beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

黄色いヤマトシジミ

岡山県の3大河川、高梁川、旭川、そして吉井川のそれぞれの河口の汽水域でヤマトシジミが漁獲されていたのが、河口堰の建設で汽水域を失った高梁川では絶滅に近いようです。

吉井川の淡水シジミがどうなっているのか情報検索していたら、汽水シジミに黄色い殻のものが混ざっているという記事を見つけました。

LICOおかやま・くらしき
vol.2 吉井川の黄シジミ
http://www.lico.co.jp/okakura/content/view/387/53/

< 週末に出掛けると、川の浅瀬でシジミ採りをしている人の風景をよく見かけます。今回は、岡山県の三大河川の一つ、吉井川の特産物である「黄シジミ」を紹介。吉井川南部漁業協同組合理事の有馬久男さんにお話を伺いました。>

画像を見ないとわからないので、ちょっと拝借です。
e0094349_20594939.jpg

< 海水と淡水が交じり合う吉井川河口付近では、黒いシジミに混じって、黄色いシジミが採れます。これは土壌や水質などによって違ってくるそうで、砂地で育つと黄色味を帯びるのだとか。>

岡山の眼鏡屋さんのブログ:
幻の、吉井川の黄しじみ 2007年04月21日
http://senorya.seesaa.net/upload/detail/image/FI2596989_1E-thumbnail2.JPG.html

巨大シジミと巨大レモン)^o^( 201 0/11/28
作成者: cimy-dcm 2010年11月28日
こちらは、巨大シジミ! ハマグリではありませんよ
岡山は吉井川で採取したもの、でも採取地は企業秘密だそうです(^^)
http://cimy.nedia.ne.jp/wp-content/uploads/2010/11/DVC00043-225x300.jpg

別のブログで旭川のヤマトシジミにも黄色い殻のものが混ざっています。
旭川でシジミ採り 2010/5/18
http://blogs.yahoo.co.jp/hirai9378/50677967.html

昔、川ガニさんが味わった高梁川の汽水シジミもカラフルだったそうですから、岡山県のヤマトシジミは揃って見事な色を出していたということになります。

シジミ類の殻色の多様性のすばらしさがわかります。環境要因として底質の影響が大きいようですが、実験的に同じ親から生まれた稚貝を別々の環境で育てて結果を調べると面白いでしょう。

淡水シジミで黄色い殻ができる要因を明らかにする研究にチャレンジしてみたいと思っています。

岡山県水産試験場の平成22年1月の試験場便りの今月の話題として「シジミ浮遊幼生の発生状況」というものを見つけました。
http://www.pref.okayama.jp/norin/suishiken/suishidayori/1001dayori365.pdf

<本年度から吉井川河口域でヤマトシジミ生息環境調査に着手し, 浮遊幼生の発生状況についても調べている。>
(略)
<今回, 天然でシジミが再生産されていることを改めて確認したが, 近年, 調査水域の吉井川河口域では シジミが減少し, 放流しても漁獲に結びついていない。3 ヶ年の本調査事業で減少要因を解明し,シジミ資源の増殖に努めたい。>

ということですから、調査は現在進行中でしょう。

「放流しても漁獲に結びついていない」というのは、どこでも同じです。他所から持ってきて撒くと、寄生虫や病原体、天敵が一緒に来ますよ。アサリの放流でサキグロタマツメタの食害とウミグモ騒ぎ、そして原虫類の感染症が起こったのを忘れているのでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-13 21:04 | シジミの仲間 Corbicula
<< 松山市の淡水シジミ アシダカグモの交尾 >>