beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

南米に移入したアジアのシジミ類

中国の雲南省、昆明の湖で採取された淡水産シジミの一種、Corbicula largilliertiについて調べています。

日本でこの学名の種は(間違って)「バチシジミ」と呼ばれているようですが、原産地および移入した南米産の図や写真を見ると「バチ」型ではなく、丸っこい殻の輪郭です。

これは原産地と移入地でタイワンシジミと同所的に生息していますが、2種の間の主な差異は殻の上に刻まれている輪肋が密になっているのがlargilliertiで粗いのがfluminea(タイワンシジミ)です。

注文した中国の淡水貝類図鑑が届くのは1週間先でしょうが、オンラインでその図鑑に載っているこれらの線画があります。前に紹介しましたが、この2種を再度引用します。

ECONOMIC FAUNA SINICA OF CHINA - Freshwater Mollusca
By LIU YUE-YING, ZHANG WEN-ZHEN, WANG YUE-XIAN, WANG EN-YI
Science Press, Beijing, China 1979 

Corbicula fluminea (Müller, 1774)
e0094349_8313445.jpg

Corbicula largillierti (Philippi)
e0094349_8314316.jpg


殻が「バチ」の形をしている種はCorbicula fluminalis(タイリクシジミ)や、琵琶湖特産のセタシジミです。日本では台湾のCorbicula insularisを「カネツケシジミ」と呼んでいますが、これも原記載を見ていないための誤認のようです。和名と学名の不一致が分類の混乱に拍車をかけています。

最近の学術論文は研究対象のカラー写真を掲載してくれるので、どのような実験材料を扱っているのかを見ることができます。分子系統の研究者は得てして形態による分類に疎いようですが、わかりやすい画像を掲載していれば、混乱を回避できるでしょう・

分類が混乱し続けていた、アジア原産の南北アメリカ大陸の各地に移入した淡水シジミ類について、分子系統解析で整理する試みが欧米の研究者によって行われています。残念ながら、彼らは原産地のサンプルをほとんど分析試料に使っておらず、日本と韓国で調べられ公表された分子遺伝情報を利用していますので、分類が食い違っているようです。

アメリカで行われた研究成果の中で分子系統図に貝の画像や精子の形態などの情報が組み込まれていましたが、それを見るとflumineaとlargilliertiを中心にしていることがわかります(論文では種名を使わずに番号で識別しています)。

Taehwan Lee 外 (2005年)
Invasion of the clonal clams: Corbicula lineages in the New World
Amer. Malac. Bull. 20: 113-122113
----------------------------------------------------------------------
Abstract: Unknown in the New World prior to 1924, members of the exotic
bivalve genus Corbicula now ranges from Michigan to Patagonia and are
among the most common freshwater molluscs in the Americas. Michigan
populations are triploid and share a distinct shell morphotype (Form A),
mitochondrial (mt) haplotype, and nuclear ribosomal genotype with New
World populations spanning temperate, subtropical, and tropical watersheds
over 85° of latitude. Two additional mt and nuclear ribosomal lineages
were detected in a minority of New World populations; all three produced
biflagellate sperm, a morphological marker for clonality in this clam taxon.
Two of 12 New World samples exhibited qualitatively distinct nuclear/organellar
genetic disjunctions. One of these (Iguazú Falls) appears to have resulted
from hybridization, but the other (Rio Grande Form A) appears inconsistent
with hybridization, and we propose that it may have resulted from in situ
androgenetic clonal capture. These clones of Corbicula are but several of
hundreds of recent New World freshwater exotics. Their extraordinarily rapid
bicontinental spread may well be a portent of things to come. We anticipate
that over the next decades many other New World freshwater exotics will
gradually attain extensive bicontinental distributions.
...........................................................................................................................
(以上、論文要約を引用)

下の画像は上の論文を図としてまとめているものです。
e0094349_8461899.jpg

New World Form Aはもっとも広く分布しているタイワンシジミに相当していると考えられます。注目したいことは、その中に日本のマシジミが(同一の遺伝子型として)含まれていることです。

そしてNew World Form BがCorbicula largilliertiでしょう。これは北アメリカではリオ・グランデとユタ州で出現した試料です。この研究では分析に使われていませんが、形態的に同じと見られるものは南米で広く分布しているようです。その例としてブラジルから報告された2種の良い写真がありますので引用します。

André Ribeiro Castillo 外 (2007年)
Moluscos bivalves da localidade de São Marcos, bacia do
Médio rio Uruguai, Uruguaiana, Brasil
Biotemas, 20 (4): 73-79
e0094349_9301145.jpg

e: fluminea; f: largillierti (他の淡水産の在来種の写真は省略)
上の写真は殻の外面と内面の両方を示しているので良い情報提示ですが、2種の形態的な違いが輪肋の密度にあることがよくわかります。

南米ではアルゼンチンのラプラタ川水系で1970年代までに淡水シジミ類の移入が認められましたが、ブラジル、特にアマゾン流域での発見は比較的最近の出来事です。

下のアマゾンからの報告では淡水シジミ類が3種類出現していて、すでに紹介した2種の外、「バチ」型のfluminalisと似た種も加わっています。

DS Martins 外 (2006年)
Morphological aspects and incubation in three species of Corbicula Mühlfeld,
in Guaíba Lake, Rio Grande do Sul, Brazil (Bivalvia, Corbiculidae).
Biota Neotropica v6 (n2) –http://www.biotaneotropica.org.br/v6n2/pt/abstract?article+bn02806022006Aug 2006
下に論文で示された3種の画像を引用します。
Corbicula fluminea (Müller, 1774)
e0094349_9561790.jpg

Corbicula aff. fluminalis (Müller, 1774)
e0094349_9562491.jpg

Corbicula largillierti (Philippi)
e0094349_9563137.jpg

原産地と移入した南北アメリカでは、タイワンシジミとこの中国産シジミの2種がセットになっていることが多いのですが、日本各地から集まった淡水シジミ類の中にlargilliertiと思える種は見つかっていません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-18 10:02 | シジミの仲間 Corbicula
<< 旅行中 ハートの枕 >>