「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

平瀬標本が京都大学博物館サイトで展示されています

国内産シジミ類の分類で、ヤマトシジミCorbicula japonicaとマシジミC. leanaの原記載はPrimeが1864年に、セタシジミC. sandaiがReinhardt により1878年にされました。

台湾産のタイワンシジミC. flumineaが Mullerにより1774年、カネツケシジミC. prodacta は v.
Martensで1905年の記載です。

京都大学博物館の自然史関連収蔵標本がオンライン公開されています。
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/museumF/materials/nature.html

上のサイトの貝類標本のウエッブ・ページで平瀬貝類館由来のシジミ類の標本を見ることができます。

タイワンシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00000651.htm
カネツケシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00001643.htm

セタシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00001796.htm
ムラサキシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00001797.htm

ヤマトシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00000960.htm
ニホンシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00000961.htm
サドシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00000962.htm

アワジシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00001106.htm
マシジミ: http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/collection/Shell/Shell00001107.htm

これらの標本は平瀬ジュニア(信太郎)が出版した「日本貝類図譜」、日本最初のカラー写真による貝類図鑑に写真が出ている標本と同じかもしれません。
e0094349_942116.jpg

e0094349_942287.jpg
e0094349_9423737.jpg
e0094349_9424628.jpg

e0094349_94315100.jpg

このように現在は3種類(ヤマトシジミ、マシジミ、セトシジミ)にまとめられているものが、当時は多くの「種」と「亜種」に細分されていました。地域による集団の分化を別種や亜種に分けて見たことと、成長に伴う殻の特徴の変化が認識されていなかったために(違って見えるものを)細かく分けていました。

平瀬シニアは日本産の貝類標本をフィラデルフィアにあるAcademy of Natural Sciencesの自然史博物館の貝類専門家H. Pilsbryに送って分類研究をしてもらっていました。日本産貝類の学名を見るとPilsbryの名前が大変多く目立ちます。

例えば、キュシュウナミノコ(Donax kiusiuensis)は長崎県平戸産の標本を元に1901年に記載されました(その模式標本はフィラデルフィアにあります)。

フィラデルフィア自然史博物館のサイト:http://www.ansp.org/

The Academy of Natural Sciences in Philadelphia is America's oldest
natural history museum and is a world leader in biodiversity and
environmental research.

このサイト内の貝類標本データベース(標本番号と学名、産地情報だけ)
http://www.ansp.org/research/biodiv/malacology_home.php

Malacology Georeferencing Project: Geographic referencing of the
Academy's Malacology Collection

上のデータベースから抽出してみた、日本で採集されたCorbicula属の標本は全部で14種、70ロット(個体数は不明)ありました。全国各地(琉球を含む)から標本が山のように集まっているようです。

矢倉和三郎が「介類叢話」でPilsbryによるシジミの分類について紹介しています。
e0094349_1023352.jpg


博物館に収蔵された貝殻だけでの分類ではどうしても(splitter:細分類)となりますが、野外で分布生態を調べながら集団を観察する人は(lumper:粗分類)になる傾向があって、矢倉は後者です(論文でハマグリとチョウセンハマグリは同一種のecomorph生態型であると結論したので戦前のハマグリ分類が混乱しています)。前のブログで紹介したように、矢倉はシジミ属を3種にまとめています。

さて、その後の日本産シジミ類の分類ではCorbicula属の3種:セタシジミ、ヤマトシジミ、そしてマシジミに収斂しました。それぞれの「種内、集団間変異」という問題が棚上げされたまま、マシジミの種としての特徴が固定化されたようです。新しい図鑑で見ると、マシジミの集団に異なる型の存在は認識されていません。それに合致していないものはいきなり「外来種」扱いです。江戸時代の文献では淡水産シジミの地域集団の変異や同じ地域内での変異について、その成因を推論したりしていました。特に色彩の変異の問題は注目されていたようです。

フィラデルフィアの自然史博物館には1980年代以前、つまりタイワンシジミの移入問題が指摘されるようになる前の日本各地のシジミ類の標本がたくさん残っているようです。(日本国内より断然多いかもしれません)これを調査すれば移入種が浸透する前の在来シジミ集団について、地域変異などを確かめることができそうです。

特にアワジシジミ、現在はマシジミのシノニムとされているものは貝殻の外面が茶色ですので、これが外来の「カネツケシジミ」に誤認される可能性は高そうです。

フィラデルフィア博物館の収蔵標本データベースにあるPilsbryが新種記載したアワジシジミは、淡路産が2ロットと尾張産が1ロットあります。

<おまけ>

群馬県立自然史博物館の収蔵標本にマシジミの2つの色彩型がありました。
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/musetheque/auth/get-representative?data_no=13672

群馬県 高崎市 山名町
採集日 1982 / 01 / 12
学名はCorbicula leana orthodonta, 亜種オクラシジミに査定しています。

http://www.gmnh.pref.gunma.jp/musetheque/auth/get-representative?data_no=711
オクラシジミ Corbicula leana orthodonta
群馬県 吾妻郡 中之条町
採集日 1985 / 09 / 12

マシジミ(成長過程)
学名 Corbicula leana orthodonta
群馬県 藤岡市 岡之郷
採集日 1993 / 10 / 28
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/musetheque/auth/get-media?data_no=730

オクラシジミは淡水シジミの中で特に大型になる型について亜種として記載されました。若い個体は茶色で大型は黒っぽくなります。これも若い個体が外来種扱いされそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-18 10:21 | シジミの仲間 Corbicula
<< 豊後大野市、緒方の井路に住む淡... ウミガメの死骸 >>