beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

広島の里山からマシジミが消えたのは1980年頃だった

生まれ故郷の広島から東京(世田谷区)に移転したのは小学生(1年生になる前、戦後数年)の時でした。引っ越した翌日近所を探索しての帰り道、迷子になっておまわりさんを広島弁で困らせたことを記憶しています。当時の記憶では、焼け野原に焼夷弾の残骸が目に焼きついています。

高校生までは夏休みになると広島の祖父の家(祇園町)に毎年里帰りして、家の近くの安川(太田川の支流の小川)でよく遊びました。ものすごく綺麗な水で、川底は砂でした。岸辺の木陰の下を潜ってのぞくとハヤが群れていました。橋の下で、橋脚の周囲を砂で囲み、細いハリウナギを追い詰めて遊んでいました。その前の冬に海から川に昇ってきたシラスが育ったものです。

大学生になってからは、3年生の時の現場実習で岡山県の水産試験場(当時は高梁川の河口付近にあった)でクルマエビの餌料効果を測定する退屈な作業をして、そのついでに里帰りしたはずです(1964年)。大学4年から大学院の5年間は三浦半島の三崎臨海実験所に住み着いていました。そして1970年に大学院を修了してからすぐ海外に出て、以降、広島のふる里の変化の様子を知らないままでした。

広島のふる里の清流の姿は高度成長期に大変貌をとげたと思います。安川は排水で汚濁が進み、1980年ごろには川がコンクリートで蓋をされていました。祖父の葬儀に沖縄から駆けつけたとき、その有様を見て衝撃を受けました。まさに「生まれ故郷、心のふるさと」を失った心境となって、その後の里帰りは法事と墓参りだけです。

広島女子大学地域研究叢書Ⅰ 「感潮河川の貝類」 新川英明(著) 1980年に印刷発行された書籍、が手元にあります。広島の海水が潮汐リズムで川に差し込む汽水域の貝類の分布、生態を詳しく調べて報告しているのですが、淡水の貝類についても言及しています。

新川の報告でヤマトシジミに関しては極めてわずかな情報しかありません。当時(1970年代)には調査したくても相手がいなくなっていたようです。

本の中のシジミについての部分をスキャンしました。
e0094349_13403983.jpg
e0094349_13404755.jpg


情報検索してみると、広島の汽水域のヤマトシジミは漁業対象になっていて、漁業者が船で漁をしているようです。

中国新聞 2011年8月18日
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201108180135.html
太田川シジミの生態にメス
 広島市は17日、有識者でつくる太田川再生フォローアップ委員会(委員長・松田治広島大名誉教授)を市役所で開いた。事務局の市が本年度初めて実施しているシジミの成育調査を中間報告した。

 生息数が最も多かったのは天満川。殻の大きさが3~7ミリの若い貝が多かった。産卵は7月下旬から始まり、8月11日に京橋川以外の4地点で大規模に起きていた。幼生は潮の干満などによって本川の河口まで5キロ地点に集積したとみられる。

 シジミの漁獲量は、1995年の286トンをピークに減少し、環境悪化などで09年は45トンまで落ち込んだ。

 共同調査する瀬戸内海区水産研究所の主幹研究員でもある浜口昌巳委員は「幼生が集まる一帯を中心に成育環境を整え、効率よく再生産できれば漁獲量は上がる」と指摘していた。


上の記事には調査地点の地図と漁獲量のデータが示されています。

新川が研究報告の「おわりに」のところで締めくくっていますが、このような生態分布調査の情報は相手がいるときに行わないと、何がどのように変化したのか、わかりません。つまり、ベースライン・データがとても重要です。長文ですが下に引用しておきます。
e0094349_13444989.jpg
e0094349_13445791.jpg


日本の淡水産貝類の生態研究は琵琶湖など一部を除けばほとんどありません。特に里山の水田と小川で昔から人々の生活の一部になっていた、タニシとシジミについては何も情報がないと言ってもよいでしょう。

1980年代までに広島で起こったように、全国の里山の小川で3面張りのコンクリート化と冬は田の水を落とす乾田化が進められ、メダカ、ドジョウ、ナマズの水田で繁殖していた魚が消え、タニシとシジミが消え、一緒にトノサマガエルやホタルまでも消えてしまったようです。もちろん農薬と水質汚染の影響も甚大だったでしょう。

心のふるさとを失った老人達がホタルやメダカを取り戻そうと活動しています。清流のマシジミについては宮崎県小林市で藤原次男さんが「マシジミを日本に復活させる会」を立ち上げ、全国的に賛同者が増え続けているようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-21 13:55 | シジミの仲間 Corbicula
<< 北アメリカに移入して広がったタ... 日向市塩見川のヤマトシジミ >>