beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向のマシジミも卵を放出しました

一昨日の夜、日向市権現原の水路で朝に採集して室内の水槽に入れておいたマシジミが産卵しました。部屋を暗くしたすぐ後で産んだらしく、気がついた時には最初の卵割が終わって2細胞になっていたので、受精のタイミング(体内か体外か)を確認できませんでした。

今夜、まだ産み残し分が放出されないかな、と待っていましたが、空振りです。狙って待つとダメ、と言うのは生物の研究・観察ではいつものことです。

小林市、出の山のマシジミについて藤原次男さんは「放卵」することを「発見」して、貝類学雑誌(1975年)で報告しました。それは何故かというと、1936年に発表された宮崎一老の研究・観察では、マシジミは卵を体内に保育して仔貝を放出すると報告されていたからです。

汽水域のヤマトシジミは雌雄が別々で、それぞれが卵子と精子を水中に放出し、体外受精して幼生が発生します。それに対して淡水産のマシジミやタイワンシジミ(アメリカで観察)、そしてオーストラリアの淡水シジミは雌雄同体で同じ個体が卵子と精子をつくり、体内受精して仔貝として水底の砂に入るまで保育します(鰓の中に育房:カンガルーのお腹の袋みたいなものができている)。

河川環境に住む淡水産シジミでは、体外に卵子と精子を別々の個体から放出することは受精しそこなう危険があり、幼生が流されて海に運ばれて死ぬ恐れもある、ということから、河川に侵入する進化の過程で変化したものが生き残った、と想像されていました。

藤原さんの発見は、上のセオリーには違反ですが、湖では海と同じ繁殖生態でOKで、琵琶湖の淡水シジミであるセタシジミはヤマトシジミと同じく雌雄異体で体外受精です。

宮崎県のマシジミだけが卵の段階で放出する(産卵)のだろうか、という疑問が湧きます。実は、保育する鰓の袋のスペースに限界があり、卵を多量に産む場合には一部だけを保育して残りは追い出す、というのが真相のようです。ただし、受精は体内で(自家受精)起こるらしいと考えられています。

放出された卵は沈性で水槽の底に沈んでいます。
e0094349_2272843.jpg

マシジミで受精が内か外か、どちらで起こるかを確認するのはこれからですが、保育されないで放出された受精卵の2細胞から8細胞まで(摂氏25度で約2時間)を写真撮影しました。
e0094349_2224291.jpg

2個の受精卵がわずかな時間差で発生していたので、変化の様子が良くわかります。
透過光でなく、上から光を当てて撮影した映像は幻想的でした。その2細胞と4/8細胞期です。
e0094349_228571.jpg

e0094349_2282447.jpg

最初の卵割が不均等で、2細胞期の(割球)の大きさが大小になった「だるまさん」、次の4細胞期に「熊さんのお手手」みたいになるのは二枚貝で典型的な姿です。その後の卵割はねじれるのと、細胞が不透明なので写真で見てもわからなくなります。

<追加(9月4日)>

新しい個体をさらってきて新たな産卵を期待しましたが、卵ではなく、発生が進んだD型幼生を放出しました。
e0094349_1994424.jpg

発生段階から見て、同じ集団が1日に産卵したもののように思われます。つまり、室内で産卵した時と同じ頃、野外に残っていたマシジミも産卵したと思われます。

4日現在、発生が遅い個体は面盤を吸収し終わっていませんが、発生が進んだ個体で鰓と斧足が完成していません。すなわち、親から離れても一人前に餌を食べ、砂に潜る生活ができる段階ではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-03 22:14 | シジミの仲間 Corbicula
<< ゲンジボタルの幼虫 庭のポポーが熟しました >>