beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂浜海岸の地震による圧縮沈降

東日本大震災で東北地方の海岸平野が水没したこと、それに伴って砂浜が消失したことがわかりました。

大地震では、場所によって、地盤の隆起や沈降が起こります。しかし、海岸の(沖積)平野や河口デルタなどでは、堆積物のcompactionによる沈降が伴っていると想像されます。この英語に対応する日本語は「圧縮」ですが、水を含んだ堆積物の場合、堆積物(土砂)の間隙にある水が土砂粒子の圧縮で押し出されて「締まる」ことを意味します。

埋立地が大地震の時に「液状化」に伴って水が湧き出て地面が沈降する現象は、これと同様です。今回は千葉県浦安市などで大規模なインフラの破壊が起こったことが知られています。

大昔の大地震を探る調査では、実効的な密度が異なる水、砂、礫、岩石、人工物(木材)などが上下に移動した痕跡を見つけ出すための発掘が行われます。特に液状化による「噴砂」の痕跡が過去の大地震を見つける有力な指標になります。

東北地方太平洋沖地震災害1 水田の地割れと液状化・噴砂 (農山漁村の今昔物語)
http://blog.goo.ne.jp/arimay/d/20110410

東北地方太平洋沖地震災害2 水田の液状化・噴砂孔
http://blog.goo.ne.jp/arimay/d/20110411

寒川 旭
地震考古学 ―遺跡で調べる地震の歴史―
生産研究 55, 417(2003) .
http://www.jstage.jst.go.jp/article/seisankenkyu/55/5/417/_pdf/-char/ja/

大地震による堆積物の圧縮(それに伴う地面の沈下)がどの程度なのか、それを専門に調べた論文・報告はみつかりません。堆積物を載せている岩盤も同時に上下移動しているので、分離して評価することは難しいでしょう。この問題に関連する地質専門家に問い合わせてみましたが、よくわからないようです。そこで、砂浜の圧縮沈下について小倉ヶ浜の砂を使って簡単な予備実験をやりました。

実験には直方体のガラス水槽(内面が85x85、高さが200mm)を使いました。
e0094349_10321953.jpg

海水を入れてから、小倉ヶ浜の砂(細砂)を少しずつ落とし込んで、物指しの目盛で下から130mmまで埋めました。上澄みの海水は適宜取り除いています。(底から砂の表面までは140mmです)
e0094349_10371279.jpg

次にガラス壁を横から繰り返し軽く叩くと砂の層が沈降して海水の上澄みが現れます。軽い振動で約10mmほど沈下しました。
e0094349_10413969.jpg

e0094349_1171326.jpg

その後さらに、水槽を持ち上げてテーブルの上に落とすことを繰り返し、さらに10mmほど沈降しました。
e0094349_10432821.jpg

最終的にどこまで圧縮できるのか確かめていませんが、静かに堆積した砂の層が振動によって上下に15%程度まで圧縮されることがわかりました。

実際の沖積平野の砂浜で地震の振動でどこまで圧縮(地面の沈下)が起こりかを知るためには、詳細な現場の堆積状況についての情報と、それが地震の振動でどのように応答するかを見積もらねばなりません。また、砂の自重と波浪の振動による圧縮がどのように関係するかも調べないと予測できません。

一般人には砂浜はどこでも同じように見えるかもしれませんが、それを構成する砂の粒子の起源と性状(比重や磨耗度など)は多様であり、砂を載せている地盤のtopography起伏や砂の層の厚さも変化に富んでいます。砂浜の生物・生態研究は極めて遅れていますが、地球科学の分野でも同様に遅れています。基礎研究が進んでいないまま、海岸工学で構造物中心の防災対策がやみくもに進められていることは問題です。

今回の地震と大津波で、砂浜に建設された(莫大な税金が投入された)構造物が徹底的に破壊されました。その実態を徹底的に調査して、今後の防災で柔軟な発想のもとで生態と環境破壊を伴わないような道を探るべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-04-25 11:01 | 津波と地震
<< ポポーの着果 渡川ダムの貯水率 >>