beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海に戻るアカウミガメ

小倉ヶ浜海水浴場のサーファーが多い場所に産卵し、海に戻る途中のアカウミガメに出会いました。

動画をようつべにアップしておきました。
http://www.youtube.com/watch?v=94AhVYwXj9U
http://www.youtube.com/watch?v=Mf4tDJG5pT8

海岸に降りたとたん、ウミガメの足跡があり、はるか彼方の砂の上に海ガメの姿が見えます。
e0094349_8342124.jpg

満潮線より少し海側までやって来て、サーファーが多い時間になったらしく、海へ向かって真っ直ぐ進行できないで混乱していました。
e0094349_8343032.jpg

ミッキーはロープで足止めですが、自由なハートが挨拶に出向いてワンワン言ったら、カメサンがゆっくり動き出しました。その後、30分ほどで波間に消えました。
e0094349_8355899.jpg

産み終えて帰る時間には干潮となって、傾斜がゆるい小倉ヶ浜の砂浜では長い道のりです。
e0094349_8373093.jpg

上陸してから真っ直ぐの道筋を辿りましたが、帰り道は大きくジグザグです。多分、人が通りかかって何度も邪魔が入ったのでしょう。
e0094349_8374879.jpg

足跡から、上陸したのは昨夜の満潮が過ぎたばかりの頃だったとわかります。
e0094349_839920.jpg

e0094349_8395469.jpg

海浜植生が砂丘のふもとで砂を安定化させている場所まで長い道のりでした。
e0094349_8404733.jpg

草の生えている間の砂場に産卵巣を造っていました。理想的な場所を選んでいます。
e0094349_842589.jpg

産んだ後の砂かけ(カモフラージュ)を済ませています。

母ガメが砂を払った位置を想定すれば、どこに巣穴があるかピンポイントでわかります。

この場所を保全するべくマークしておいて、2ヶ月余りの孵化後の調査で孵化率を確認すればよいのですが、日向市の地元には卵を掘り出して移設する依存症にかかっている人たちがいるので困ったものです。じっと見守ればよいのに、余計な手を出す「動物愛誤」の病気です。
e0094349_8421446.jpg

亀の足跡に交差した重機のキャタピラー跡がありました。
e0094349_844345.jpg
平岩港の航路浚渫の砂を運搬しているようです。毎度のことですが、台風の波で砂が動き、トラップとなった航路がふさがっていると思われます。

<追加>

上のアカウミガメの産卵場所で撮影した8月7日朝の写真です。

スリバチ状態になっているのは卵を掘り出して移設した証拠です。
e0094349_9425743.jpg

台風9号の波はここまで届いていませんでした。

移設した皆さんは台風の波で卵がさらわれないようにしているつもりでしょうが、そのような場所は温度環境が異なるでしょう。移設で発生障害をおこすだけでなく、孵化まで進んでも仔ガメの性比が偏ってしまう恐れがあります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-07-26 08:45 | ウミガメ
<< 淡水産のヒルの仲間 フジツボとカキの殻が語る砂の堆積変化 >>