beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

北アメリカに移入して広がったタイワンシジミ

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
http://www.lberi.jp/root/jp/bkjhindex.htm
上のサイト内に所蔵文献のリストがあります。センターで文献の閲覧が可能ですが、コピーサービスをしてくれる余裕は無いかもしれません。(試していない)

下のURLで検索、シジミをKWで検索すれば山のように出てきます。
http://www.lberi.jp/lx/crssch.asp

驚いたことに、私が昔から持っている基本文献(アメリカに移入したタイワンシジミに関する総説)が検索で出てきません。

McMahon, R. F. 1983. Ecology of an invasive pest bivalve, Corbicula.
in: Russell-Hunter, W. D. Editor. The Mollusca. Vol. 6: Ecology.
Academic Press, New York, pp. 505–561.

この文献の見出しです。
e0094349_16283196.jpg

1983年の出版で少し古くなっていますが、アメリカで重大な水路障害生物となったタイワンシジミに関する様々な分野にまたがった多数の文献が収録され、まとめられています。この著者は生理学に関するオリジナル研究の成果を発表しています。

本に掲載された生きているタイワンシジミの写真です。
e0094349_16412357.jpg

アメリカでの分布拡大の経過を地図上で追跡(推論)した図ですが、詳細は本文を読む必要があります。
e0094349_1643259.jpg

カナダの太平洋岸で最初にこの侵入者の存在が認められ、その後西海岸で水系に沿って拡大、東海岸に飛び火して広がったというシナリオのようです。経路の実線は推論、破線は想像です。遠くに飛んだのは主に人が運んだものと見なされています。

最初の侵入は中国から移民が持ってきたのではないか、と想像されています。遺伝解析(1980年代は主に酵素多型:アロザイム)で均一集団だったことから、複数の供給源ではなくて、単一集団が入り、それが拡散・拡大したものと、この当時は考えられていました。

1980年代までに、北アメリカでタイワンシジミが生息できる全域に広がったと思われています。内陸と北部で分布していないことは生理学:低温耐性の実験研究で、摂氏2度くらいまでしか耐えられないことから説明されています。(高温耐性については、正常に活動する上限が25度くらいで、30度以上になると死にます:夏に水温が上昇する環境では生息できません)。日本の在来マシジミでは何も情報がありません。

アメリカ北部で見つかった集団は火力発電所などの温排水で冬でも環境温度が上昇している場所に限られるようです。そして、内陸で川や湖からパイプで水を引いて冷却用に使う、火力発電所そして原子力発電所など、さらに浄水場などの取水路で大発生して障害を引き起こしたため、重要問題となり、詳しい調査・研究が各地で大勢の研究者によって行われました。その成果がこの文献でまとめられたわけです。

アメリカに入ったタイワンシジミは宮崎県のマシジミのように放卵はせず、すべて親貝が子を保育します。ただし、日本の在来マシジミについて調査・研究が行き届いていないので、宮崎県の集団が保育と放卵を同時に行う点で特異的かどうかわかりません。とにかく、日本(少なくとも宮崎県)のマシジミがアメリカに移入したのではなさそうです。

タイワンシジミの故郷での調査・研究については、ホンコン大学のMortonがかなりの結果を出し、彼はタイワンシジミとマシジミを同一種と見なしました。この分類問題(タイワンシジミとマシジミは同一種か否か)は今でも尾を引いています。

日本で在来シジミについての基礎研究が乏しいことが現在の外来種の認識で混乱を招いています。生き残っていた在来種が復活しているのか、新規に外来種が入って広がっているのか、それを確かめるのが極めて困難になっていますが、在来集団を外来種と誤認している可能性は否定できないと思います。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-22 17:15 | シジミの仲間 Corbicula
<< マシジミの放卵 広島の里山からマシジミが消えた... >>