beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

福井市の用水路のシジミ

福井市自然史博物館の研究報告に外来シジミ、タイワンシジミの福井市での出現が記録されています。

内藤由香子(2008)
福井市内の芝原用水で確認されたタイワンシジミCorbicula fluminea(Müller,1774)
福井市自然史博物館研究報告 55:139-140
http://www.nature.museum.city.fukui.fukui.jp/shuppan/kenpou/55/55-139-140.pdf

2008年9月の調査で、(福井市内を流れている)芝原用水で調査し、殻の色が黄色で噛み合わせ部分が紫色になる典型的な「カネツケシジミ」が多く、殻色がオリーブ色で内面が紫色になるマシジミに似た型が少数含まれていた、と記録されています。

この調査から3年経過していて、その後のフォローも無いようなので、日本海産ハマグリの仕事仲間である博物館のA学芸員さんに問い合わせました。

Aさんが以前の発生地に近い場所で網ですくって10月6日に採集して送ってくださったサンプルが本日到着です。現場で採集された死殻も他の貝も一緒に来たので、仕分け作業を楽しむことができました。シジミと一緒に届いたカワニナの殻形態が九州で見慣れている形とかなり違っていました。

採集地の写真をメール添付で送っていただきました。
e0094349_19491353.jpg
e0094349_19492132.jpg

黄色いシジミはよく目立っています。

送られてきた生きているシジミはすべて小さく2センチを超えるものはほとんどありません。そして、総計1000個体を超えていて大漁です。(2センチより大きい殻はすべて空)

黄色い型と紫色が内面に見える型(その型はさらに、より色が濃いものと薄いものの二つの亜型に分かれます)の比率が3:2となっていました。つまり、「カネツケ型」とされているものの方が多いのですが、3年前に少数派だった「マシジミに似た型」も負けていません。

3つの色彩型の写真です:
e0094349_1951999.jpg

これらのもっと小さい時の写真を見比べてください。
e0094349_1952413.jpg

濃い紫色が殻の内面に広がる前の段階で、マシジミの稚貝に特有な斑紋が出て広がっているものと、斑紋は同様で、色素沈着が薄いもの、そして両側の端の殻の噛み合わせにそって出る斑紋だけが出る「カネツケ型」になるものの3つが区別できます。カネツケの斑紋は他の2つの型でも出ていますが、内面の色彩と被っています。

「マシジミに似た型」のシジミはマシジミの斑紋を発現していて、「カネツケ型」はその斑紋の大部分を発現していない、という差異が認められます。マシジミ型をなぜマシジミと認めなかったのか、私にはわかりません。

死んだすぐ後の稚貝の殻を見ると殻に出る斑紋の様子が良くわかります。(内側から見たものと外側からの写真をどうぞ。)
e0094349_20211293.jpg
e0094349_20212195.jpg

外側から見える放射状の褐色の帯は殻皮に出る模様のようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-08 19:59 | シジミの仲間 Corbicula
<< 耳川本流の淡水シジミ 北上川のヤマトシジミ >>