beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小倉ヶ浜に津波が来襲

気仙沼市の本吉町で出前授業をしたのが丁度1週間前の4日でした。

日向市に戻ってから、三陸沖の地震と津波が立て続けで、今日の大地震は歴史に残る大地震となりました。本吉町をはじめ、気仙沼から三陸一帯で大きな被害が出ているようですので、授業に参加してくれた中学生と小学生の皆さん、そして地域の人たちの安否が気がかりです。

本吉町の長須賀海岸と大谷海岸、そして気仙沼市の鳴き砂の海岸はどうなっていることか。気仙沼湾の中はメチャクチャになってしまったと想像しています。

宮崎県の海岸にも津波警報が発令されました。日向市の細島港で予想された波の高さが2mで、到達予想が17:10頃というラジオ放送があったので、小倉ヶ浜を見下ろせる標高200mの米の山の頂上に出かけました。この場所から小倉ヶ浜の海岸線が見渡せ、特に塩見川の河口部の様子がよく見えます。

米の山に着いて16時34分に小倉ヶ浜を撮影しました。
e0094349_2254240.jpg

細島港では沖に避難する小型船が見えました。この港の出口付近に験潮所があります。
e0094349_2265310.jpg

すでに港の沖に出て津波をやり過ごす船が点々と見えます。
e0094349_2275370.jpg

細島商業港の奥の様子です。係留された船も残っていました。遠くに見えるのは細島工業港です。
e0094349_2283017.jpg

300mm望遠レンズを付けたデジカメを3脚に固定し、塩見川河口の連続撮影を開始しました。以下のシリーズ写真は、撮影時間は16時55分から18時06分までの1時間余りの変化です。
16:55
e0094349_21194185.jpg

17:07
e0094349_21202854.jpg

17:17
e0094349_21205278.jpg

17:26
e0094349_2121564.jpg

17:31
e0094349_21212264.jpg

17:36
e0094349_21213757.jpg

17:40
e0094349_2122391.jpg

17:45
e0094349_21221882.jpg

17:51
e0094349_2122386.jpg

18:06
e0094349_21225688.jpg

遠景でのダイジェスト版を下に示します。
e0094349_21331996.jpg

すぐ近くの日向市の細島港の験潮所では約80cmの津波が観測されたそうですが、塩見川の河口でもおそらく同程度の潮位変化が起こったようです。

津波が到達した時間が最干潮(15時49分)を1時間余り過ぎた時刻に当たり、砂浜の潮間帯部分(中潮で高さ1m余りの干満差)だったこと、そして砂浜の濡れていた(前回の満潮の潮位)部分まで波が届かなかったことから判断できます。

予報の2mの波が来ていたら満潮線を越えていたものと思われますが、今回の波は1m未満だったようで、小倉ヶ浜には特に影響しなかったでしょう。

小倉ヶ浜の松林のある(元々は砂丘)場所は満潮線から4mほど上にあります。日向灘沖で大地震が発生し、満潮に当たった場合で波高が4mを超えると松林の中に波が侵入するでしょう。しかし、それよりも塩見川と赤岩川の河口から内陸に向かって侵入する津波が破壊的なものになるかもしれません。

<追記>

宮城県の鮎川験潮所で記録されているリアルタイムの潮位をオンラインで見ることが出来ます。

最近7日間の 鮎川 潮汐曲線
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/real_time_tide/sel/2203.htm

11日の潮位変化のグラフを引用します。
e0094349_10241922.gif

この験潮所で記録される潮位は4m以上の上昇を記録できません。津波の4m上昇の後の潮位記録はありませんので、記録計が破壊されたのか、通信できなくなっているかと思われます。

9日の地震でも津波が発生しましたが潮位変化は1m未満でした。
e0094349_10265750.gif

予測値と観測値のずれが1週間前から続いていました。

鮎川験潮所の潮位は1890年代から記録があります。
http://cais.gsi.go.jp/cmdc/center/graph/kaiiki2.html#enosima
e0094349_10313282.gif

1930年代後半に海水面が低下(地盤が上昇)し、観測標準水位の移動がなされました。しかし、その後は海水面の上昇(地盤の沈下)が継続しています。1933年3月3日に昭和三陸大津波がありました。

今回の地震で地盤の変化がどのようになったのか、その結果が注目されます。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-11 21:47 | 津波と地震
<< 本吉町の長須賀海岸 本吉町(宮城県気仙沼市)のチョ... >>