beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

筑後川水系のシジミ類 その3 田手川

馬場川は市街地を流れていますが、それと平行して東側にある田手川は農地と吉野ヶ里遺跡の中を流れています。

広島と岡山からの帰り道の26日午後に再び佐賀県に立ち寄り、田手川の淡水シジミを採集しました。

21日の下見で、川の本流で採集は無理と判断し、上流部の農業用水路に的を絞り、3箇所で採集しました。全て三面張りのコンクリート水路で、流れも速く、シジミが住めるような砂が堆積している場所は限られていました。

最初のスポットですが、道路脇で石碑の前に駐車スペースがあり、その裏に水路が流れていたので採集に好都合な場所でした。
e0094349_20584428.jpg

石碑に刻まれた碑文です(クリックで拡大すれば読めます)。
e0094349_20592625.jpg

わずかに砂が溜まっていて、カワニナとイシガイと共にシジミを採取することが出来ました。
e0094349_2102493.jpg

この場所の水路の写真を撮り忘れたのですが、コンクリート水路はどこでも同じようなものです。
e0094349_2142649.jpg

上の写真は石碑の所と近いが別な地点で、水路に下りる階段があった場所です。ここでは佐賀でしか見られないカササギと出会うことができました。ところが見た瞬間に飛び去ってしまって、カメラを向ける暇もありませんでした。残念無念。ヘッケルとジャッケルを知っている人はいますか。

3箇所目で下校中の小学生集団に「何をしているのか」と問われたのでシジミの調査だよと説明したら、頑張ってくださいと激励されました。昔だったら、下校中に川遊びが楽しめたはずの場所ですが、今やコンクリートでガチガチに固められ、子供が入らないようにされています。川ガキがいなくなっているだけでなく、犬を散歩させている住民たちに川にシジミが住んでいることすら認識されていないようです。

この川のシジミについて、三重大の古丸ほかが1997年に論文を出しています。

Komaru 外 (1997) Biol. Bull. 193: 320-323.

Hermaphroditic freshwater clams in the genus Corbicula produce
non-reductional spermatozoa with somatic DNA content

Abstract.

Hermaphroditic freshwater clams in the genus Corbicula produce non-reductional
spermatozoa. The DNA content of spermatozoa was almost identical with that of
somatic cells in C. leana from Mie Prefecture, Japan. Hermaphroditic C. aff. fluminea
from Saga Prefecture and C. fluminea from Taiwan also produce non-reductional
spermatozoa. On the other hand, spermatozoa of the dioecious C. sandai had half
the DNA found in somatic cells. Analysis of chromosome numbers suggests that C.
leana (3n = 54 in somatic cells and 18 in meiotic cells) from Mie Prefecture and C. aff.
fluminea (2n = 36 in gills and 18 bivalents in meiotic cells) from Saga Prefecture are
triploids and diploids, respectively. C. leana, C. aff. fluminea, and C. fluminea may lack
either first or second meiosis, resulting in non-reductional spermatozoa. We assume
that gynogenetic reproduction occurs in both species; maternal chromosomes are
also nonreductional, and spermatozoa activate development of the eggs, but do not
contribute to the offspring.

要点は、佐賀県の田手川で採取されたタイワンシジミに似た種は、三重県のマシジミが3倍体であるのと異なり染色体は2倍体であった。そして雌雄同体であるどちらの種でも、卵子と精子が減数分裂せず、精子は受精時に発生を開始させる刺激だけの役割を持っている(例えばギンブナがそうなっていることが知られています)雌性生殖をするものと想定した。(比較のため台湾のタイワンシジミと琵琶湖のセタシジミも調べています)

この著者はその翌年の論文で、淡水シジミの精子が発生の刺激となるのではなく、細胞外に捨てられる卵子の核に成り代わって発生を進める「雄性生殖」が起こっていることを発見して報告しています。

雌性でも雄性でも、どちらにしても片親のクローンをつくる繁殖様式です。

今回、自分で田手川と馬場川で採集した佐賀県産の淡水シジミは形態的にはマシジミ型であって、典型的なタイワンシジミ型とは異なっていました。不思議なことですが、10数年前に同じ水系で採集されたシジミとは形態が異なるようです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-10-28 21:29 | シジミの仲間 Corbicula
<< ネナシカズラと奇妙な蔓草 筑後川水系のシジミ類 その2 馬場川 >>