beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

深井戸の異変

日向市の山中にある住居の敷地内に、2007年夏に深井戸を大分県の専門業者に掘削してもらいました。
http://beachmollu.exblog.jp/6121938

深さは104.5mで、この地点の標高が50mプラスですから、最深部は海面より下に届いています。

水中ポンプが設置された深さは52mで、内径100mmの鋼管パイプの中からパイプのスリット(30mより下に断続的に配置)を通して入ってくる地下水を汲み上げています。

この地点の地層は、地表から2.3mまでが茶色の表土、6.1mまで赤色の粘土、その下は褐色の泥岩と粘板岩(頁岩)がほとんどでした。90mのところから下に厚さ4.7mの非常に硬い灰色の砂岩層がありました。

この近辺の地質図を見ると、四万十帯の日向層群の岩盤、すなわち深海底で堆積したシルト・粘土が固まってできたた「頁岩」が基盤となっています。つまり、この深井戸は不透水性の頁岩の中にできた数箇所のひび割れから湧き出ている地下水を採っています。

大地震のあった翌日、12日土曜日の午前中に、近所に住むトット君が友人達を連れて遊びに来てくれました。井戸水の異変に気がついたのはトット君です。透き通っていた井戸水が牛乳のような白濁状態になっていました。

トット君が12日に撮影したプラスチックコンテナの水です。水面に浮いている緑色は藻類です。
e0094349_19285993.jpg

ポンプから汲み上げた井戸水は2トンタンクに満たし、それを重力で水路に流していました。貯水タンクの水位が下がると、自動的にポンプを起動し、タンクが満杯で自動停止です。水路には常に流れている状態です。

地下水を流している水路の一部にトロ箱を置いて、カワニナやサカマキガイなどのホタル幼虫の餌を飼育していたトロ箱などが真っ白に見えます。

同じ状態は日曜日にも続いていたので、日向市の環境整備課のMさんにメールで異常事態を通報しました。Mさんは月曜日に保健所の人と一緒に来宅し、土曜日に汲んでおいた水と、濁りの程度がやや低下した新しく汲んだ水のサンプルを検査用に持ち帰りました。

昨日のメールで水質検査結果の報告を受け取りました。

             白濁水   やや白濁
pH            6.5     6.5
硬度(パックテスト)   50     50      以下単位はmg/L
アンモニア       <0.2     <0.2
硫化物         <0.1     <0.1
鉄            <0.2     <0.2
銅            <0.5     <0.5
亜鉛           0~0.5    0~0.5
りん酸          <0.05     <0.05
亜硝酸性窒素     0.05     0.02
硝酸性窒素       <1      <1
6価クロム        <0.05   <0.05

<参考> 飲料水(井戸水・地下水)水質検査
http://w-21.net/dron/water/kensa2.htm

今回の簡易検査の結果の範囲で特に異状はないようです。

pHが6.5と、やや酸性になっていますが、以前自分で計測した値は中性の7.0より高かったと記憶しています(水が酸性になるとカワニナなどの貝類の貝殻形成に影響が出る懸念があるため、チェックして安全を確認)。

濁ったままの水の中にいたオタマジャクシ(アカガエルが水路で産卵していた)やカワニナに異状が見られなかったので、水生生物に「直ちに悪影響を及ぼす」問題ではなかったということです。

白濁は次第に収まり、1週間経過後には元のような透明な水が汲み上げられています。

問題の白い濁りはコロイド状であって、汲み置いた後に2日経過しても上澄みもできなかったし、ほとんど沈殿しませんでした。その正体を検査してもらうことを期待していましたが、通常の「飲料水としての」簡易検査だけです。重金属汚染がないことがわかっただけでした。

そもそも透明だった地下水が一時的に白濁するということが、東日本の大地震の直後に(あるいは直前から起こっていて見過ごしていた可能性もある)見られたことは警戒すべき現象かもしれません。南海大地震の時に温泉水が白濁したという記録が残されているからです。

巨大地震の地震波が震源から遠距離に届くことはよく知られていますし、揺れがなくても場所によって何らかの影響を受けて地層境界での変化があってもおかしくないでしょう。そして地下水に変化が起こることも。

今のところ、井戸水の濁りと大地震との因果関係を考察できるような論理的な道筋は見つかっていませんが、偶然として片付けることは引っかかります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-26 08:33 | 津波と地震
<< 気仙沼の大島 地層が訴えていた巨大津波の切迫性 >>