beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

石巻市横須賀海岸の松林と砂浜の消失

ひむかのハマグリ: 宮城県石巻市横須賀海岸の砂浜侵食 2008年9月18日
過去記事で下のようなコメントを残している。

<ひょっとすると、これから近いうちに起こる(と予想されている)1936年の同タイプの地震で地盤が隆起するかもしれない。もしそうなれば横須賀海岸は隆起して砂浜がめでたく復活するだろう。しかし、その時は海岸に建設されたコンクリート構造物が地震で砂の中に埋没したり、いろいろなことが起こるに違いない。>

3年前の予想は完全に覆って、今回の大地震と津波の後で横須賀海岸の砂浜(長面海水浴場)の砂浜とそれにつながっていた北上川(追波川)の河口のsand spit(砂嘴)が消滅した。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による被災地の空中写真
http://saigai.gsi.go.jp/h23taiheiyo-ok/photo/photo_dj/index.html
石巻の海岸部については、3月19日に撮影された空中写真がオンラインで公開されている。その写真から横須賀海岸の様子を見て唖然とした。
http://jmc.gsi.sakura.ad.jp/h23taiheiyo-ok/photo/sanrikukaigan/thumb/C24/12087.jpg
e0094349_20462421.jpg

海岸地形の変化は「国土変遷アーカイブ」サイトの1990年の空中写真と

比べればわかる。
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/ViewPhotoServlet?workname=TO901X&courseno=C4&photono=15

下の写真は1975年撮影、国土地理院の
空中写真 CTO-75-26_c10_30
e0094349_20473493.jpg


大津波の被害を受けた北上川河口域と雄勝湾
投稿者: YomiuriShimbun | 作成日: 2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=CQvLygKcc_k
大津波に襲われた宮城県石巻市の北上川河口域と、雄勝湾沿いの集落を15日、上空から撮影した。建物は破壊され、地図上は陸地となっている地域が広範囲に水没していた。雄勝湾には、大量の瓦礫が浮かんでいた=読売ヘリから 西部本社写真部 足立浩史撮影 2011年3月16日公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/

この海岸では明治と昭和の三陸沖地震津波を受け、さらに1960年のチリ地震津波の被害があったので海岸に松の防潮林を二重にしていた。その松林は全て消失し、後背地の住宅は破壊され農地は水没している。

松林の植林について下のような記録がある。

日本の川と災害(kasen.net)
黒松十万本植付記念碑
http://www.kasen.net/shore/04miyagi/nagatura/ishi.htm

浜の松老いて姿を整えて
数来る災害肌身で守らん

昭和二十八年より一万本宛
十年間約十万本植栽す


 昭和六十年一月建立
  宮城県海岸林長面保護組合長 木下政義記
(桃生郡河北町長面 鉱泉松原荘近く)

日本の海岸>宮城県の海岸>長面海岸
http://www.kasen.net/shore/04miyagi/nagatura/index.htm

津波ディジタルライブラリィのサイトには、三陸津波などの古文書がアーカイブされている。
http://tsunami.dbms.cs.gunma-u.ac.jp/TSUNAMI/TDL_top.html

この情報サイトには防潮林に関する実例として横須賀海岸(=長面海岸)に関する詳しい記録があるので、以下に引用する。

http://tsunami.dbms.cs.gunma-u.ac.jp/xml_tsunami/xmltext.php?info=93%20reportmetatab%20reportsectab

2.桃生郡河北町大川長面海岸林 

本地は追波湾に面し,追波川と長画浦との間に位置する海岸砂地造林地で林帯の巾員は70m内外で延長1粁余に及ぶクロマツ林である。林帯後方の部落は,農家20戸耕地30haを有する半農半漁の部落であるが,海岸砂地造林の実施に伴い内陸部へ砂の移動が防止されたため,昭和30年には約5haが開畑され,内約1haの開田が行われている。

事業は海岸砂地造林事業として昭和28年度より実施したが,砂地造林が進捗して次第に汀線に近くなったので,昭和32年度よりは前画に防浪柵編工を施工して波浪による砂地の移動を防止している。
昭和34年度までの実施面積は7.9haに達した。

今回の津波来襲を現地において,目撃した部落民の言による波高は2m位で,最前線にある防浪編柵を越えて前砂丘に押し寄せたが,この砂丘で津波の林内への侵入が防止された。
この事から考えると次のような効果が認められる。

(1)敷巾が広く砂草によって安定した人工砂丘は,波浪が天端を越流しなければ相当の波浪を防止することが出来る。但し天端が歩道等のため横断されている場合は其所が欠潰の原因になり易いので津波高汐の際に土俵等で補強を要する。

(2)砂丘の根固のため人工砂丘の脚部に施工する防浪編柵は人工砂丘の保護に効果がある。

第9図 長面海岸林見取図 其の 1
http://protea.dbms.cs.gunma-u.ac.jp/TSUNAMI/tsunami_data/chile93/image/chile93_039_a.jpg
e0094349_20521459.jpg

第10図 長面海岸と林横断図 其の 1
http://protea.dbms.cs.gunma-u.ac.jp/TSUNAMI/tsunami_data/chile93/image/chile93_039_b.jpg
e0094349_20523716.jpg

同じ資料から続いて引用する:

5. 今後の問題点 

(1) 技術上の問題点 

(1) 海岸線の変化について
石巻以南の海岸線は大体砂浜が次第に発達して,汀線が次笛に前進しつつあるが,部分的には河口の河川改修や人工突堤等の海岸構造登物によって,海岸が意外の侵蝕や堆砂を生じておるような現象も見られるので,この海岸前進の現象と相待って,之等の海岸線の変動を或る期間調査研究する必要があると考える。

(2) 防潮林の理想型について
防潮林は単木の集合体であり,その構造の如何が防潮機能に大なる影響を及ぼすのであるが,防潮林の理想型は如何なる型式のものが最も有効であるか,又その林帯巾は最小何程で最大は何程までかを科学的に説明したものはない。少くとも防潮機能を発揮する最小の巾と最も,経済効果の高い防潮林型の方式を考究して防潮林造成のため基準を示す必要があると思う。

以上のように、長面海岸の津波に対する防御のための防潮林の歴史的な経緯や設計について記録を見た。これら先人の防災に対する積み重ねを一瞬にして崩壊させた今回の大津波の破壊力を再認識しなければならない。

被災前の横須賀海岸周辺の様子をいくつかの動画でみることができる。

[V0310] 陸前10:北上川河口の長面海岸から長面浦を周遊
http://www.youtube.com/watch?v=tFpLvkJ0jrw

Nagatsura beach.今日の長面浜。
http://www.youtube.com/watch?v=mb9UKp6MnQA

To the beach of Nagatura(長面浜へ)
http://www.youtube.com/watch?v=B8UfnFuW0A8
[PR]

by beachmollusc | 2011-03-30 21:09 | 津波と地震
<< 宮崎県の渇水状態:早期耕作米のピンチ 気仙沼市、大島の浦の浜と十八鳴浜 >>