beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

豊後大野市、緒方の井路に住む淡水シジミ

ひょうたんくんの豊肥沿線11物語
2010-04-25
田植えシーズン前に水路の清掃作業、そしてシジミとホタル♪
http://ameblo.jp/hyoutankun/entry-10517387541.html

昨晩、上のブログを見つけて、急遽現地に出かけました。

豊後大野市の緒方町は日向市から片道100キロ、約2時間のドライブです。朝の海岸散歩と朝食を済ませた後、8時半にワンたちも連れて出発。曇りで時々雨、温度が上がらないので楽でした。

日向灘で大地震と津波があった同じ年に建設開始だったようです。水路は上下2本あります。
水土里ネット緒方⑥緒方井路(水車)
http://midorinet-oita.or.jp/pdf/suiro06.pdf

とんところ地震は宮崎平野南部が震源で、100キロ以上離れた内陸の緒方で地震の影響はおそらく小さかったでしょう。
e0094349_1749031.jpg

上の案内地図の下井路の脇にある原尻の滝を目指して行きました。

井路は3面コンクリート張りの上、流水量が大きくて流れが速く、カワニナはともかく淡水シジミが繁殖する条件は劣悪です(ゲンジボタルの幼虫も苦労しているはずです)。それでも水路の底にジャリと砂が溜まる場所が所々にあって、シジミの隠れ場所がわずかながらあります。

原尻の滝はミニナイヤガラのようになっていて落差はそれほどありませんが、横に広くなっているのが日本の滝としてはユニークです。
e0094349_1755166.jpg

観光客が大勢来ていて、滝の下の河原で遊んでいました。

下流に滝を眺める吊り橋がありました。かなり老朽化して、踏み板が腐っていました。
e0094349_17564634.jpg

下井路の取水口付近に土砂が堆積していて、下に降りる階段があったのを利用してシジミを探してみました。
e0094349_17592116.jpg
e0094349_17592946.jpg

水路のコンクリート壁の際に溜まった細かい綺麗な砂のところに少しだけシジミとカワニナが生息していました。
e0094349_1804717.jpg

ここで見つけた、殻の大きさが2センチ未満で色が黄色いシジミは若い個体ばかりのようです。

大きいカワニナの貝殻の先端部が崩れていないのが印象的です。綺麗な標本ができそうなので、室内飼育中のゲンジボタルの餌にします。

井路には今にも崩れそうな水車がゆっくり回っていました。
e0094349_1842982.jpg
e0094349_1843722.jpg

雨が降ってきたのと、他の場所では濁った水が急流になっていたので探索はおしまい。

田植え前の水路のメンテナンスで、溜まった土砂をさらう時期に改めて調べに出かけます。

この緒方産シジミは、延岡の沖田ダムのものと同じ、殻色が明るい型ですので、どこかの先生は「カネツケシジミ」だと「キメツケ」そうです。大きく育つかどうかわかりませんが、もしなれば黒っぽくなるかもしれません。毎年コンクリート水路が干されて清掃されるようですから、複数年にわたって成長する貝には厳しい環境でしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-20 18:11 | シジミの仲間 Corbicula
<< 日向市塩見川のヤマトシジミ 平瀬標本が京都大学博物館サイト... >>