beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

松山市の淡水シジミ

愛媛大学教育学部の紀要(2008年、第55巻 97~103)に掲載された研究:

玉井直樹 外: 淡水産二枚貝マシジミ属Corbicula の教材化
http://www.ed.ehime-u.ac.jp/~kiyou/2008/pdf/12.pdf

これには松山市でマシジミとタイワンシジミが同じ用水路に共存しており、同様な個体数変動を観察したことが報告されていました。

そこで、愛媛大学の教育学部の家山教授(マメシジミなどを研究対象にされている貝類の専門家)にお願いし、地域集団間の比較のため、特に「稚貝の違い」を見るため、現地の貝の生きているサンプルを2箇所から提供していただきました。

本日午後、待望のサンプルが到着し、早速、同居している2種の仕分けをしながら、稚貝をより分けました。

下は松山市の市外にある田窪の水路で採集されたサンプルです。

殻の表面が黄色で殻頂の表面が剥げて下の層がピンクに見える個体がタイワンシジミです。
e0094349_2015384.jpg

この場所ではタイワンシジミがマシジミと同じくらいの勢力です。

同じ水系でやや下流の西林寺で採集された集団ではタイワンシジミが圧倒的に少数派でした。
e0094349_20172583.jpg

西林寺のサンプルに稚貝が多かったので、その集合写真を撮影しました。
e0094349_20192159.jpg

タイワンシジミの稚貝では殻の石灰質の本体に紫の色素が沈着していませんが、殻皮には筋模様が出ています。そして、その模様はマシジミにも共有されているようです。つまり、タイワンシジミではマシジミに出ている色・模様を濃く見えるようにする色彩が欠落していると思われます。

貝殻の形態で2種間に明白な差異はなさそうですから、タイワンシジミはマシジミから色落ちしただけの変異のようにも見えます。これが種間の差異であるかどうか、詳しい検討を要するでしょう。

松山産の淡水シジミの殻の形態的特徴は輪郭が丸くて左右対称に近く、その後マシジミのシノニム(異名)とされていますが「アワジシジミ Corbicula awajiensis」として1901年にPilsbryが新種として記載したものに一致すると思われます。(一緒にいるタイワンシジミも形態的にはほとんど同じです)

Pilsbryは本種を記載した論文に画像を出していませんが、下に本文をコピーしておきます。
e0094349_23545737.jpg

フィラデルフィア博物館にあるタイプ標本の情報がありました。
http://clade.ansp.org/malacology/collections/search.php?mode=details&catalognumber=89378

ANSP 89378 Corbicula awajiensis Pilsbry 1901
Kind of Type: Holotype
Counts: Dry: 0002 V
Locality: North Pacific Ocean Japan Chiba Prefecture, Honshu Noda, Awaji
Coordinates: 35 57 --N 139 47 --E Source:
Collector: HIRASE, Y. Date Collected: -- --- 1901
Type/Voucher data:
Date of publication: 1901 Publication: Proc. ANSP vol.pp.fig: 53:407

1 handwritten catalog records found
ANSP 89378 Corbicula awajiensis Pils.
Counts: dry: 12 V, alc: Original number: 143
Locality: Noda, Awaji, Japan
Depth: Elevation: Station number:
Collector(s): no data Date Collected:
Collection: Date Cataloged: 09 may 1905

ANSP 358424 Corbicula awajiensis Pilsbry 1901
Kind of Type: Paratype
Counts: Dry: 0006 V
Locality: North Pacific Ocean Japan Chiba Prefecture, Honshu Noda, Awaji
Coordinates: 35 57 --N 139 47 --E Source:
Collector: HIRASE, Y. Date Collected: -- --- 1901
Type/Voucher data:
Date of publication: 1901 Publication: Proc. ANSP vol.pp.fig: 53:407
.........................................
採集された場所が「千葉県」の淡路というのは県名の間違いでしょう。

<追記>

18日正午前に松山市西林寺のアワジシジミ(濃褐色の殻)が保育中の胚を放出しました。
e0094349_1315129.jpg

水槽内の密度が高すぎたため、ストレス反応を起こしたようです。

顕微鏡で確認したところ、桑実胚の段階のようでした。長径が約0.2mm の大きさです。
e0094349_1322916.jpg

<19日 午前5時>
発生が進んでトロコフォラになりつつあります。胚は繊毛運動により卵膜の中で回転しています。
e0094349_553258.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2011-09-14 20:24 | シジミの仲間 Corbicula
<< 台湾で日本のハマグリは侵略的外来種? 黄色いヤマトシジミ >>