beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

忘れられたマシジミ

一般の人が思い浮かべる「シジミ」のイメージは、貝の色は黒く、宍道湖など海水が差し込む汽水域で採取されて流通している「ヤマトシジミ」でしょう。

それに対して「マシジミ」は純淡水産であり、漁業の対象とはなってこなかったが、里山の水田の用水路や小川で採取され、自家用に消費されていた貝です。

これら2種のシジミ類は種類が異なり、繁殖生態が異なります。ヤマトシジミは雌雄が別々で卵と精子を水中に放出して受精した後、幼生が発生して水中を漂い、しばらくしてから底に沈んで定着し稚貝となります。それに対し、マシジミは雌雄同体で、体内で(自家)受精し、鰓にある育房の中で幼生が育ち、稚貝が放出されます。ただし、宮崎県小林市のマシジミは体内での保育だけでなく、受精したばかりの卵を体外に放出する「放卵」をすることが藤原次男さんによって発見されました(1975年に論文発表)。

マシジミは(北海道を除き)全国の河川、特に小川に分布していました。

1919年に出版された日本産(当時の植民地、台湾を含む)シジミ類の標本リスト(東京帝室博物館、自然史収蔵:現在は国立科学博物館に引き継がれている)がオンライン・アーカイブにあります。

Catalogue of Japanese Mollusca in the Natural History Department, Tokyo Imperial Museum / by T. Iwakawa.

http://www.biodiversitylibrary.org/bibliography/13147

シジミの仲間のリスト(276-280頁)をダウンロードした画像です。
e0094349_1895671.jpg
e0094349_1810689.jpg
e0094349_18101620.jpg
e0094349_18102448.jpg
e0094349_18103358.jpg

細かい産地情報はありませんが、マシジミの標本が全国から集積されていたことがわかります。

マシジミとヤマトシジミは共に日本産の標本を元に1864年に新種としてPrimeが記載しました。その論文も上と同じBiodiversity Heritage Libraryサイトにアーカイブされています。

Annals of the Lyceum of Natural History of New York.
http://www.biodiversitylibrary.org/bibliography/15987
マシジミとヤマトシジミの記載は68-69頁にあります。下はその画像です。
e0094349_18211326.jpg
e0094349_1821248.jpg

ヤマトシジミの記載で殻の色について見ると:
The epidermis is very highly polished and varies from greenish-brown to blackish-brown, or even black; it is lighter in the young specimen.
殻の外側の殻皮の色は強い光沢があり緑褐色から茶褐色、また黒色のものもある。若いものは色が薄い。

The interior of the shell is pale violet.
殻の内側は薄紫色。

それに対し、マシジミについて見ると:
The color of the interior is violet.
内側の色は紫。
The epidermis is polished and of a pale greenish color.
殻皮は磨かれていて薄い緑っぽい色。

以上のように、色彩的な特徴が書かれています。

ヤマトシジミについて成長に伴う変化と個体差が書かれていますが、マシジミについては集団による(地域や環境の違いによる)殻の色の変異は何も書かれていません。

マシジミの模式標本(上の記載に使われた標本)はスミソニアン自然史博物館のUSNM No. 122429という標本番号で登録、保管されているそうですから、実物の確認は可能でしょう。

<追記>

USNM 122429はスミソニアン自然史博物館のオンライン・アーカイブで画像と採集データが公開されています。

http://collections.nmnh.si.edu/search/iz/
.Catalog Number: USNM 122429

Scientific Name: Corbicula leana Prime, 1864
Type Citations: Taxon Type Status Citation
Corbicula leana Prime, 1864 Holotype
Classification: Animalia, Mollusca, Bivalvia, Corbiculidae
Common Name: Bivalves
Collection Name: Lea collection
Object Count: 2
Collector(s): Wilson
Country: Japan
e0094349_558587.jpg

...........................................................
日本の在来のマシジミについて貝殻の色彩や形態の地域差などについては、ほとんど情報がありませんが、国立科学博物館とか、京都大学の臨湖実験所で集められた古い標本が総合博物館に残されているはずなので、それを見ればわかるはずです。また、フィラデルフィア・科学アカデミーの自然史博物館にも日本産シジミ類の古い標本が多数あります(Pilsbryが新種にしたマシジミの変種、アワジシジミとオグラシジミも含まれます)。

全国的にヤマトシジミと見かけが異なるシジミが外来種と認識されている背景には、在来のマシジミが復活しているからかもしれません。それは里山の水辺の自然の崩壊と共に記憶から失われたマシジミのイメージがヤマトシジミのイメージに短絡しているからかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-25 18:57 | シジミの仲間 Corbicula
<< マシジミの稚貝にできる斑紋 マシジミの放卵 >>