beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

マシジミの稚貝にできる斑紋

マシジミとタイワンシジミを区別する手がかりとして貝殻の色彩が図鑑などで使われています。

同じ集団内の個体間で色彩型(斑紋と色)に多型が見られる場合、殻色を種の分類指標として使うことはできません。(遺伝子頻度の指標には使えますので集団間の類縁関係を推理する手がかりにはなります)

ナミノコガイでは淡水産シジミとそっくりな紫色が殻の内側に現れ、その濃さが3段階に分かれる(濃い、薄い、なし:白)ことも同様です。

キュウシュウナミノコで試みた(結果は未発表)色彩型の異なる個体間での交配結果で、濃い紫色は白色に対してメンデル遺伝で優性対劣性ホモの関係になっていました。中間色はヘテロ接合かもしれませんが、確認していません。

淡水シジミの色彩もおそらく遺伝形質となっているものと想像できます。しかし、雌雄同体で体内(自家)受精し、雄性発生でクローン形成をするものがどうやったら色彩多型の遺伝を見せるのか、全くわかりません。

貝殻の色の発色では、遺伝だけでなく、環境の変化(アワビの殻が餌の海藻の種類で変わことは有名です)で支配されていることもあるので、とても難しいテーマです。そして、発色のオン・オフが話を複雑にします。

餌の中に含まれている原料物質から化学変化で色素を作っていることがその背景にあります。例えば、青と紫系統の色はおそらくエネルギー代謝(光合成や呼吸)に使われている、ポルフィリン環を持つ物質から変化したビリベルジンと呼ばれるものと思われます。アオサンゴの骨格の青色や青魚の青色も同類です。確認のため、貝殻の青色系統の色素の正体を明かす研究が待たれます。

マシジミに話を戻して、本日採集の新しいサンプルで稚貝の時に貝殻の発色が始まる様子をチェックしました。日向市の権現原の用水路から1mmメッシュの網で黄土色の砂泥から採取しました。
e0094349_20305914.jpg

上は同じスケールで4枚の写真を一緒にしています。
上の列の左は5mmクラスで色素帯が出ています。右の3mmクラスでは発色していません。
下の列は死んでいた殻の表側(左)・内側(右)です。個体により、表側の模様が内側に透けて見えるものと見えないものがありますが、内側に不透明層があるかないかの差異でしょう。

このようなマシジミの稚貝時代の殻の発色は、宮崎一老が神奈川県金沢で卵発生から飼育して観察した結果を1936年に水産学会誌に報告しています。

下の模式図は稚貝の色素が現れる様子を説明しています。(本文をその下に引用)
e0094349_20375675.jpg

稚介は始め淡黄色の透明な貝殻を有するが、殼長1.5mm内外に達すると穀頂附近外表に茶褐色の微細な色素が分布する。

而して、稚介期に見られる色帯の攣化過程を見るに、此時代に於ては殻の中央部及び殻頂前後雨端背部に淡紫色の色帯に依り其發生を見るのである。

今便宜上色帯の分布画域を第3圖12の如き記號を以て表はすと、此時代にはDn, Dp,M等が現はれ此内Mが最も顯著でDpは靱帯後方左右雨穀の周邊に生じDaは殻頂より稍前方背縁に分布する(第3圖11)。

殻長2~2.8mm程度に蓮すると更にA, P, V等が各々獨立的に現はれる(第3圖12)。色帯は帯褐色で普通Vが淡い。貝殼の色調は依然淡黄色であるが殼長4mm内外に達すると黄褐色に深まりV, A, P等各々共區域を擴大し殊にA, P等は濃チコレート色になる。

殻長5mm内外になるとVの成長線に沿ふ擴大と同時にA, Pは連絡して殼の下腹部に大なる色帯を形成する。併し乍らMは依然殼頂の尖端及びV等と連絡しない(第3圖13~14)。

殻長6mm内外にして殻頂部及び穀腹周縁を残して全面に紫色は擴大し、同時に殻表の成長線に沿ひ淡緑色の色素が生じ此處に始めて若いシジミの殼表の黄緑色が生する。

紫色の色帯は後に全面を掩ひ穀内の色彩を形成し殻表の黄緑色化は釜々進行する。老成すると殼表の黒色化する事は周知の處である(第3圖15)。


以上の記述と日向市の淡水シジミの稚貝の殻の発色は同様ですが、日向市の場合、個体差が激しいことがわかります。宮崎一老(超大先輩)は同じ兄弟姉妹(雌雄同体)を観察していたので一様な結果を報告したのでしょうが、日向市の野外集団は稚貝の発色にバラツキがあるようです。

タイワンシジミに関する発生と稚貝の色素発現様式の観察報告はありません。

ハマグリとチョウセンハマグリは稚貝時代の殻の形態と色彩・模様の差異がとてもはっきりしています。稚貝の違いは明確なり、と言うことです。

淡水シジミの分類の混乱を解きほぐすために、まずは色彩型の異なる親から生まれ出る稚貝に違いがどうやってできるのか、を確かめるべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-26 20:49 | シジミの仲間 Corbicula
<< オクラシジミ、またはナリヒラシジミ 忘れられたマシジミ >>