beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

球磨川水系のシジミ

昨日は球磨川水系の源流域から人吉市まで淡水シジミを求めて探索しましたが、日向から山越えで行く経路は思ったより時間がかかり、残念ながら現地で調査に十分な時間がとれませんでした。

山を越えて熊本県に入り、湯山の市房ダムに着いたところで昼食時間となり、ダムの土産店を冷やかし、食堂で山菜うどんを食べました。
e0094349_9372364.jpg

お土産に現地産の「珍味」山椒シジミを購入。
e0094349_9374438.jpg

事前のネット情報としては人吉城の城壁下の水路にマシジミがいるという熊本県の広報(前のブログ)と、あさぎり町の広報で町内の水路にいるということをキャッチしていました。

人吉城下のマシジミはわずか8個体だけ、殻の膨らみが弱いことと、殻皮が縁から延び出ている特徴が見られました。しかし、集団遺伝情報を得るためには数が足りません。
e0094349_9321940.jpg

今日のあさぎり町 平成23年7月22日(金) 『タウリン』:
地元で流れが悪いから消防ポンプで流してほしいと言われていた水路を、ポンプ点検をかねて掃除をしました。 溜まった土砂をスコップで上げると、土砂の中にシジミが。 もともと山水の流れるきれいな水路なのですが、用心して水の中へ返してやりました。
http://www.asagiri-town.net/q/aview/157/2683.html

掃除された水路に行っても仕方がないので、現地の水路情報を調べたら、「百太郎溝」という潅漑用の水路が球磨川から引かれていて、その取水の樋門が多良木町にあり、そこからあさぎり町に水路が通っていることがわかりました。百太郎は工事の人柱にされた人の名前だそうです。
e0094349_9452890.jpg

e0094349_9415030.jpg

e0094349_9473154.jpg

下が取水する樋門で上があさぎり町方向に向かう水路ですが、水流が早いので驚かされました。
e0094349_9455131.jpg

球磨川は急流で有名ですが、多良木町あたりでは川幅が比較的狭いのは上流の市房ダムで水が堰き止められているからでしょう。
e0094349_949431.jpg
e0094349_9495596.jpg

この水路をたどってあさぎり町方面に向かいましたが、途中でシジミがいそうな場所に遭遇しました。

多良木町の水田地帯の一角で道路脇の水路がT字になってポケット部分があり、その下流側がせきとめられていたので砂泥が堆積していました。砂をさらったら中から稚貝を含んで200個体くらい採集できました。
e0094349_955235.jpg

e0094349_957267.jpg

付近の百太郎溝や球磨川の支流では、シジミが生息していたとしても接近して手が出せない状況であり、田んぼの周辺の水路は見事に管理されて土砂が堆積していないため、シジミはいません。

下はあさぎり町を流れている百太郎溝です。所々に水路に降りる階段がありましたが、水が滔々と流れていて、コンクリート底が剥き出しでした。水路の所々にカモが遊んでいました。
e0094349_1003213.jpg
e0094349_100404.jpg

戦果は乏しいのですが、熊本県から最初のマシジミ集団のサンプルが採取できました。

球磨川の次は緑川水系を狙います。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-18 10:04 | シジミの仲間 Corbicula
<< 緑川水系の上流にて 大河内の崩壊斜面を再訪 >>