beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マシジミの謎

ホタル幼虫の餌の貝類としてマシジミを利用しています。

海水が差し込む汽水域、例えば塩見川にはヤマトシジミが生息していて、川の中で貝ジョレンで漁獲している漁業者がいます。それはおいといて、権現原(ゴンゲンバル)の水田地帯を流れている農業用水路にはカワニナとマシジミ(たぶん)が生息しているので、時々手網でさらっています。

下の写真はそのコンクリート水路ですが、この付近で写真右側の土手の向こう側の塩見川に(水門経由で)流れ出ます。
e0094349_18282333.jpg

近くの山から湧き出て流れてくるので一年中ほとんど水が涸れません。また、底には泥と礫が堆積していて、シジミの稚貝が泥の中に大量にいます。
e0094349_1831378.jpg

親貝は大きいのが殻長2センチくらいで、数はそれほど多くありません。
e0094349_1832131.jpg

細かいメッシュの網で泥の中から篩い出した稚貝には数ミリクラスと5ミリ前後の、大きさが異なる二つのグループが見られました。
e0094349_1834563.jpg
e0094349_1834142.jpg
e0094349_18342458.jpg
e0094349_18343333.jpg

5ミリクラスではシジミの特徴的な同心円状のうねが殻の表面に見られます。また、大きくなると殻が濃い紫色になりますが、小さい時は赤茶けた黄色です。

さて、これがマシジミであるとすれば、動物として極めて珍しい雄性クローンでしょう。親は雌雄同体で、卵と精子を水中に放出するか、体内で自家受精するはずです。そして、卵子の(染色体)は発生の途中で(極体として)排除され、精子の染色体が(減数分裂しないで)発生を取り仕切ります。染色体数が1組多いもの(3倍体)もあるようです。

海のカキの養殖では3倍体をわざわざ作出して、繁殖能力を失わせ、全エネルギーを身を太らせる方向に向かせるという遺伝子操作が水産養殖の技術の一つとなっています。

ところが、マシジミでは3倍体であっても自家受精できて、1個体が元になって爆発的に増えることもありえると想像されています。稚貝が粘液を出し、水鳥の足などに付着して運ばれ離島などに出現することもあると想像されています。

最近、全国的にタイワンシジミという「外来種」が日本の水系に侵入して広がっていると騒がれています。

タイワンシジミ種群 / 国立環境研究所 侵入生物DB
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70270.html
上の情報で、宮崎県にタイワンシジミは移入していない(あるいは調査していない)ことになっています。

これが本当に移入種であるのか、私は疑念を持っています。タイワンシジミには二つの型があり、そのうちの一つはマシジミと形態・色彩、そして分子遺伝的に識別できないようです。つまり、別種として明確に認識できる手段がありません。

アメリカにタイワンシジミが移入したのは1938年の記録が最初で、中北部は少ないけれども、ほぼ全土に広がっています。
http://nas.er.usgs.gov/queries/factsheet.aspx?speciesid=92

ヨーロッパでは北欧と東欧を除いた広い範囲に広がっています。いつどうやって移入したかはわかっていませんが、1980年代に急拡大したことがわかっています。(アメリカでは1970年代に拡大)
http://www.europe-aliens.org/pdf/Corbicula_fluminea.pdf

アメリカとヨーロッパでタイワンシジミの分子遺伝研究が行われた報告が相次いで出版されていて、それを見ると日本の研究者(三重大の研究グループ)と交流がほとんどないのが不思議です。

日本の報告では、あくまでも在来種としてマシジミの存在を認めようとしていますが、海外ではタイワンシジミと同種(種群)としています。さて、結論はどうなるでしょうか。

千葉市花の美術館公式ブログ
公園の水路にタイワンシジミが大発生!! 2009/12/04
http://chiba-hanabi.at.webry.info/200912/article_5.html

<稲毛海浜公園の水路にシジミが大量発生!!千葉県立中央博物館の研究員によると、これは外来種の「タイワンシジミ」で真水にしか生息できないシジミ。なぜ増えたのか理由は分かっていないそうだが、人工の水路などでよく発生しているのだとか。>

汽水のヤマトシジミとは区別できてもタイワンシジミとマシジミは見分けが付かないのにどうやって外来種と認めたのでしょうか。

延岡市の沖田ダム(農業用)にシジミがいることは前に記事にしました。

沖田ダムのマシジミ  2011年1月18日
http://beachmollu.exblog.jp/14001141/
e0094349_1927721.jpg

画像を見るとわかりますが、明るい色の殻です。大きさは2センチくらいなので成体でしょう。この色では「マシジミ」ではないことになるので、ひっかかっています。

宮崎県では汽水のヤマトシジミの移植放流が一ツ瀬川などの河川で行われています。塩見川でも宍道湖のヤマトシジミを放流したような話を聞きました。しかし、海外から淡水産のシジミを移植放流したような話は聞きません。

延岡と日向に淡水産シジミの(色違いの)二型が見つかったということは、移入の結果でしょうか。

小林市の出ノ山の湧水を引いた水路にマシジミがいて、養殖の普及に努力している人物が本を出しました。
(マシジミはびっくり箱の玉手箱) 鉱脈社、著者:藤原 次男 2009年

小林市では淡水魚の養殖が盛んなため、色々な外来種が入り込んでいても不思議ではありません。つまり外来タイワンシジミがいてもおかしくないわけです。

<高原町の自然をたずねて>サイト内に掲載されたマシジミの画像です。
http://homepage2.nifty.com/ryofuu/image157.jpg

同サイトに<小林市の出の山ホタル群生地>の調査報告があります。
http://homepage2.nifty.com/ryofuu/igai-2.html

<ここのゲンジボタルの幼虫はカワニナではなくシジミを食べて大きくなります。孵化したてのホタルの幼虫はコモチカワツボという3mmほどの小さい貝を食べ、少し大きくなるとシジミを食べているようです。養魚池から出る水には養魚の排泄物が含まれるせいかシジミが大量に発生します。35センチ四方で百を越えるシジミが棲息しています。餌の豊富さがホタルの大量発生を支えています。
 カワニナではなくシジミだけで発生するゲンジボタルは日本中でここだけではないでしょうか。(2006.1.15)>


コモチカワツボはニュージーランド原産の外来種の巻貝です。この貝はメスだけで繁殖する単為生殖で増えるので、新しい場所で1個体の侵入から集団を造る可能性があります。

<参考>

ミトコンドリアDNAのチトクロームb塩基配列および形態から見た日本に分布するマシジミ, タイワンシジミの類縁関係
山田 充哉 , 石橋 亮 , 河村 功一 , 古丸 明

… 日本に分布するマシジミとタイワンシジミの類縁関係を明らかにするため,形態,両種の倍数性,mtDNA の配列情報を分析した。 … 殻色によりマシジミ,タイワンシジミ黄色型及び緑色型に識別したところ,何れにおいても 2 倍体と 3 倍体が確認された。 …

日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 76(5), 926-932, 2010-09-15


http://www.jstage.jst.go.jp/article/suisan/76/5/926/_pdf/-char/ja/

<追記>

ヨーロッパに移入したマシジミ・タイワンシジミについて詳細な集団遺伝を研究した報告:

Pigneur et al.
Phylogeny and androgenesis in the invasive Corbicula clams
(Bivalvia, Corbiculidae) in Western Europe
BMC Evolutionary Biology 2011, 11:147
http://www.biomedcentral.com/content/pdf/1471-2148-11-147.pdf

そしてアメリカでの研究報告:

Hedtke et al.
ALL-MALE ASEXUALITY: ORIGIN AND MAINTENANCE OF
ANDROGENESIS IN THE ASIAN CLAM CORBICULA
http://www.nsrl.ttu.edu/personnel/RJBaker/Publications/360-Asian_clam_corbicula_-Evolution, 2008, 1119

どちらの報告も、移入したシジミについて、集団遺伝的と形態・色彩的にマシジミとタイワンシジミに分けることができるとしています。そしてマシジミは殻の内側が濃い(紫)色で、タイワンシジミは明るい色で区別しています。

一方、タイワン産のシジミに関する報告では3つの色彩型の存在を示し、染色体数が2倍体と3倍体とが色彩型と無関係にゴチャゴチャになっているという不思議な結果が出ています。

Akira Komaru and Kooichi Konishi
Non-reductional Spermatozoa in Three Shell Color Types of the
Freshwater Clam Corbicula fluminea in Taiwan
Zoological Science 16(1):105-108. 1999
http://www.bioone.org/doi/pdf/10.2108/zsj.16.105

タイワンのタイワンシジミの中に日本のマシジミと同じ色彩型があり、同じように染色体の3倍体があることから、マシジミを日本の固有種と見なすこと自体がおかしいように思われます。さらに、日本国内でマシジミは色の濃い殻のものとして認識されているようですが、明るい色の在来集団も別途に存在しているような気がします。つまり、タイワンシジミもマシジミ同様に日本の在来種あるいは帰化種と見なせるのではないか、ということです。

減数分裂をしない3倍体であり、雄性遺伝でクローンを作る日本のマシジミ集団は稲作の伝来と一緒にもたらされた、という仮説を検証したくなりました。初期の稲作は谷津田のような山間部から平地に移行する傾斜地で流水を利用して行われていたとすれば、マシジミ・タイワンシジミ集団は稲と同居していたはずです。

クローンで新しい場所に移入する場合、遺伝的なボトルネックやパイオニア効果で色彩型がどちらかに偏りやすくなるでしょう。例えば日本海の離島に見られるマシジミは軒並み色が濃い型になっているようです。明るい殻色の集団は日本では少ないみたいですが、延岡の沖田ダムのような明色殻の集団があちこちにいるのではないでしょうか。

淡水シジミ類の分類は混迷を続けていますが、日本固有の在来種:殻の内面が濃い紫のものがマシジミという認識が出発点で間違っているためかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-11 19:08 | シジミの仲間 Corbicula
<< マシジミを追いやるのは誰か 小倉ヶ浜の松林でユリが咲く >>