beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイ湾のゾウゲバイの殻色型とその系統地理

貝殻の色彩に関する集団遺伝学の新しい論文を探し回って、非常に面白い報告が出ているのを見つけました。

研究対象はタイ国で重要水産物になっている巻貝Babylonia areolata、和名はゾウゲバイです。下が論文のタイトルとpdfファイルのURLです。全部英語で書かれています。

第一著者Watcharasuda HualkasinはPrince of Songkla大学、理学部生化学科に所属していたようですが、送ったメールの返事がこないので現在の消息がわかりません。

Phylogeography of Ivory shell (Babylonia areolata) in the Gulf of Thailand
revealed by COI gene structure and differentiation of shell color by ITS1 DNA
Watcharasuda Hualkasin 外
Songklanakarin J. Sci. Technol. 30 (2), 141-146, Mar. - Apr. 2008
http://www.rdoapp.psu.ac.th/html/sjst/journal/30-2/0125-3395-30-2-141-146.

バイの仲間は日本では宴会料理で定番となっている巻貝で、アジア各国から輸入されています。しかし、タイ国でこの種の需要が大きく、日本に輸出されていないだろうと思われます。

Prince of Songkla大学のPattaniキャンパスでは水産海洋生物学の研究が盛んで、それを支援する一環として貝類図鑑が2001年に出版されています。

The Molluscs of the Southern Gulf of Thailand
著者:C. Swennen 外 The Biodiversity Research and Training Program の刊行物

この本のカラーグラビアに、砂浜海岸でリュウキュウナミノコ(一緒にナミノコガイとさらに同属のもう一つの種も)を採取している地元民の姿があります。ナミノコガイの仲間は貝殻の色彩が極めて多様です。
e0094349_16241536.jpg

沖縄でも昔は美しい砂浜でこのようにナミノコガイ類が採れたはずですが、今や人工ビーチでハブクラゲ除けのネットの中でしか遊べません。

本題のゾウゲバイはこの図鑑の中で濃い色のスポットがある型だけ掲載されています。
e0094349_16292029.jpg


以下に論文から図表をコピーして、研究内容の概略を紹介します。

論文の中にあるゾウゲバイには3つの色彩型があります。
e0094349_16301361.jpg

斑紋が、①茶色、②クリーム色、③白色の3つの型です。

論文の中の地図が薄い線で海岸線を描いていて、スキャンしても良く見えません。そこで、別の地図を借りて、ゾウゲバイの集団が採集された4地点:タイ湾北部のPhetchaburiとRayong, 南部のSongkhlaとPattaniの位置を示します。
e0094349_1636289.gif

以上の4集団について面白いことは、北部の2地点では茶色の斑紋がある型のみですが、南部の2地点では3つの型が揃って集団を形成していることです。

貝殻の分類では、形は同じでも色違いの貝をそれぞれ別の種類と見なしていた時代がありました。それは同種の集団内において個体による色彩型の差異があることを認識しなかったからです。

色彩型が地域集団ごとに違っている場合は別種のままにされることもあります。例えば、太平洋に分布する巻貝の一種マガキガイ(形がイモガイ類に似ているが別のスイショウガイ科に属する、沖縄ではテラジャーなどの方言名がある)は巻いた殻の内側の口の開いた部分が鮮やかな赤色ですが、インド洋では白色、つまり色が出ませんので別種とされています。

タイ湾のゾウゲバイの斑紋の3つの色彩型は、おそらく茶色が優性で白色が劣性のホモ接合体、そして中間色のクリームはヘテロ接合体ではなかろうか、と見ています。この点を論文では考察していなかったので、著者に質問のメールを出しておきました。

さて、この論文の著者達は遺伝子解析をかなり詳細に行っていて、それを色彩型の分布パターンが地理的に異なっている背景を探りました。

COI遺伝子の塩基配列を比較して、4箇所それぞれの場所の集団間の類似度を数値化し、それを結合する枝分かれ図を作っています。
e0094349_1652515.gif

これによると、北西部の茶色だけの集団と残りの3集団が別々の枝に別れ、3集団はさらに北部の茶色と南部の3色混合の2集団に分離しました。なぜ北の茶色だけの2集団が同じ枝に入らなかったのか、その考察は逃げています。

重要なことは、4集団がそれぞれ個別の枝に分かれていて、混ざり合っていないこと、そして距離的に近い集団同士の類縁関係が近いことです。つまり、それぞれの間で遺伝子が入り混じっていません。ゾウゲバイの発生は、種苗生産が行われていることでわかっています。そのデータがあるのに論文では参照していません。屋内の研究室で分子遺伝を調べている研究者が実際の野外とか世の中のことに疎いのは困りますが、査読者が指摘して改善するべきでしょう。

Poomtong, T. and J. Nhongmeesub. 1996.
Spawning, larval and juvenile rearing of Babylon snail (Babylonia areolata, L.)
under laboratory conditions.
Phuket Marine Biological Centre Special Publication 16 : 137-142.

上の報告にある、卵のうの中の幼生とベリジャー幼生の写真です。
e0094349_17181114.jpg

浮遊幼生(ベリジャー)の浮遊期間は3週間程度ですから、もっと入り混じっていてもよさそうなものです。

それぞれの集団について、殻の色彩型と雌雄によるCOI塩基配列の2つの位置の比較表です。
e0094349_16495610.gif

雌雄には関係なく、4つの集団で2箇所のA(adenine)とG(guanine)の組み合わせが場所ごとに違うという綺麗な結果がでていました。

次に、3色の型が共存する南部の2集団について、解像力が高いITS1遺伝子で色彩型と塩基配列の差異を調べています。
e0094349_17314029.gif

4つの位置での6つの差異の組み合わせが見つかり、色彩型との対応が部分的にありました。白色型が2集団で一致していますが、外で微妙な差異があるので、肉を検査して色を識別するマーカーは未完成です。

以上のように、分子集団遺伝地理の技術を使った研究が最近発展中です。

淡水シジミ類では貝殻の表現形質と分子遺伝とがまだ整合されていません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-18 16:24 | その他の貝類
<< マシジミのトロコフォラ(孵化前) 岡山県吉井川水系の淡水シジミ >>