beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

出の山の淡水シジミ

下調べのお勉強が一段落したので、問題の出の山の淡水シジミの正体を確かめるために小林市に出かけました。拘束道路の無料化が終わっていたので、たっぷり料金を取られました(世界一高いのではないの?)。

日曜日で、出の山の水族館に客がわずかに入っていました。ホタル祭りの2年連続の中止と近くの火山のせいで来客数が減っているようです。

アカメは小さいのが1匹だけとなっていました。塩見川から拉致されてきたものでしょう。

藤原次男さんから大歓迎を受け、普段は入れない水路のシジミの様子を見せてもらいました。

大きいのは殻長が35ミリくらいで、表面の色は緑がかった黄色、そして小さい個体は黄色です。
表面の層がはげて、中の層が露出した部分にピンクと紫色が見えました。大多数がピンクです。
e0094349_20235681.jpg

藤原さんと一緒に案内してくださった「お守り役」の理事長さんによると、20年くらい前に行われた農地の構造改革事業の後、それまで紫だったのがピンクに変化したそうです。

殻の内側は白いので、いわゆる「カネツケシジミ」、つまり、外来のタイワンシジミの型の一つになります。昔から全く変化していないのであれば、出の山にはもともと「外来種」が在来していたことになりますが、色が変わったという話が気にかかります。約20年前に外来種のコモチカワツボの移入が確認されていることもひっかかる材料です。

出の山シジミが外来か在来かの真相究明の第一歩が始まったばかりですから、答が出るのはまだ先です。

水路で稚貝がいるかどうかチェックしたら、数が極めて少なく、異状を感じました。ひょっとすると、ここのゲンジボタルが減ったのは幼虫の主食であるシジミの稚貝が減ったからではないか、と想像しました。

実験観察用に大小50個体ほどいただいて、戻って綺麗な水の中に入れたら小さい白いツブツブを盛んに放出しました。すわ一大事、産卵しているのかと思って顕微鏡で確認したら、なんとトロコフォラ幼生でした。
e0094349_20415458.jpg

卵膜の中でグルグル回っている、トロコフォラになる発生途中の胚もありました。

採集と運搬のストレスで、親の体内(鰓の一部が育房になっている)で保育中の胚とトロコフォラ幼生が放出されました。バラバラに出たものと粘液に包まれて出た二通りがありました。 

体外に放出された幼生の発生が進んでベリジャー(貝殻を形成)になるかどうか、観察を続けます。アメリカに移入したタイワンシジミの場合、保育中のトロコフォラとベリジャーに親から栄養分が渡されているらしいといった観察結果があります。つまり、保育されている幼生は水中の餌を食べていません。

汽水のヤマトシジミは卵から孵化した幼生が餌を食べて成長します。一方、淡水の流水環境では幼生を水中に出すと流されてしまい、不都合なことになるらしく、浮遊状態の幼生はできません。

<追記> 8月30日

トロコフォラの段階で保育状態から放出された幼生がD-型の初期稚貝(底生生活)に進んでいました。
e0094349_20324690.jpg

斧足を盛んに伸ばして歩いています。殻が透明で、内部の鰓が動いている様子、また斧足の付け根にある平衡胞(体の姿勢を感知する器官)がはっきり見えました。

<追記> 9月12日

産卵後2週間を過ぎた稚貝は殻頂がわずかに膨らんだUmbo期になっています。
e0094349_13264667.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-08-28 20:45 | シジミの仲間 Corbicula
<< 小倉ヶ浜で高潮 宮城県のマシジミなど淡水生物の保全 >>