にある... 塩見川の残党 >>