beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヒドラの有性生殖

ホタル育成水路ではびこっているヒドラが屋内水槽に紛れ込んで増えていました。そのヒドラの体側に球体が見えるので顕微鏡で拡大してみたら、卵を産んでいることがわかりました。

ヒドラは環境条件が良いときは新しいポリプを無性的に(出芽させ)増やします。
e0094349_8162082.jpg

水槽内では出芽も盛んですが、同時進行で有性生殖も始まりました。
e0094349_825413.jpg

このような生殖様式の変化は環境変化を反映させているので、それを実験的に観察すれば、中学あるいは高校生の夏休みの自由研究の良いテーマになるでしょう。

ちなみにミジンコの仲間は餌が豊富な時に単為生殖(メスだけで産卵を繰り返す:一種の無性生殖)をして爆発的に増え、餌が枯渇するとオスが生まれ、オスメスが交尾して産まれた有性卵は耐久卵となります。

ヒドラの有性卵も耐久卵となって環境条件が良くなるのをじっと待つのでしょう。

下の写真画像は生まれたばかりのヒドラの卵です。
e0094349_82359.jpg
e0094349_8231494.jpg

照明や背景を変えて卵の中がよく見えるように細工してみたら、卵割している様子もわかります。
e0094349_824226.jpg

下のが耐久卵と思われるもので、本体から離脱する前の状態です。
e0094349_8251633.jpg

高温や低温だけでなく、おそらくは乾燥にも耐えるような丈夫な殻を持つ卵でしょう。

ヒドラの有性生殖、特にオス(精巣)の形成についてビスフェノールA(環境ホルモンとして作用)が影響を及ぼすかどうかを調べた研究結果が報告されています。

ビスフェノール A(BPA)のヒドラ雄性化への影響
http://www.env.go.jp/chemi/end/2002report/pdf_abs/PD/PD-96.pdf

食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼について
-ビスフェノールAがヒトの健康に与える影響について-
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0708-2.html

<ビスフェノールAについては、近年、動物の胎児や産仔に対し、これまでの毒性試験では有害な影響が認められなかった量より、極めて低い用量の曝露により影響が認められたことが報告されています。>

ヒドラは水生の実験動物として飼育管理が容易で、昔から様々な科学的実験・試験に利用されています。日本の学校教育でも生きているヒドラが積極的に使われるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-05 08:25 | その他の動物
<< ハマグリの初期稚貝 アメリカ北西部の砂浜海岸変化 >>