beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

耳川本流の淡水シジミ

本ブログのコメント投稿数No.1の羊さんから「耳より」な情報提供がありました。「耳川」の本流でシジミ採りをする人々がいるという話です。場所は日向市東郷町八重原(はえばる)橋付近です。その場所は河口から直線距離で12キロ上流に位置し、現地の標高は約30mです。

耳川の河口付近の気水域ではヤマトシジミの漁業権が設定されていますが、川の本流について淡水シジミに関する情報は初めてでした。そこで北川の本流の淡水シジミの探索に出かけるより前にこちらを調べました。

先週木曜日(6日)に現地に向かい、八重原橋のすぐ脇で、川べりの国道327号線に面した床屋さん(屋根が崩れ落ちそうな危ない建物)があったので、暇そうなご主人に耳川のシジミについて聞いてみたら、知り合いの川漁師が近くの迫野内の集落に住んでいると言って電話で連絡を取ってくれました。漁師さんは幸い在宅だったので本人から耳川のジジミ漁についてあれこれと話を聞くことができました。

漁獲したシジミは近所の売店で販売しているそうですが、人気があって、予約する人も多いそうです。 しかし、漁場が砂が堆積しているごく狭い場所に限られ、増水した時は漁ができず、できるときでも胴長をはいてジョレンを使って、1日10キロもとれないそうです。

耳川の本流以外に近所の小川などにもシジミがいるかどうか聞いたら、いないという返事でした。 外にも漁をする人たちはいるが、自家消費程度だろうといっていました。川水が少ないとき(浅い部分が干上がるとき)は漁師以外の近在の人たちが出てきて少し採っているそうです。

6年前の大洪水の後は数が減っていたが、最近は回復しているとのことです。 昔は沢山いて、子供のころから耳川のシジミを食べていると言っていました。

黒田さんは外見は60歳代(後で聞いたら年金受給者)なので、半世紀前から現在まで耳川シジミは続いているのでしょう。

権現原の浄水場水路の耳川からの取水口は、漁場の下流になりますから、水路のシジミ集団とは直接つながっていると思われます。

6日当日は耳川が増水していて漁はできないが、来週はじめくらいにはできるかもしれないので、シジミ調査のために少量とっておいてくれると約束してもらいました。

本日(10日)の昼前に迫野内の漁師さん宅を再び訪問したら、行き違いになったらしく、ご本人は不在で鍋に入ったシジミが先日話を聞いた場所に置いてありました。
e0094349_1754459.jpg

e0094349_1784713.jpg

殻の長さ2センチ半前後で粒がよく揃っていて、外側は緑がかった黄色いシジミです。日本各地の典型的なマシジミに比べると殻の高さが(長さに対して)相対的に高い特徴があります。

庭においてあった漁具の貝ジョレンを撮影しておきました。
e0094349_1793454.jpg

小さい貝は逃がし、粒を揃えているそうです。採集後は近所の綺麗な湧き水の中で砂を吐かせてから出荷すると言っていました。

ご本人はなかなか戻ってこないので待ちぼうけでした。そこへ妹さんがやって来て連絡がとれ、シジミを引き取ってもどりました。全部で79個体あったので、今晩中に50個をDNA検査用にアルコール固定し、残りは飼育して稚貝を放出するかどうか確認します。
e0094349_17133541.jpg

身が大きいので固定用アルコール(無水エタノール、薬局で500ミリリットル1本が2000円近くて高価)をたっぷり使う羽目に陥りました。大きくて立派な蜆はありがたいのですが、うれし泣きです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-10 17:17 | シジミの仲間 Corbicula
<< シジミの稚貝を飼育する方法 福井市の用水路のシジミ >>