beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シジミの殻の色

淡水シジミ類の(在来種)マシジミと(外来種)タイワンシジミを識別する手がかりとして、図鑑の記載を基にし、主に殻の色が使われています。そのガイドとして下のサイトの図がオンラインで公開されています(下に引用)。

タイワンシジミ類 調査ガイド (Corbicula fluminea) 園原 哲司(向上高等学校 生物部)
http://vege1.kan.ynu.ac.jp/forecast/methods/Sijimi.htm

タイワンシジミ種群の特徴として、以下の点が上げられています。
(※日本産淡水貝類図鑑 ②(増田修・内田りゅう:ピーシーズ)p206 参照)
e0094349_412599.jpg


日向市の権現原の農業用水路で8月14日に採集した淡水シジミの殻の写真です。
e0094349_43125.jpg

これをガイドに当てはめると「タイワンシジミ(濃色型)」となるでしょう。

以前、延岡市の沖田ダムで採集した淡水シジミは殻の内面が白いので「タイワンシジミ(カネツケシジミ型)」となります。つまり、これまでに見つけた宮崎県北部の淡水シジミは共にガイドに従えば「外来種」と認定されてしまうようです。

宮崎県では淡水産の二枚貝類について公的な調査は何も行われていないようです。

レッドデータでマシジミは<環境省カテゴリ: 準絶滅危惧(NT)>です。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=110505030031457

岩手県 マシジミ Corbicula leana Bランク
群馬県 マシジミ Corbicula leana 準絶滅危惧(Cランク)
千葉県 マシジミ - 要保護生物(C)
新潟県 マシジミ Corbicula leana 準絶滅危惧(NT)
富山県 マシジミ Corbicula leana 危急種
滋賀県 マシジミ Corbicula leana 希少種
鳥取県 マシジミ Corbicula leana 準絶滅危惧(NT)
岡山県 マシジミ Corbiculina leana 準危急種
鹿児島県 マシジミ Corbicula leana 分布特性上重要

以上の各県でレッドリスト入りしています。

<追記>

宮崎県のレッドリスト2010年をチェック、「マシジミ」がハマグリと一緒にリスト入りしていました。
89 マシジミ Corbicula leana  NT-g
90 ハマグリ Meretrix lusoria (Roding,1798)  NT-g
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000160673.xls

NT-gというカテゴリーは絶滅の危険性のランク: NT(Near Threatened) 準絶滅危惧
gは普通種が減少していることを意味します(元は希少種ではない)。


<追記、おわり>

一方、外来種としてタイワンシジミに関する情報は:

タイワンシジミ種群 / 国立環境研究所 侵入生物DB
www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70270.html
e0094349_4192383.gif

移入元 (記載なし)
国内移入分布 本州~九州のほぼ全域
侵入年代 1980年代
侵入経路 輸入シジミに由来すると考えられる.


上のデータベースでは宮崎県でタイワンシジミは記録されていません。

宮崎県小林市でマシジミを1970年代からずっと調査研究している藤原次男さんに問い合わせたところ、在来のマシジミと、いわゆるタイワンシジミを識別することはできない、という意見でした。

宮崎県は昔から「陸の孤島」と呼ばれ、周囲を山で囲まれた独自の水系を持っています。

一ツ瀬川の河口などで汽水のヤマトシジミは国内移入で宍道湖の集団が放流されています。

一ツ瀬川河口で新佐漁協がシジミの放流 | 宮崎県内水面漁業協同組合連合会
miyazaki-ngr.jp/contents/archives/198
2010年10月29日 – 10月23日(土)、島根県宍道湖産のヤマトシジミ約1,4トンを、一ツ瀬川河口域と支流の福島川に放流しました。
以前のブログで記事にしてありますが、一ツ瀬川の上流にあるダムから濁水が流出し続けて、特産のヤマトシジミが壊滅状態になったため放流されています。

一ツ瀬川の河口砂州の変遷 http://beachmollu.exblog.jp/8534729

壊れている生息環境に他所からの貝を放流して資源が復活できるでしょうか。

淡水シジミが宮崎県内で放流されているという情報はありません。海外産淡水シジミを宮崎県内の河川に放流する理由がない上、放流しようにも小規模河川ではコンクリート化が徹底しているのでそもそも場所がありません。沖田ダムは水辺が急に深くなる農業用ダムであって、シジミが成育しているのは極めて限られた所だけです。

意図的でない、輸入食材やペット店などから外来の淡水産シジミ類の逸失があったかもしれませんが、山奥の人が住んでいない所のダムでそれが繁殖するチャンスがあるでしょうか。

在来の淡水シジミが辛うじて生き残っているのが宮崎県の現状ではないかと思えてなりません。

<追記>

小林市出身(最近U-ターン)のほらみたけさんのブログ
「きりしん」 関東地区第1回読者会 2009年8月6日
http://blogs.yahoo.co.jp/horamitake/32911842.html
この記事の中に出の山の淡水シジミに関する面白い情報がありました。

霧島中央新聞の社主さんがぶち上げた「しみじみの里」(下のブログで近況)構想
http://blogs.yahoo.co.jp/kobayashi_27_28/folder/422493.html?m=lc&p=2

その講演のパンフの中にあった「出ノ山のマシジミ」についてです。(勝手に引用します)
e0094349_85837100.jpg
e0094349_8584748.jpg

なんと、出ノ山のマシジミの貝殻の裏(内側)の色が黄色と緑、と書いてあります。

<おまけ>

汽水域に生息するヤマトシジミの標本は集めていませんが、ハマグリ標本に混ざっていたものがありました。

木曽川でヤマトシジミ漁をしているIさんから送られてきたヤマトシジミの標本写真です。
e0094349_16554010.jpg

殻の内側が白いこと、外側の肋が弱いことが特徴です。

鹿児島県の吹上浜に流れ出る万ノ瀬川河口で漁獲されたハマグリに混ざって販売されていたものです。
e0094349_16583237.jpg

e0094349_16585273.jpg

若いときの殻の表面はツルツルで、ハマグリみたいです。

以前、万之瀬川の中流沿いにある阿多貝塚から出土したハマグリの貝殻を調べたことがありました。貸し出してもらった貝殻の中にヤマトシジミの殻が一緒に(誤査定されて)混ざっていました。貝塚から出土した貝殻は白くなっていたのでヤマトシジミには見えなかったようです。

塩見川の感潮域のヤマトシジミのサンプルは、比較のため、改めて採集する必要があります。しかし、塩見川では移植放流が行われたらしいので、土着集団のままである保証はありません。

<おまけの追加>

韓国のデータベースで韓国産シジミ類の標本画像を見ました。

殻の内側の画像がある韓国産のタイワンシジミ(Corbicula fluminea)標本が2個(全部で5個):

http://www.naris.go.kr/v2/naris_search/search_result_detail.jsp?sno=S&inst_id=25903
http://www.naris.go.kr/v2/naris_search/search_result_detail.jsp?sno=S&inst_id=26445
内側に色がない型だけです。

韓国産マシジミ(Corbicula leana)の標本が4個
下のURLから見ることができますが、軟体部が付着している部分が薄紫でその外側は濃い紫です。
http://www.naris.go.kr/v2/naris_search/search_instance_sub.jsp

その1例の画像を引用します。
e0094349_19111972.jpg
표본번호 : GNHM-MS-0000057
한글명 : 참재첩
학명 : Corbicula (Corbicula) leana

韓国のタイワンシジミとマシジミに関する集団遺伝研究の報告のオンラインで一般公開されているもの:

JK Park, JS Lee (2002)
A single mitochondrial lineage is shared by morphologically and
allozymatically distinct freshwater Corbicula clones
Molecules and cells, 14(2):318-22.
http://plaza.snu.ac.kr/~wonkim/pdf/110.pdf

Abstract
Despite that the exotic invasion and rapid range expansion of Asian
freshwater Corbicula into new environments have been of intensive
research topic in freshwater ecology, the genetic structures of
freshwater Corbicula in its native range remain poorly understood.
In this study, the genetic structures of two Korean freshwater
Corbicula clonal lineages were characterized by cross-referencing
the nuclear genomic structures with mtDNA sequence analysis.
In spite of substantial genetic differences (Nei's D = 0.363-0.372)
and a pronounced level of fixed allelic distinctions (in six of 20
allozyme loci) between Corbicula lineages, no lineage-specific
mtDNA differentiation was observed. The evident disjunction
between mtDNA sequences and nuclear genomes is a compelling
evidence for the existence of interspecific nuclear hybrid genome
structures, comprising different combinations of paternal and
maternal contributions. This unusual novel finding is the first case
demonstrating that morphologically and allozymatically distinct,
yet mitochondrially identical clonal lineages exist in the genus
Corbicula. However, we could not find the ancestral species for
these two clonal lineages in the present study, and the answer
for this question must wait until the genetic structure of Asian
Corbicula taxa is fully characterized.

上の論文要旨について日本語に翻訳しても一般人が理解することは大変難しいでしょう。

韓国に(在来種として)分布しているマシジミとタイワンシジミは形態的(色彩的)に区別でき、アロザイム:酵素多型と核遺伝子では明確に識別できるが、ミトコンドリアの遺伝子では識別できない(同じクローン)系統がある、という理解が難しい結果が出ました。つまり、2種の間に全く同一の母系のクローンが見つかった、ということですが、それは雄性遺伝のためでしょう。しかし、マシジミとタイワンシジミのそれぞれの「クローン」の祖先種がわからないので、これらニ種間の遺伝子交換(交雑)がどうやってできたのか論じることができない、ということです。(人為交配で飼育して確かめるしか方法はないはずです)

ヤマトシジミのような汽水産で両性が分かれていて、オスとメスがそれぞれ水中に放卵・放精する(まともな)東アジアに広く分布している祖先種から、淡水環境に入り込んだシジミ類は染色体の倍数の変化と雄性生殖の自家受精(体内保育)で複数のクローンを作り、さらにそれらが互いに混ざる(その時は自家受精ではないはず)なんて、なんでまた不思議なことをやってくれるのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-16 04:47 | シジミの仲間 Corbicula
<< ウミガメの死骸 マシジミを追いやるのは誰か >>