「ほっ」と。キャンペーン

beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

御船町の水路のシジミ

熊本地学会誌の2009年に発行された151号には御船町の恐竜博物館の池上直樹さんが執筆した研究報告があります。著者にメールでお願いし、ファイルを送っていただきました。

タイトル: 熊本県緑川水系で採集された淡水産シジミ 
-タイワンシジミとマシジミの貝殻形態-

タイワンシジミとマシジミを集団遺伝的に比較した国内の研究者による報告には貝殻の色彩に関するあいまいな記載があるだけで、形態指標を測定し、集団間で比較したものは皆無です。集団遺伝で分子を扱う人たちが形態の統計データを示していないのが、これまで大きな不満の一つでした。池上さんの論文では殻の計測と形態の観察結果が詳しく記述されていたので、やっと集団間の比較ができるデータが見つかりました。

上のタイトルの論文は緑川水系としていますが、実際には御船町の2箇所と隣接する甲佐町の1箇所で、もっとも離れた地点間で約6キロしかありません。山間部から平野部に移り変わる位置で、緑川の中流部で、支流の御船川が合流する少し手前です。

前のブログで紹介したように、御船町の北側の水田地帯にある高木という所の水路で採集したシジミが持ち帰ってから活発に産卵しましたが、他の2地点(御船町の役場裏の水路と甲佐町の五色山の水路)で採集したシジミは産卵しませんでした。

ここでは高木の水路の様子とそこで採れたシジミを紹介します。

池上さんは2007年8月に43個体、2008年9月に18個体を高木の水路で採集したと記録しています。水路の位置が地形図で示されていたので、その緯度と経度を読み取り、GPSで採集場所を見つけ出しました。

3面張りのコンクリート水路で川幅が約3mと報告にあったのがこれでしょう。
e0094349_2030368.jpg

e0094349_20311323.jpg
e0094349_2031205.jpg

昔は水田地帯を曲がりくねって流れる素敵な小川だったのでしょうが、河川改修で直線化され、コンクリートで固められた「一級河川」です。池上さんは、この中に入って採集したようですが、この川と平行して土手の下に流れる小さな水路があったので、そちらを攻めてみました。

e0094349_2174526.jpg

水路の上を渡る橋の下がシジミのダイスキな暗渠になっているので、狙ってみたらドンピシャリでした。
e0094349_20365083.jpg

堆積した砂泥に網を入れてガサガサするだけでざくざくとシジミが採れます。10分くらいで大小約300個をゲットして満足して切り上げました。本気を出して採れば道端で店を開けそうでした。
e0094349_20392583.jpg

上の写真に見える黄色いポツポツが取り残したシジミです。

すでに貝殻と中身のアルコール固定サンプルに分けましたので、貝殻の内側の色を見ることができます。

もっとも多量に産卵した個体です。
e0094349_2044696.jpg
e0094349_20441470.jpg

この場所では、上のような、外側が黄色で焼け焦げ模様があり、内側が薄い紫色の色彩型が圧倒的に多く、全体の94%を占めました。
e0094349_20492385.jpg
e0094349_2049326.jpg

そして残りは3%ずつで、共に内側の色が濃い紫で、外がこげ茶(上)と青紫(下)の色調に分かれました。
e0094349_20501519.jpg
e0094349_20502270.jpg

青紫と黄色が産卵したのに対し、こげ茶の9個体は全く産卵せずでした。

貝殻の色は3通りに分かれていましたが、殻の形態は同じ変異内だろうと思われます。

池上さんが2007年と2008年にこの水路の横に流れる川で採集したシジミは全て「マシジミ型」、つまり、殻の内側の中心部は白っぽく、周辺部が濃い紫だったとあります。しかし、今回採集した300個体の中にその特徴を示すものはありません。

並んで流れている川と水路の両方で採集しないと過去の資料と比較できませんが、川の中にマシジミ型がいない可能性が考えられます。

同じ矢形川の下流に位置する御船町役場の裏の水路で採集したサンプルとの関係について、続きはあとで。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-22 21:01 | シジミの仲間 Corbicula
<< 御船町の水路のシジミ(つづき) 御船町で採集した淡水シジミが放... >>