「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

筑後川水系のシジミ類 その2 馬場川

10月21日の午後、雨が断続的に降る合間をぬって、佐賀県神崎市内を流れている馬場川のシジミ類を探しました。

事前情報として、三重大学の古丸ほかが養殖研究所の報告で馬場川のシジミ類について調べた結果を見つけていました。

Komaru, A.; Konishi, K.; Kawamura, K.; Sakai, H. (1998)
Bulletin of National Research Institute of Aquaculture (no.27) p. 37-41
Morphological remarks on a Corbicula species collected in Saga prefecture, Japan

Abstract: Shell morphology of freshwater Corbicula specimens collected from
Saga Prefecture, southern Japan was considerably different from that of C.
leana Prime. The anterior lateral teeth (ALT) of the Saga specimens is narrow
in width and sharp in ridge angle while that of C. leana collected in Mie is wide
and blunt; mean ratio of basal width to height of ALT was 0.69 in Mie and 1.34
in Saga specimens. General morphological feature of the Saga specimens closely
resembles that of a Chinese species C. fluminea (Mueller) collected from Taiwan.
Further studies on such as mode of reproduction, chromosome number in
Corbicula species should be required for specific identification.

この報告は、要するに、佐賀県(馬場川)で採取された淡水シジミ類がマシジミと異なる形態であり、台湾で採集されたタイワンシジミと似ているということです。それ以上は追求されておらず、染色体の(数と要旨には書いてある)倍数性を調べたり、繁殖様式を調べないと種の判断はできない、としています。

種の判別についてですが、マシジミとタイワンシジミは染色体も繁殖様式も基本的に共通ですから、論文要旨の締めくくりはナンセンスでしょう。 そもそも、マシジミとタイワンシジミが別種であり、その明確な判別ができることを、誰も科学的に説明していません。

せっかく集めたサンプルについて、形態が自分たちの地元の集団と違っていたということで「おしまい」では迷惑千万な報告です。そこで、おせっかいにも追跡調査をやっています。

地域が変われば同種でも異なった特徴を示すことは「チクゴシジミ」の例でも明らかですから、有明海に流れているという日本では特異的な環境に生息する淡水シジミがどのような特性を示すのか、明らかにする必要があります。

馬場川は神崎市の市街地を流れていて、市役所の脇に親水公園がつくられています。
e0094349_19425517.jpg
e0094349_1943312.jpg

公園には川の中に踏み石があり、それを渡って反対岸に出ることができます。
e0094349_19444983.jpg

この踏み石の支えのおかげで流れの陰になった部分に砂が溜まり、砂の中にイシガイやカワニナと共にシジミが生息していました。周囲で水中に植物が成育している場所は泥が堆積していてシジミはいません。川底はコンクリートであって、いわゆる3面張りの水路になっています(採集したシジミの写真は採集時に雨が降っていて、現場で撮影していません)。

公園の川岸にあった看板を見たら、淡水のギャングを放流する愚挙が賛美されていました。
e0094349_19474965.jpg

外来魚のブラックバスを目の敵にする人々がいますが、在来種の鯉の方が生態系の破壊者としてはるかに悪質であると言うのが淡水魚関係者間の定評でしょう。

資源・環境行政の不作為アリバイ・セレモニーに利用されているにすぎない「放流」事業などがよいことである、あるいは何かの役に立っているという錯覚を世の中から払拭させることが大切です。

この場所でシジミは密生していませんでしたが、性質の悪い魚がいたからかもしれません。おかげで必要数を採取するのに時間がかかりました。

その次に市街地の北の水田地帯に接した場所で、馬場川の上流に当たる農業用水路を見ながら車を走らせ、道路の下が暗渠になっていて、砂が溜まっていた場所を見つけました。そのような場所では一網打尽でシジミが獲れます。
e0094349_19524957.jpg
e0094349_1952583.jpg

わずか2回の網入れで必要なサンプリングができました。

市役所のところでは大多数が綺麗な明るい色でしたが、この場所では殻の表面が真っ黒クロスケになっています。泥が堆積していて還元状態(酸素欠乏)の場所ではシジミの殻の外面は黒くなります。

馬場川のシジミの形態はマシジミに見えましたが、以前、三重大の皆さんが採集したものは別の集団だったのでしょうか。手元に来ている三重県(四日市)産のマシジミはこれまで見た日本各地のマシジミの中でもっとも横長の形態ですが、もしそれを標準にしているならば困ります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-27 19:58 | シジミの仲間 Corbicula
<< 筑後川水系のシジミ類 その3 田手川 筑後川水系のシジミ類 その1 ... >>