beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マシジミの放卵

藤原次男さんは、2009年の著書「マシジミはびっくり箱の玉手箱」の前に「シジミ貝からの伝言」という本を同じ鉱脈社から1995年に出版しています。それには、マシジミの放卵の発見の経緯について詳しく書かれています。著者は生物学はアマチュアですが、宮崎大学農学部の池末(イケマツ)教授に助けてもらって、1975年に最初の研究成果を貝類学雑誌に報告しました。

現在、日本各地に、藤原さんの志を受け継いで在来マシジミの復活に取り組んでいる人たちがいます。

毎日jpのニュースサイトで大分県の淡水シジミの人工繁殖にチャレンジしている方の話題があります。

マシジミ:稚貝養殖に成功 好物の藻を特定--玖珠町の尾方、後藤さん /大分 
2011年8月17日
http://mainichi.jp/area/oita/archive/news/2011/08/17/20110817ddlk44040438000c.html

尾方さんは自身の遊休農地の利用法を探るうち、それまで胎生と考えられていたマシジミも卵を産むことを突き止めた藤原さんの著書を読み、「昔どこにもいた玖珠地方で復活を」と一念発起。友人の後藤さんと昨年3月から趣味として研究を始めた。藤原さん方で研修を受けた後、後藤さん方の小屋に水槽を置いて地下水を引き、多様な餌で試行錯誤。今年5月にふ化した赤ちゃんは7月には稚貝となり、現在、直径0・6ミリに育った。


上の記事になった元の情報は:八幡地区自治組織運営協議会(大分県玖珠町八幡地区は玖珠町の北西に位置した静かな山村です。)サイトの中に記録されています。

マシジミ繁殖挑戦記
http://www.yahata-zitisosiki.jp/sizimi.html
から一部抜粋して引用します。

大分県玖珠町八幡の里にも以前シジミは生息していたそうです。近くの方に聞いたところ、太田松信の水路にも昔アサリ位のがはたくさんいたとのこと。昔居たという処でシジミを探しましたが、全く見当たりません。私の母の実家では、庭の中に小さな水路が通っていました。それにシジミが居たのを覚えています。しかし、日本が豊かになって砂利道だったのが舗装道路に成りました。この時アスファルトの油分が沢山井川に流れ込んでシジミは居なくなってしまいました。
シジミは居ました
玖珠町八幡の里にもシジミは細々と生き残っていました。探して見ると数か所に生息して居ました。あろうことか我が家の裏の水路にも居たんです。秋に成るとほんの僅かの湧き水しかないその水路に!!これらのシジミを何とか増やせないだろうかと、友人と二人で試行錯誤しているところです。そもそもシジミはどうやって繁殖するのでしょうか。

昨年6月からの奮戦の記録を見ると、この大分の山間部で見つかった淡水シジミは宮崎県小林市のものと同様に「放卵」して繁殖しました。

外来種のタイワンシジミについて「放卵」の記録がありません。

調べていないだけ、見落としかもしれませんが、移入した先で繁殖生態の研究が各地で大勢の研究者によって数十年前から行われてきたアメリカにも情報がないので、おそらく放卵しないで体内受精による「卵、稚貝保育」だけでしょう。

宮崎のマシジミは保育もしますが、ほとんどの卵を集団で一斉に体外に放出することが藤原さんと池末教授の研究で明らかになっています。放出はストレスによる未熟卵のロスではなく、野外の池の集団で確認されています。ただし、放卵された時点で卵はすでに発生を開始していて、つまり、受精は体内で、自家受精で繁殖します。

池末弥,山根伸一.1977
マシジミの生態に関する研究 III ― 周年性産卵と生殖巣内自家受精について
日本水産学会誌 , 43:1139-1146.
http://www.affrc.go.jp/jasi/161462.pdf

この報告を読めば、在来のマシジミの極めて旺盛な繁殖力が理解できます。外来の近似種に対して繁殖競争で圧迫されるとは思えません。

もし、日本在来のマシジミが特異的に「放卵」するならば、外来集団と区別する手がかりの一つになるかもしれません。このような生物の研究では飼育による実験観察が特に重要です。

アメリカでタイワンシジミの繁殖生態を調べた論文の例です:

Spawning and early development of Corbicula fluminea (Bivalvia: Corbiculidae)
in laboratory culture.
King, CA | Langdon, CJ | Counts, CL III
American Malacological Bulletin. Vol. 4, no. 1, pp. 81-88. 1986.

The Asiatic clam, Corbicula fluminea (Mueller), was maintained on the
estuarine diatom Skeletonema costatum (Greville) in a recirculating
aquarium system at 24 to 25 degree C. Salinity varied from 0 to 8 ppt.
Live weight of C. fluminea increased from 3% to 179% of initial weight
during four months of laboratory culture. The animals then spawned;
sperm were ejected out of the exhalent siphons and fertilized eggs
were retained in the gills. The first three zygotic divisions occurred
1, 3, and 5 hours after spawning (sperm release), and trochophore
larvae developed after 14 hours. Pediveligers were released from
parent clams in 4 to 5 days, and metamorphosed to juveniles about
12 hours later.  (後略)

アメリカでタイワンシジミは鰓の中の育房に受精卵を保持し、それが餌を食べる能力がある仔貝となってから体外に放出しました。

上の報告の著者の一人、Counts, CL IIIさんはシジミ類の文献リストをオンラインで公開しています。
www.carnegiemnh.org/assets/science/mollusks/corbicula.doc

CORBICULA AN ANNOTATED BIBLIOGRAPHY 1774 - 2005
Clement L. Counts, III
Department of Biological Sciences
Richard A. Henson School of Science
Salisbury University
Salisbury, Maryland 21801

上のリストには藤原さんや池末教授の報告が注釈付きで掲載されています。

1975年に発表されたそれぞれの最初の報告のタイトルと内容が書かれていたので紹介します(後続の報告についてもリストにあります)。

Fuziwara, T. 1975. On the reproduction of Corbicula leana Prime.
Venus, Japanese Journal of Malacology 34(1-2):54 56.
[Japanese with English summary. Translation, ORNL tr 4186]

The ovulation of Corbicula leana Prime, 1864, which was believed to
be a viviparous species, was observed in the laboratory and in outdoor
culture ponds. Clams were found to ovulate throughout the year in
aquaria whose temperature was greater than 19oC. Fertilized eggs
developed into D stage larvae. Spawning and development to the
D stage were also seen in the culture ponds. Thus, C. leana is both
ovoviviparous and oviviparous. D stage larvae were found within 60
hrs of spawning in water temperatures greater than 20oC. Ovulation
occurred simultaneously in all bivalves kept in both the aquaria and
culture ponds.


Ikematsu, W. and M. Kammakura. 1975. Ecological studies of Corbicula leana Prime
I. On the reproductive season and growth.
Bulletin of the Faculty of Agriculture of the University of Miyazake 22:185 195.
[Japanese. English translation available through NTIS (ORNL tr 4590)]

Corbicula leana, a small ovoviviparous freshwater hermaphroditic bivalve,
is widely used in Japan as a human food and thus has some medical
importance. Bivalves were transplanted to rice fields in Kobayashi City,
Miyazaki Prefecture, for culture in 1970. This paper reports on the
reproductive season, density and growth of young bivalves in aquaculture
ponds. Parent clams brooding larvae and discharged larvae were found
throughout the period of investigation (May through November) when
water temperature was above 15oC. The peak period of reproduction
is from June to October. The biological minimum of a grown shellfish is 12
mm shell length. The number of incubated larvae showed great individual
differences ranging from 1 to 6,900/parent bivalve. This difference was
attributed to differences in the start and/or finish of larval release.
Most D stage larvae are 0.20 0.25 mm in shell length. Discharged larvae
immediately begin benthic life. The density of discharged larvae was high
and reached a maximum of 85,000/m2. The larvae grow rapidly but the
growth rate slows over time and as water temperature drops below 17oC.
The bivalves grow to a commercial size of 20 mm in about 1.5 yr after discharge.

それぞれ原文が日本語だったので、英語に翻訳された文書がアーカイブされています。

Countsさんの自己紹介などが上のアドレスのSalisbury大学サイトで見つかり、ご本人あてにメールを送ったのですが、まだ返事が来ません。夏休みが終わって授業再開が今月末なので、それまで返事を待ちます。

<追加>

「シジミ貝からの伝言」の中で、著者の藤原さんは台湾でのタイワンシジミの養殖について視察旅行の体験談を書き留めています。訪問した年次は書いてありませんが、1979年の(すぐ?)後だったことが本文中の記述から推察できます。

下に引用した1984年の論文は、台湾における貝類養殖の状況をまとめたものですが、タイワンシジミについても書いてあります。タイワンシジミは1970年代後半から急速に増えて、1982年に1810ヘクタールの養殖場で約7500トン生産されたという統計数値が出ています。

Recent innovations in cultivation of edible molluscs in Taiwan, with special reference to the small abalone Haliotis diversicolor and the hard clam Meretrix lusoria.
HC Chen - Aquaculture, 39, 11-27 (1984)
http://ntur.lib.ntu.edu.tw/bitstream/246246/161877/1/05.pdf

台湾は貝類養殖の先進国であって、ハマグリ(論文中にハマグリの学名が使われていますが、実はシナハマグリ)やフクトコブシの養殖生産量は想像を絶するレベルです。1982年の養殖貝類全種の生産量が約5万トンで、その内(シナ)ハマグリは年間1万トンのレベルです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-24 02:58 | シジミの仲間 Corbicula
<< 忘れられたマシジミ 北アメリカに移入して広がったタ... >>