beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

オクラシジミ、またはナリヒラシジミ

日本在来のマシジミとして、タイワンシジミと識別できる「特徴」となるかどうか、検討課題が一つあります。それは貝殻の大きさです。殻の長径が5センチを超える特大の淡水産シジミが日本各地にいるようです。

Pilsbryが日本から送られてきたシジミ類を調べ、特に大型のものをCorbicula orthodontaと名づけ、新種として1907年に記載しました。模式産地は尾張です。

Pilsbry, H. A. 1907. On Japanese species of Corbicula.
Annotationes Zoologicae Japonensis (Tokyo) 6:153-160.

Corbicula orthodonta sp. nov. is described (pp. 156, 157) and figured (Pl. 7, figs. 1, 2) from Owari, Japan.

上の文献がまだ入手できていないので模式標本についての記述と画像を見ていません。

このシジミに関して大山桂がエッセイを書いていて、鳥羽水族館サイトで紹介されています。

http://www.aquarium.co.jp/shell/essay/narihira.html

エッセイ Essay

ナリヒラシジミ  大山 桂

 明治から大正に掛けての平瀬与一郎・岩川友太郎両先生の時代に尾張産の巨大なマシジミをCorbicula orthodonta Pilsbry,1907、の名で呼ばれ、和名はナリヒラシジミともオグラシジミとも言った。後(黒田、1938)マシジミCorbicula leana Prime,1864、の一つの型と認められるに至った。ナリヒラシジミとは在原業平が京都で問題を起こして東国に逃げたとき、今の愛知県でかきつばたの花を見て57577の頭に、かきつばたを折り込んで、から衣 きつつなれにし つましあれば はるばる来つる たびをぞしのぶの歌を作って感慨に耽った故事から、業平(なりひら)を連想して命名したものと思われる。
 マシジミはハマグリ形ないし楕円形になるが、側歯が長くて大成しハマグリ形になる型は一見楕円形になる貝と別の物に見える。この型をナリヒラシジミと言って昔は区別した。戦前には東京都内(常磐線金町駅近くの水郷)でも30ミリくらいのは採れた。
 今年(*)の3月11日付けの朝日新聞の東海総合版に豊橋市嵩山町の農業用水のため池に最大56.6ミリもある大きなシジミが小さいのに混じって発見されたのを読んだ。ナリヒラシジミ型の巨大なマシジミは、一般に大きくならないうちに採ってしまうから、近年ではほとんど姿を消したもので、たまたま採取されずしかも栄養が良かったため大成したものと思われる。ナリヒラシジミ型のマシジミにしても、56.6ミリは記録に残る大きさである。

(*)94年の事

..............................................
<追記>

和名をつけた岩川と黒田の記述では「オクラシジミ」となっていて「オグラシジミ」ではない。大山が誤記したか、印刷のミスであろう。表題を訂正(9月4日)
..............................................
上のエッセイにある豊橋市は原記載標本の産地、尾張名古屋に近い。

群馬県自然史博物館では「オクラシジミ」として県内産の標本写真をオンラインで公開しています。

http://www.gmnh.pref.gunma.jp/musetheque/auth/get-media?data_no=711
1985年に採集された標本ですが、大きさのスケールがありません。

下の標本はマシジミとして1982年に登録されたもので、3センチ未満です。同じ大きさで色が異なる貝が並んでいます。
http://www.gmnh.pref.gunma.jp/musetheque/col/detail.do?hdicId=180&searchType=2&listType=2&startNo=261&dataId=21121

広島県の山中の溜池から見つかった大きな淡水シジミを「謎のシジミ」として紹介しているブログ{紆余曲折}があります。

<謎のシジミ試食リポート>
http://blogs.yahoo.co.jp/fdsa233/12218473.html
<続 シジミの謎 >
http://blogs.yahoo.co.jp/fdsa233/12161780.html
<蜆の謎>
http://blogs.yahoo.co.jp/fdsa233/12072926.html

(ブログ内の写真の説明を引用)
幅5センチ前後のものです。色は黒くなり、形も横長になり始めています。http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/be/d8/fdsa233/folder/337120/img_337120_12072926_9?1313461842
マシジミでこの大きさはありなのでしょうか?
しかも、この横長の形・・・ドブガイやカラスガイに似ています。


http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/be/d8/fdsa233/folder/337120/img_337120_12218473_2?1266065750
試食後の殻の内側の写真は典型的なマシジミの色彩パターンで、外縁部が黒く、軟体部が付着する部分は真珠層が発達して白っぽく見えます。

上の謎のシジミは、タイワンシジミの識別ガイドに従えば「種の査定」はマシジミになって、「外来種」とは認定できないことになります。

3月に福島県で被災された方のブログ{鉄魚のブログ}にも大型の淡水シジミが登場します。

2011年1月6日 「特大シジミ」をゲットしたよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/horiontrail/archive/2011/1/6?m=lc
1月5日冬休み最後の日近くの川で「特大マシジミ」採取しました。
      私は自然のたくさん残っている所に住んでいます。

このブロガー、鉄魚さんが住んでいた福島県浪江町は東京電力福島第一原発から10キロ圏内です。

3月17日のブログ
鉄魚家族は、全員無事で、東京の弟の[星亀」さんにお世話に成っています。
物は全てを失いましたが、頑張ります。


弟さん「星亀のブログ」にお兄さんから送ってもらったシジミを食べた記事があります。

[淡水しじみ(マシジミ)] 2011年1月7日
http://blogs.yahoo.co.jp/llxhorikawaxll/18557934.html
福島の兄が送ってくれたシジミは、4~5cmも有る大型です
これはマシジミの中でも(ナリヒラシジミ)と言われてる貴重な種類ですね~

鉄魚さんが故郷の豊かな自然の中での平和な生活を取り戻せる日が早く来るように祈りましょう。

本題に戻ります。

タイワンシジミとして河川の侵略者と言うレッテルを貼られているものは、成長が早くて寿命が短く、小さい内に成熟して子孫を残す繁殖戦略をとっているものとされています。環境が不安定な小さい河川や水路などでクローンをつくり急速に増える、というわけです。

それに対し、オグラシジミ(ナリヒラシジミ)は大型になり、おそらく寿命が長いものでしょう。ただ単に、でかくなるだけで同じ種類ジャン、と黒田徳米がこの「種」をマシジミのシノニムにしてしまってから、その特異性が忘れられているようです。

同種と見なされていても、生態的に異なる集団が分化していることを認識することは「保全生態学」の重要なテーマです。オグラシジミについて詳しい調査研究を進めるべきでしょう。

ちなみに、広島県では在来の淡水シジミが「外来のタイワンシジミの侵入で」減少したため、本年度の見直しでマシジミをレッドリストに載せるそうです。前のブログで詳しく説明しましたが、広島県で淡水シジミが見られなくなったのは1980年代の前のことでした。外来種に押されたのではなくて、人間の都合で生息場所が失われたからのはずです。外来種に罪をかぶせておくと行政的にわかりやすいでしょうが、歴史的な事実を曲げて、何が本当の理由であるかを不明瞭にしておくのは問題です。その上、さらに、復活してきた在来種を外来種に誤認して排斥するようになるとすれば、なおさら問題です。
..............................................................................
フィラデルフィア自然史博物館にあるオグラシジミの模式標本のデータです。

ANSP 89366 Corbicula orthodonta Pilsbry 1907
Kind of Type: Holotype
Counts: Dry: 0002 V
Locality: North Pacific Ocean Japan Mie Aichi Prefecture, Honshu Owari Bay (Ise Bay)
Coordinates: 34 43 --N 136 43 --E Source:
Collector: IWAKAWA, T. Date Collected: -- --- 1905
Type/Voucher data:
Date of publication: 1907 Publication: Annot. Zool. Japon. vol.pp.fig: 6:156

1 handwritten catalog records found
ANSP 89366 Corbicula orthodonta Pils.
Counts: dry: 12 V, alc: Original number: 7
Locality: Owari, Japan
Depth: Elevation: Station number:
Collector(s): Iwakawa, T. Date Collected:
Collection: Date Cataloged: 09 may 1905
........................................................................................................................
[PR]

by beachmollusc | 2011-08-27 13:19 | シジミの仲間 Corbicula
<< 宮城県のマシジミなど淡水生物の保全 マシジミの稚貝にできる斑紋 >>