beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

集団疎開の受け入れ準備を進めるべき

宮崎県は太平洋戦当時に沖縄から疎開してきた大勢の児童を収容したと聞いています。

中山間地でもインフラとしての道路整備が進んでいて、ほとんどの場所から車で市街地まで1時間程度で行けます。働き手が市街部に移住し、あるいは大都会に移住して地域から児童生徒がいなくなり、多くの小学校が閉校においこまれてきました。

宮崎県に限らず、地方都市の近郊には近年閉校したばかりの学校が多数あります。

転用された、または閉校したばかりの学校施設が十分使えるだろうし、ホームステイで児童生徒を受け入れ可能な地域は多いはずです。また、家族で疎開して、住居と休耕農地を借りることができれば、少なくとも食料については自給的な生活が可能な場所がいくらでもあります。

日向市周辺では、田舎暮らしを求めて移住してきた家族もかなり見受けます。 それほど遠くない昔に開拓のために入植した人たちの集落も県内にあります。バブル時代に破綻した国営パイロット事業で整備された農地と道路網を復活させることも可能でしょう。

今回の震災・津波の避難民の中で、この際、長期間の疎開、あるいは移住して、適応できる人たちは多いかもしれません。その希望者の実態を把握し、受け入れ可能な場所を見つけ出し、その情報発信を準備することを地域のNPOなどが率先して進めるとよいと思います。移住者のケアや情報提供が重要になるはずです。

原発が危機状態にある福島県の難民の長期的な受け入れ先のことも考えておかねばなりません。

市町村レベルの地方行政には財政的な余裕がありませんから、受け入れの手を上げるのをためらうかもしれません。そこで、国のプログラムとして法を整備し、疎開・移住の態勢を早急に整えるべきでしょう。

国として遊休農地の借り上げ、一定期間無償で貸し付けるようにし、閉校された学校を復活させ、それを核にした疎開集落を設計するとよいかと思います。単独でバラバラに移住するよりも、被災集落の中で気心が知れている仲間を集めて集団疎開すると、助け合いながら生活しやすいかもしれません。

宮崎県では早期耕作の水稲のため、水田の準備がすでに始まっています。

学校は春休みに入るし、疎開、移住が実行しやすい時期であることが救いです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-19 20:22 | 評論
<< 陸前高田市の海岸変化 大谷海岸の状況 >>