beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

洞窟の中で光る罠

今年は「北川やっちみろ会」によるホタル博士育成講座の3年目になります。

5月7日土曜日の午後1時半から第1回の勉強会が北川ホタルの宿で開催される予定。その講演の準備で海外のホタル事情などを調べていたら、ニュージーランドの鍾乳洞の中で発光して餌をおびき寄せるglow wormの動画を見つけました。

これは3分間の動画で、glow wormの捕食行動:光におびき寄せられた昆虫が粘液の糸に捉えられる様子が印象的です。

Discovery Channel Videos: Planet Earth: Caves: Glow Worms
http://dsc.discovery.com/videos/planet-earth-caves-glow-worms.html

e0094349_1615465.jpg

e0094349_162945.jpg

e0094349_165977.jpg


ホタル成虫の発光は繁殖行動に関係していることは良く知られていますが、ホタル類の幼虫がなぜ光るのか、その生態的な意味は良くわかっていません。

陸生ホタルの幼虫が光るのは、捕食者(カエルなど)を脅かして身を守る効果があるという説が出されています。例えば下のような論文があります。

ホタルの総称は英語でglow worm または firefly です。

Raphaël De Cock and Erik Matthysen (2003)
Glow-worm larvae bioluminescence (Coleoptera: Lampyridae) operates
as an aposematic signal upon toads (Bufo bufo).
Behavioral Ecology 14 (1): 103-108.

bioluminescence: 生物発光
aposematic signal: 防衛信号

ゲンジボタルの幼虫は体の表面に毒を分泌して捕食者から身を守ることができます。

Bufoと言うのはヒキガエルtoadの仲間です。ちなみに英語で普通のカエルはfrogと呼ばれています。

アメリカのテレビ番組のシリーズBONESのなかで、FBI捜査官がヒキガエルをfrogとしていたのを検死担当者に「toadですよ」と繰り返し訂正を求められる場面がありました。(研究者のこだわりを揶揄していました)

日本語ではどちらもカエルですが、ぴょんぴょん跳ねるものとノソノソ歩くものとを別の名前で区別している英語の台詞を日本語ではどのように表現したらよいのか、翻訳者泣かせの場面でした。
[PR]

by beachmollusc | 2011-05-04 15:58 | ホタル
<< アメリカのイノシシとトキソプラズマ症 サクランボとヒヨドリ >>