「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カネツケシジミの話(つづき)

日本で外来種としてカネツケシジミという和名が与えられた淡水産シジミについて、その分類が根本的におかしいので困っています。

平瀬信太郎は、Corbicula producta という学名でv. Martensが1905年に台湾から新種記載したシジミに対してカネツケシジミの和名を与え、台湾産の標本を「日本貝類図譜」にカラー写真入りで出版しました。

矢倉和三郎は「日本産蜆の新研究」でカネツケシジミをCorbicula prodactaとする誤記がありますが、平瀬を引用しています。

この種名が何かのシノニムにされたかどうか、後のモノグラフを追跡する必要があります。

それに対し、

増田修・波部忠重(1988) 岡山県倉敷市にすみついたカネツケシジミ
ちりぼたん 19(2), 39-40, 1988

上の報告で「カネツケシジミ」に対しCorbicula insularisという、Temple Prime が1867年に台湾産の標本を元に新種として記載した種名を使っています。

前の記事で、倉敷から1985年に見つかった「カネツケシジミ」の殻の色彩が模式標本の記載に合っていないことを指摘しました。

波部が増田の査定にお墨付きを与えたと想像されます。模式標本を実際に見ることは難しいと思いますが、原記載を参照したのか、気になります。

Primeが記載した模式標本の所在を追っていますが、まだ見つかりません。

この人物は、Temple Prime (14 September 1832 - 25 February 1903)
http://www.inhs.uiuc.edu/~ksc/Malacologists/PrimeT.html
ニューヨーク生まれ、ニューヨークで没。

彼が調べた模式標本はハーバード大学のMuseum of Comparative Zoology、つまりボストンにあると 書いてあったので、博物館サイトで収蔵標本のデータベースを調べ、Corbiculaで検索したら570件出てきました。
http://www.mcz.harvard.edu/

そのリストの中にCorbicula insularisのtypeは含まれていません。
(ヤマトシジミCorbicula japonica の模式標本はあります:Malacology 187468 )。

前に紹介したように、マシジミの模式標本はスミソニアン自然史博物館(ワシントン)にあり、写真を見ることができます。
USNM 122429
Scientific Name: Corbicula leana Prime, 1864
Corbicula leana Prime, 1864 Holotype
http://collections.nmnh.si.edu/search/iz/

しかし、insularisはCorbiculaで出てくる56件の中にありません。

他の主な自然史博物館もチェックしたのですが、ニューヨークの自然史博物館はデータベースが公開されていないので、一番臭いところがわかりません。Pilsbryのいたフィラデルフィアにはありません。

ボストンのMuseum of Comparative Zoology(MCZ)には(大昔、1975年)訪問してサンゴ礁のヒトデ類の標本を調べたことがあります。スミソニアンでも同じですが、調べてみたい標本がさっと出てきて、きちんと整理されているのは驚きでした。今は、ネット上で情報が開示されているので、さらに調べやすくなっています。

MCZのデータベースにあるカネツケシジミの和名が付けられた2種(C. producta, C. insularis)
とタイワンシジミ(C. fluminea)の標本を抽出しました。

Museum of Comparative Zoology Collection

Cat Num         Identification     Specific Locality  Verbatim Date
標本番号           学名            産地      日付
...............................................................................................................
Malacology 175645 Corbicula insularis Formosa [no date]
Malacology 152900 Corbicula insularis Formosa [no date]
Malacology 52498  Corbicula insularis Farunmosa, Taihoku [no date]
Malacology 288726 Corbicula insularis Ilan 24/Feb/1974

Malacology 44752  Corbicula producta Formosa, Takao [no date]

Malacology 44751  Corbicula fluminea Formosa [no date]
Malacology 64196  Corbicula fluminea French Indo China, Tonquin, Soc Nam [no date]
Malacology 79599  Corbicula fluminea Tonkin, Song Thuong [no date]
Malacology 82298  Corbicula fluminea Luzon Id., Manila Bay [no date]
Malacology 87991  Corbicula fluminea Hong Kong [no date]
Malacology 87992  Corbicula fluminea Hong Kong [no date]
Malacology 103356 Corbicula fluminea French Indo-China, Tenquin, Heiiphong [no date]
...........................................................................................................
以上が日本国外の、アジア産の淡水シジミ類です(イランが混ざっているのは?)。

カネツケシジミ2種が共に台湾で採集されていて、さらにタイワンシジミが台湾とホンコン、ベトナム、フィリピンから採集されています。

Malacology 44752  Corbicula producta Formosa, Takao 
Malacology 44751  Corbicula fluminea Formosa
この2ロットの標本は番号が続いているので、同時に収蔵されたものかもしれません。どちらも台湾産ですが、別種にされたということは表面的に異なっていたことを示唆します。

MCZやその他の米国の自然史博物館には1940年代以降に米国内で採集されたC. flumineaの標本が非常に多く集まっています。

淡水シジミの移入の初期にはフィリピンから記載されたCorbicula manilensisという学名で認識されていましたが、それはflumineaと同種として統合されました。しかし、アメリカでは日本でなされたinsularisという学名で呼ばれてはいません。

MCZでは淡水シジミ類のコレクションについて精査しておらず、種の査定がどうなっているかわかりません。しかし、タイワンシジミ種群として日本のマシジミも含めて比較検討する材料が揃っています。

ついでに日本産の標本ではヤマトシジミとセタシジミを省略し、淡水産のマシジミとそれに統合されたアワジシジミの標本が全部で8ロット見つかりました。

Malacology 152910 Corbicula leana [no date]
Malacology 249467 Corbicula leana Gifu Pref., Hasima, Kasamatsu, Kiso R Aug/1963
Malacology 44745  Corbicula leana Tokyo [no date]
Malacology 52500  Corbicula leana yushyu [no date]
Malacology 53832  Corbicula leana Hokkaido, Abashiri River [no date]
Malacology 81255  Corbicula leana Ise, Aikawa [no date]
Malacology 249475 Corbicula leana stramined Gifu Pref., Hashima, Ginan town Jul/1963
Malacology 44744  Corbicula awajiensis Awaji I. [no date]
.................................................................................................................
オグラシジミCorbicula orthodonta Pilsbryの標本はありません。

日本の貝類の分類に関して不幸なことは、模式標本が海外の博物館にあるので実物に触れることが難しいことです。また、近隣諸国との学術的な情報交換が乏しく、植民地時代のかなり怪しい(ヤマト中心の)分類が日本では尾を引いているまま、国外では改訂が進められました。

日本の貝類の分類が「独自性を保っている」というより、鎖国状態であることが問題です。純国内産の種類を扱っている場合には問題はないのですが、国際間で移入種の問題を考えるときに混乱を生じます。
.......................................
<追記>

フィラデルフィアの自然史博物館サイトで収蔵標本をCorbiculaとTaiwanをキーワードで検索すると7件出てきます。(insularisとproductaは共に出てきません。)

227360 Corbicula      Shoka, Taiwan
      Corbicula      Taiwan, Kao-Hsiung Co., Chin-shan Dist., on Hi-wy 179
                    at Yuan-tan Bridge, 4 kil. S. of Kan-ting; in stream
      Corbicula      Taiwan, Miao-li Co., Tung-lo Dist., Chang-su village on
                    Rt. 117; in road side ditch
      Corbicula      Taiwan, Taipei Co., Santzu Dist., Bridge 19 on Hiwy 102,
                    in stream
227359 Corbicula      Tansui, Taiwan
227358 Corbicula woodiana Lea   Tansui, Taiwan
365459 Corbicula fluminea (Mueller)  Republic of China, Taiwan North Pacific Ocean

一番下の番号の数字が大きい(より新しい:ただし登録された時期)のタイワンシジミの1ロット以外は連続番号で、Leaが記載したらしいwoodiana以外は全て属だけです。

stream(小川)やditch(水路)で採集された標本は淡水産のシジミでしょう。

台湾のTansuiという地名は北部にある「淡水」で、淡水河があり、河口ではハマグリ漁業が行われています。汽水性のヤマトシジミも(シナ)ハマグリと一緒にいると思われますが、上の二つのTansui標本は上流の淡水シジミかどうかわかりません。

日本から続々新種を記録したPilsbryが現役時代の標本だったら当然槍玉に上がって、すべて種名がついていたはずです。残念ながら、フィラデルフィアの標本からカネツケシジミに関する情報を引き出すことはできません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-01 16:10 | シジミの仲間 Corbicula
<< カネツケシジミとタイワンシジミ カネツケシジミの話 >>