beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

陸前高田市の海岸変化

国土地理院などが、海岸が大津波の影響で地形変化したことを衛星写真で見せていますが、フランスのAFPサイトにも、それがはっきり見える写真があります。

AFPBBの提携ブログサイトでは直接引用できますが、ここEXCITEブログではできません。

URLでリンクしておきますので見てください。
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2791003/6961146

米画像衛星運営会社ジオアイ(GeoEye)が公開した、東北地方太平洋沖地震の前後の、岩手県陸前高田市付近の衛星写真。建物、自動車、インフラの壊滅的崩壊が分かる(左:震災前、右:2011年3月12日撮影)。(c)AFP/GeoEye satellite image

メンバー登録して拡大画像を見ました。海岸の河口付近にあった砂浜と防潮林などが消滅している様子が、気仙沼市、本吉町の津谷川付近の状況にとても良く似ています。

この場所で防潮提・護岸と防潮林に守られていたはずの運動公園の建物が消えています。

以下は推論です。

この地域はリアス海岸の谷間が基盤となっているようです。この谷間は川が運んできた土砂で埋立てられ、その結果、小さな海岸平野が造られ、砂浜ができていました。

海岸から沖合いの地形はおそらく谷間の延長です。つまり、岩礁性のリアス海岸の奥で津波が収束して高くなることと同じことが、この海岸の海底地形のために起こったかもしれません。言い換えれば、このような谷間の小さな平地は津波のリスクがより大きいと考えられます。

河口で堆積した土砂は、埋立地と同様ですから、強い地震で堆積物の粒子の間にある水分が締め出される現象が起こるはずです。埋立地の液状化、水の噴出現象と同様です。水が抜けると堆積物の容積が減って、地面が低下するでしょう。そして三陸沿岸では岩盤も沈下しているので、結果的に見れば、海水面が上昇したことと同じになって、陸地に海水が浸入してきたでしょう。さらに砂浜の砂は流動して運び去られて消えているようです。

日向市の沿岸部は、地形的には三陸海岸と同様であって、小さい沖積平野です。塩見川の河口にできた小さい平野の部分と細島のリアス海岸の奥に埋立地が広がっています。

日向市は(洪水・がけ崩れ)と津波に対する「ハザードマップ」をつくって配布しています。その津波浸水区域図は概ね妥当だろうと思いますが、多分、地震による堆積物と地殻の上下変化や海底地形の影響を考えていないでしょう。地図の上で等高線で単純に津波の波高をなぞっただろうと想像しています。また、基準とした過去の波高は実際に観測・記録された割合最近のデータによっていて、今回の三陸でのような「想定外」は想定していないはずです。

日向灘沖で想定外の大地震と津波が発生した場合にどうなるか、という点でマップを再点検するべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-20 12:10 | 津波と地震
<< 日本列島の上下地殻変動 集団疎開の受け入れ準備を進めるべき >>