beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

沖縄産淡水シジミの第3弾

沖縄本島の中で移植放流が行われた話があった有銘川のサンプルが昨日届きました。S君が地元のオバーから聞いた話によると、島の北部で西海岸に向けて流れている与那川のシジミを北部の東海岸に流れ出る有銘川に放流したとのことです。
e0094349_9501019.jpg
e0094349_9501758.jpg

上は普通サイズですが、今回のシジミは最大で殻の長さが34ミリというかなりデカイのがいました。下の写真は3センチの大きさで、殻の表面の中央から周縁部を覆っている殻皮がビロード状で光沢があります(まるでイシガイ類のようにも見えます)。
e0094349_9545684.jpg

稚貝の最も小さい個体が6ミリだったのでマシジミ特有の帯状の放射3本筋が良くわかりません。しかし、どうやら中央の帯が無いみたいです。
e0094349_9584020.jpg

比較のため日向市の権現原のマシジミの稚貝(5ミリ未満)に出る放射状の3本の帯です。
e0094349_16135153.jpg

日向のマシジミは大きさが5ミリを超えると殻の内側一面に紫色が広がり、外から見ると青みがかかった色になります。この大きさの殻はかなり横長で楕円形の輪郭を見せるのも特徴です。
e0094349_1616989.jpg

沖縄で、予想ではタイワンシジミ(型)だけが出現するだろうと思っていたのに、3箇所からそれぞれ異なる集団が出たばかりでなく、マシジミのようでいてマシジミとは思えない、とても変な淡水シジミまで出現しました。

多様性に富んでいてすばらしいのですが、何がどうなって、こうなっているのか、何もわかりません。たかがシジミということで、貝類の分類専門家が軽視してきた歴史を反映させていて、昔の情報がほとんどありません。

そもそも沖縄本島に昔から淡水シジミが生息していたかどうか、という悩ましい問題があります。黒田徳米の沖縄群島産貝類目録(1960年出版)にマシジミもタイワンシジミもどちらもリストアップされていません。

沖縄には在来らしいカワニナが生息しているし、外にも淡水産の東アジア広域分布の貝類が色々いるようです(もちろん、ヤマトーにはいない熱帯性の水生生物が沢山生息していて絶滅危惧種だらけですが、その代わり外来種は大繁栄)。

沖縄のメダカが古来からのものかどうか、専門家の間で議論があるようです。メダカについては日本全国、そして近隣諸国の集団を徹底的に調べている人たちがいます。「淡水魚類地理の自然史」(渡辺勝敏・高橋洋、編著、北海道大学出版会、2010年)という本に(第7章 メダカの高精度系統地理マップをつくる、竹花佑介)があり、九州と沖縄本島間で遺伝的分化はほとんど認められないそうです。移入説を出したOさんが「ダッカラヨー」と言いそうな結果です。

ギンブナという雌性単為生殖するおなじみの魚について、琉球大学出身の高田未来美さんが粘り強く頑張って研究していた成果が最近発表されました。英語の論文で、東大海洋研から紹介の情報が出ています。

世界にひろく分布するフナは3 種に大別することができ、ゲンゴロウブナ(Carassius cuvieri)は日本の固有種、ヨーロッパブナ(C. carassius)はヨーロッパの固有種、その他のいわゆるフナ(C. auratus 種群、以下フナ)は台湾や日本列島などの大陸縁辺部を含むユーラシア大陸全域に広く分布する種であることが明らかになりました。さらにフナは、7 つの地域固有系統を含む2 つの大系統に分かれており、生息域毎に遺伝的に分化した地域固有系統が分布することが明らかになりました(図2)。

発表論文

“Biogeography and evolution of the Carassius auratus-complex in East Asia”
(Mikumi Takada, Katsunori Tachihara, Takeshi Kon, Gunji Yamamoto,
Kei'ichiro Iguchi, Masaki Miya and Mutsumi Nishida)
BMC Evolutionary Biology, 2010.
http://www.biomedcentral.com/1471-2148/10/7.

[和訳]
表題:「東アジアのフナCarassius auratus種群の生物地理と進化」
著者:高田未来美1,2,立原一憲2,昆 健志1,山本軍次1,井口恵一朗3,宮 正樹4,西田 睦1
1東京大学海洋研究所;2琉球大学;3中央水産研究所;4千葉県立中央博物館
http://darwin.ori.u-tokyo.ac.jp/Nishidalab/news/press_release_funa.pdf

琉球のフナは中国大陸由来の系統とされていますので、メダカとは違っています。それにしても、誰かカワニナをちゃんと調べて欲しいものです。

沖縄の淡水シジミの集団サンプルが3箇所から集まったので、混乱が一挙に拡大しました。

第1弾の石川川の集団は外見(殻が縦長)からタイワンシジミかと思って殻を開いてみたら典型的なマシジミの色彩型でした。タイワンシジミのマシジミ色彩型とするかどうか。

第2弾の大保川の集団は形態・色彩は真っ当なタイワンシジミ型でしたが、50個中の1個だけマシジミ型が混在していました。(なんてこった)

第3弾の有銘川の集団は殻の形は横長のマシジミ的で、色彩もマシジミ的ですが、マシジミの稚貝の特有の斑紋が読み取れません。そして殻皮の性状がマシジミとはまるで違うようです。マシジミに見えるエイリアンと言った貝で、種類がわかりません。

DNA解析をする前に系統地理の仮説を立てる必要がありますが、これでは手も足も出ません。

<追記>

琉球大学の資料館(風樹館)のコレクションをオンライン検索してみました。

沖縄本島で採集されたマシジミの標本が3ロットありましたが、全部同じ地域です。

ID: RUMF-ZM-02722 1989/05/13 大宜味村喜如嘉 備考: 合5
   RUMF-ZM-02723 1992/05/29 大宜味村喜如嘉 備考: 合7、展示
   RUMF-ZM-02724 1992/10/14 大宜味村喜如嘉、水田、水路 備考: 合11

タイワンシジミの標本は5ロットありました。(外に石垣島から1ロット)

ID: RUMF-ZM-02726 (採集年月日記載なし) 沖縄島福地ダム 備考: 合40
   RUMF-ZM-02727 (同上) 沖縄島天願川中流 備考: 合4
   RUMF-ZM-02728 (同上) 沖縄島比謝川下流 備考: 合44
   RUMF-ZM-02729 1992/08/17 宜野湾市大山、田芋畑、水路 備考: 合12
   RUMF-ZM-09195 2010/11/28 名護市奈佐田川 備考: 合2

マシジミが繰り返し採集された「大宜味村喜如嘉」は、第2弾大保川の流域に北側で接した川の下流です。大保川の淡水シジミは(混在した1個体を除き)タイワンシジミ型でしたので、その近くでマシジミの存在が認められていることは注目すべきことでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-15 09:57 | シジミの仲間 Corbicula
<< ハートの枕 タイワンシジミの料理法 >>