beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

クロマツの生命力

全国的に砂浜で海岸林が1960年代以降に「拡大植林」され、それを「防護」するためと思われる海側の防潮堤が建設されたことが、結果的に各地で「砂浜消失」を導いていることは広く認識されるべきことです。

小倉ヶ浜の場合、好運にも、防潮堤が砂の下に埋積されるような状況があって、砂浜浸食問題は起こっていません。平岩港の航路に堆積し続けている砂を海から取り除いたりしなければ、基盤が安定していて地盤沈下の懸念もなく、砂浜浸食の恐れは今後も無いでしょう。(ただし、自然の変動で何が起こるか予想はできません)

砂浜は変動を続ける場であることを踏まえ、人工構造物で汀線を固定するようなことをせず、バッファー・ゾーンとして自然の猛威に対して柔軟に応じることが必要です。3月の大津波の悲劇が大きな教訓を残したことを忘れてはならないと思います。

小倉ヶ浜のクロマツ林では異常なほど熱心に拡大植林され松林というよりもマツのジャングルとなっていますが、それでも植林が続けられています。「日向市ふるさとの自然を守る会」やその他の地元団体がマツの人工林の維持拡大に躍起になっているのはウミガメ愛護と同様に一種の「病気」としか思えません。

小倉ヶ浜の中央部、赤岩川の河口から北側のコンクリート階段の防潮堤の上には日向市が建てた看板があります。
e0094349_7523642.jpg

「はまゆうのふるさと海岸」などというキャッチフレーズが見えますが、その成育場所をコンクリートで固めておいて何を勘違いしているのでしょうか。砂が階段を覆い尽くすまでには相当長い年月が掛かるので、とにかく階段を取り払って砂丘に戻し、海浜植物の生育を促し、自然環境と景観を取り戻すべきです。

階段の上ではチガヤの群落が広がっていて、その中に(人工植林ではなく)実生から育っているクロマツが旺盛に成長を続けています。
e0094349_7584250.jpg

数年前に小さな苗がチガヤに埋もれていたのが、すばらしい速さで育っています。

新しいマツボックリが周囲の松にびっしり着いていて、今後もいくらでも生えてくると思われます。
e0094349_759494.jpg

階段の上の元気な若い松です。
クロマツは岩礁海岸でも岩の隙間から育って「松島」の景観を作ってくれますが、コンクリート階段ではまったく風情がありません。
e0094349_8192676.jpg
e0094349_8193584.jpg

マツのジャングルの中では少しでも隙間があれば植林が続けられています。
e0094349_85044.jpg

値段の高いマツクイムシの抵抗性クロマツが植えられています。

かつての海岸の松林は今のような人を寄せ付けないジャングルではなく、海が合間から見えるように維持されていました。今の松林の状態は、手入れがされていない杉林と同様に、不健康そうなヒョロヒョロの木が沢山あり、残してもしょうがないのに間伐もされず「後生大事に」されています。林野行政が松の生理・生態を無視した植林を続け、薬剤散布など環境破壊をやる、松しか視野にない維持管理をやっているのは重大な「環境問題」です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-02 08:14 | 海岸
<< コンクリート階段のハマゴウ ホタル育成水路のプラナリア >>