beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイ国の淡水シジミ

Kijviriya, V., E.S. Upatham, V. Viyanant and D.S. Woodruff.
Genetic studies of Asian clams, Corbicula, in Thailand: allozymes of 21 nominal
species are identical.
American Malacological Bulletin 8(2):97-106. (1991).

この論文はタイ国内の全域から淡水シジミ類のサンプルを集め、その酵素多型(アロザイム分析)で遺伝集団を調べたものです(第一著者の博士論文となったもの)。
e0094349_1652783.jpg

上の要約を簡単に言えば:タイ国内で過去に分類され、記載された淡水シジミ類は全部で28種類あり、そのうち21種類の形態や色彩が異なる貝を全国的に集めて集団遺伝学的、そして解剖学的に調べた結果として全てが同一種であり、(Corbicula fluminea、和名:タイワンシジミ)しか認められない、という恐ろしい話です。

研究試料はタイの40箇所から集められました:下がその地図です。
e0094349_16544093.jpg

対象となった種類の学名リストです(タイワンシジミを除いた20種の種名です)。
e0094349_16565373.jpg

アロザイム分析に使われた酵素のリストを下の表に示します。
e0094349_16553353.jpg

次は分析結果の一覧表です。
e0094349_1656921.jpg

この研究が行われた当時は淡水シジミ(タイワンシジミとマシジミ)がクローン繁殖をしていることは解明されていませんでしたが、前に紹介したアメリカに移入したシジミの場合と同様に、タイ国のシジミも遺伝的多様性が極めて低いことから自家受精による繁殖が想定されました。

殻の色や形が異なっていたことから、過去に10名の分類学者が貝殻だけの識別で21種に分けていたのですが、集団遺伝学的には識別できなかった、という話です。同じ著者による軟体部の比較検査でも、これら21種が別種であると認識できるような差異は見つかりませんでした。9名の学者が記載した20種の「新種」が消滅ということです。

アロザイムを使った研究手法でアメリカで調べられたアジア各地(フィリピン、ホンコン、日本)のシジミの遺伝的な多様性の結果と比較して論議している部分で、日本のサンプルが特にかけ離れていることに著者達は注目してコメントしています。その部分の文章を紹介します。
e0094349_1794352.jpg

この研究でタイのシジミの結果と比べた日本産シジミの異様な差異から、その繁殖生態が異なるのではないか、という推測をしています。アメリカで比較研究した結果を報告したSmithは、日本のシジミは別種ではないかと疑っていました。

私の推測は、日本からアメリカに運ばれ、分析試料に使われたのは淡水シジミではなく、汽水域に分布し、雌雄異体で通常の有性生殖をするヤマトシジミだったのではないか、と考えればつじつまが合います。この点を日本のマシジミとヤマトシジミを使って追試して検証すると面白いでしょう。
............................................................................................
初見真知子 外 (1995)
シジミ類 3 種の系統とヤマトシジミ個体群のアイソザイム多型
貝類学雑誌 (Venus) 54 (3), 185-193
<論文要旨>
シジミ類3種, ヤマトシジミ, セタシジミ, マシジミの系統関係と, 種内集団間の遺伝的分化を解明するためにアイソザイム多型を分析した。ヤマトシジミは多型的で地理的分化も進んでいたが, 亜種として区別するほどの分化ではなかった。琵琶湖内に固有のセタシジミより単型的なマシジミには地理的分化が見られなかった。根井の遺伝的距離をもとに系統樹を作成した結果, ヤマトシジミの祖先種が分岐した後にセタシジミとマシジミそれぞれの祖先種が分岐したことが示された。
................................................................................................
酒井 治己 外 (1994)
日本産シジミ属3種の遺伝的類縁関係
日本水産学会誌 Vol.60 (5), 605-610
<論文要旨>
Seven populations from 3 species of corbiculid freshwater bivalves in Japan,
Corbicula leana (triploid), C. sandai (diploid) and C. japonica (diploid) were
electrophoretically analyzed at 12 isozyme coding loci. C. leana populations
had monomorphically the same allele as the most (11 loci) or the second most
(one loci) frequently observed allele of C. sandai at all loci analyized. The allelic
displacement was seen at 6 loci between C. japonica and the other two species.
It was supposed from the dendrogram of Nei's D value that the lacustrine C.
sandai had first speciated from the brackish C. japonica and then the fluvial
C. leana had derived from C. sandai through triploidization.
......................................................................................................
(注) 同じ機能を持ちながら,構造にちがいのある酵素をアイソザイム ,アイソザイムのうち,同一遺伝子座によって支配される酵素群をアロザイムとよぶ.
[PR]

by beachmollusc | 2011-09-24 17:15 | シジミの仲間 Corbicula
<< 筑後川のシジミ 島根県、高津川水系と周辺の淡水シジミ >>