「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

佐賀の淡水シジミの謎

佐賀県の淡水シジミに関して学術的な研究報告が2編、1997年と1998年に三重大の研究グループによるものが、オンラインで公開されています。その追跡・確認のために現地(特に田手川とその西に流れていて南で合流する馬場川)で淡水シジミ集団を5箇所で採集しました。

また、学術的な報告(印刷公表されたもの)は見つかりませんが、佐賀県内の河川で淡水シジミ類の調査が行われたことが現地の新聞報道にあったようです。新聞社サイトでその6年前の記事をみることができませんが、引用したと見られる記事が某掲示板の中に残っていました。それをさらに丸ごと下に引用します。(記事に伴った腐れコメントは割愛しました)

http://mimizun.com/log/2ch/femnewsplus/1115523613/

【佐賀】姿消した県内「真シジミ」

1 :ドメスティック・ドメ子φ ★:2005/05/08(日) 12:40:13 ID:???

県内に生息するシジミのうち在来種の真シジミが、外国由来種に置き換わり
つつあることが、杵島郡出身で山口大の二宮さんの調査で明らかになった。
県内八カ所の河川で行った調査では真シジミが一個も発見できず、「タイワン
シジミの侵入が進み、帰化しかけている状況にあるのでは」と話している。

二宮さんが調査したのは、小城郡三日月町の祇園川や神埼郡東脊振村の田手川
などの河川。合計六百二個のシジミを採取したが、外国由来で近縁種のタイワン
シジミと呼ばれるものか、その子孫の個体しか見つからなかった。

外来由来種だと思われる採取した個体は、色がオレンジやピンクだったり、形も
いびつな三角形だったりと、在来種の真シジミとは明らかに違った特徴があった。

標本を鑑定した日本貝類学会会員で環境省種の多様性調査検討委員の増野氏によると、
明らかに台湾や韓国などからの外来種に置き換わっているといい、「かなり深刻な
状況も考えられる」と注意を促す。

真シジミは、汽水域に生息する大和シジミと同じく日本古来のシジミで、淡水に生息。
全国的に減少傾向で、十五年ほど前から岡山県を中心に、外国由来種の流入が目立って
きていた。

富山県では近い将来に絶滅危惧(きぐ)種への移行が考えられる「危急種」として指定
されている。県内ではシジミの調査は今回が初めて。希少動植物への指定はないが、
近々改訂予定のレッドデータについて、県環境課は「今後、検討していくことも考える」
と話す。

ソースは
http://www.saga-s.co.jp/
..............................................................................
8箇所で600個体余りを採集したとあるので、ぜひこの調査結果の詳細を見たいと思って、探しまくりましたが手がかりがつかめません。

先月、佐賀県で採集した淡水シジミは5箇所から総計564個体でしたので、採集数では遜色ありません。

最初の採集場所だった馬場川の神埼市役所脇の親水公園内では69個体を採集し、その約6割が黄色い殻で、ピー図鑑では「外来種」と見なされているもの、残りは同じ形態ですが色彩的にマシジミの特徴を示す個体でした。

馬場川の上流域は農地と住宅地が混在する地帯で水路となっていました。2番目の地点、市役所から直線で北に向かって3キロ足らずの場所で採集したシジミは146個体全てがマシジミだったのでびっくりしました。同じ水系であり、馬場川に直接つながった上流の水路に生息していた集団と下流の集団とがまったく異なる色彩型頻度分布を見せていたからです。

田手川については3箇所で、吉野ヶ里遺跡公園の北側の1キロ四方に含まれた範囲の支流と用水路からでした。これら3地点は直接的な上流・下流の関係にはなっていませんが、全体の流路は下流でつながっていました。

その3箇所のマシジミ型の出現頻度は: 156/166, 120/148, 35/35、で、全体の9割近くがマシジミ型の個体です。

佐賀のマシジミは<明らかに台湾や韓国などからの外来種に置き換わっている>という鑑定結果を出した人は台湾や韓国の淡水シジミを日本のシジミと見比べたことがあったのでしょうか。また、「置き換わる以前の」佐賀県の淡水シジミがどのような集団としての特徴:色彩頻度分布や殻の形態変異を見せていたか、比較できるデータを持っていたのでしょうか。

佐賀県にはカササギがいますが、羽根の色が変な外来のカラスが移入していると騒がれているでしょうか。中国と地史的な関係が深い九州西北部に大陸産の広域分布種が昔からいることは想定範囲内のことであって、時系列的な比較データ無しで、いきなり外来種とみなすのはむしろ不思議なことです。

中国本土には固有の淡水シジミの一種が生息しているようですが、周辺の台湾、香港、韓国などの淡水シジミ類は日本産のマシジミと明確に別種であると識別できるのかどうか、それが問題です。そもそも在来マシジミの集団として黄色が目立つ「カネツケシジミ」型が日本国内に存在していなかったのかどうか、はっきりしません。

同じ集団内にカネツケ型が出れば「外来種」の集団であるという話が納得できないので、色彩型の変異の集団遺伝を明確にするために飼育・繁殖(できれば交配)実験と分子集団遺伝解析の組み合わせが必要となっています。すでに複数の研究チームから発表されているミトコンドリアの特定の遺伝子による解析では、淡水シジミの色彩型が種のレベルで無関係であることがわかっています。むしろ染色体の倍数性の変化が色彩や形態の集団変異をもたらしている可能性を吟味するべきでしょう。

シジミ類では倍数性の変化が生じるメカニズムがまだ解明されていません。脊椎動物では近縁種間の交雑が倍数性の増加をもたらしていることが基本的にわかっているようですが、無脊椎動物(や植物)ではもっと意外なことがありそうです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-04 18:55 | シジミの仲間 Corbicula
<< 2列1ダースの黒丸模様 岡山県、高梁川水系の淡水シジミが産卵 >>