beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂丘を育てる飛砂

海岸地形の一つとして(津波と高潮に対する)防災と生態・環境に重要なものでありながら、日本中で軽んじられている砂丘について、その形成・維持過程と保全についての理解を一般市民に深めてもらわなければならない。まずその手始めとして、砂丘を育てる飛砂のメカニズムを紹介したい。

飛砂は砂浜海岸で強い風が吹くときに砂が飛ぶ現象である。風速が毎秒約8mから乾いた砂が飛び始めるが、台風の暴風の時は砂が濡れていても飛ぶらしい。

砂粒の大きさがある程度決まった粒の大きさに揃う自然の仕組みがある。(海水中でも似たような現象があって、波と流れの影響で砂粒が淘汰されるため、外海に面した砂浜で細砂が主になる。)

こまかい埃は風で飛び散ってしまうが、砂粒(便宜的な定義で粒径が2.0~0.0625mm) は飛んでは落ちることを繰り返す。特に「細砂」と呼ばれる粒径0.25-0.125mmの範囲は風の力で飛びやすく止まりやすい(それより大きいと飛びにくく、そしてより小さいと止まりにくい)。

参加型教育プログラム SAND FOR STUDENTS
トップページ >> 砂のテキストブック >> 砂とは何か?
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/sand/ja/textbook/text02.html

日向市の小倉ヶ浜のように冬の季節風が九州山地によって遮られている海岸で見られる飛砂は、日本海北部沿岸や九州西岸(例えば吹上げ浜)のように激しくない。

小倉ヶ浜では、海から陸に向けて吹く強風で砂丘が成長するが、その堆積速度はとてもゆっくりである。赤岩川の河口で階段護岸の裾の部分とその前に設置された(何のためのものかわからない)コンクリート構造物を観察で推測すると、過去4年余りで10センチ程度であろう。

下の写真は昨日(2011年4月7日)の階段護岸の南端部:
e0094349_13125429.jpg

e0094349_1317313.jpg

上を下の2008年6月19日の写真と比べると階段護岸の最下部が砂の堆積で埋積され、コンクリート構造物は、そのほとんどが砂に埋まっている。(アカウミガメの産卵上陸の足跡が見える)
e0094349_13172429.jpg

この堆積砂は護岸の南側の砂浜からの飛砂によっている。

昨日の午後は、赤岩川の流路が南に大きく蛇行し、乾いた砂が広がっているところから南東の強風で飛砂が起こっていた。川筋の湿った表面が黒っぽいので白い砂が上を飛ぶ様子が良く見える。
e0094349_13193727.jpg

この様子をコンデジの動画に記録しておいたのでYOUTUBEで見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=ic0TCdBXCmE
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-08 13:23 | 海岸
<< ポポーの開花 庵川の干潟(門川町) >>