beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第1回(1977年)のシジミの国際シンポジウム

シジミの仲間は世界的に広く見られる二枚貝類です。南北アメリカ(と西ヨーロッパ)では化石が見つかっていましたが、現生種はいませんでした。ところが淡水シジミが侵入して急速に生息範囲を拡大し、大発生して特に発電所などで水路障害トラブルをもたらしました。さらに侵略的外来種として在来の淡水産貝類に悪影響を及ぼすことも懸念されました。特に北アメリカは淡水の二枚貝類の多様性が極めて高いことが知られています。

カナダのバンクーバーで1920年代に死殻が見つかった(当時から半世紀以上の間、カナダでは生きている貝は確認されずにいたが、最近になって生きているシジミの集団が見つかっている)のを皮切りに、西海岸の北部で1940年代(実際に移入したのは1930年代と想定されている)に定着し、それから数十年で南部諸州を中心に東海岸まで広がった淡水シジミは、形態・色彩が単一ではなかったことから分類が混乱し、どこからやって来たのかわからない事態となっていました。

1977年にアメリカのテキサスで開催された国際シンポジウム(と言ってもアメリカとホンコンの研究者だけ:西ヨーロッパに淡水シジミが進出したのは1980年代から)では、分類の混乱を整理することが主題の一つでした。その主役を演じたのがホンコン大学のBrian Mortonです。彼はアジアの淡水シジミは単一種であるという極端論を主張しました。つまり、(汽水種を除いた)マシジミやタイワンシジミなど当時までに記載された数百種の淡水シジミはすべて同種であって、一番古く(1774年に)中国から記載されたタイワンシジミCorbicula fluminea (このラテン語の意味は「川」)を当てることを提案しました。

このシンポジウムが開催された当時は、まだPCR(DNA増幅)の技術が実用化されておらず、簡便に遺伝子の塩基配列を読み取ることはできなかった時代です。そして、分子集団遺伝解析としては酵素多型を調べる技術が発展していました。アメリカに現れたシジミのルーツを追うために、この技術が使われた研究報告がシンポジウムの発表論文の一つになっています。

論文集は1979年に出版されました。一般の学術雑誌であれば国内の大学図書館などで見つけることができますが、単行本となっている論文集を見るためには現物を見る必要があります。日本では見つからず、海外の古書検索サイトで運よく1冊販売されていたものが、昨日配送されてきました。

その表紙です。
e0094349_1174167.jpg

論文報告の著者とタイトルは

M. H. SMITH 外 1979年
Genetic variability in Corbicula, an invading species, p. 244-248.
In. J. C. Britton (ed.). Proc. First International Corbicula Symposium.

以下、本文の画像です。
e0094349_1214429.jpg
e0094349_1215590.jpg
e0094349_122619.jpg
e0094349_1221645.jpg

下の表はクリックすれば拡大して細部が読めます。
e0094349_1222418.jpg

アメリカの5集団はカリフォルニア、テキサス、アーカンサス、テネシー、南カロライナの諸州で採取されたサンプルです。これらの集団間にはこの研究で調べられた酵素について、すべて均一であり、ヘテロ接合が検出されませんでした。このようなことはクローンであって、地域的に未分化の集団でなければ見られないはずです。これをもとに、アメリカへ移入した集団は単一の集団が起源であったのではないかと推測されました。

アメリカでは地域的に殻の形態と色彩が異なるので、複数種が移入していると想像されていましたが、この結果はその想定を覆したわけです。

日本集団は東京近郊、フィリピンの2集団は共にマニラ近郊からで、ホンコン集団の場所は記述がありません。上のデータから、マニラとホンコン集団はアメリカ集団にもっとも近く、日本集団は遺伝的にかけ離れている結果が出ています。さらに、集団内の遺伝的多様性は日本集団で高い値が得られました。(もしかしたら日本の別種である汽水のヤマトシジミが比較対象に使われたかのかも知れません:検体の殻の標本が博物館などに残されていたら確認できますが、なにしろ古い仕事ですからサンプルの発掘はあまり期待できません。)
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-22 01:29 | シジミの仲間 Corbicula
<< 第2回国際シジミ・シンポジウム... アゲハモドキ再来 >>