beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

熊本県甲佐町、五色山のシジミ

11月20日の緑川水系のシジミ採集調査では、真っ先に甲佐町の五色山(標高60m)を目指しました。名前の由来がどうか、関係があるかわかりませんが、現地の路頭の岩石は奇妙な色合いで層をなしていました。
e0094349_19154410.jpg

五色山の裾に水路が流れていましたが、底に仕切りがある3面張りコンクリートです。
e0094349_19174798.jpg

水路の畦の雑草が荒れ放題で、水路の中では土砂が堆積したままでした。下の写真では水路が枯れ草に隠れていて全く見えません。
e0094349_19195236.jpg

驚いたことに、水がミルクを流したような白濁状態でした。
e0094349_19212954.jpg

この環境でシジミ集団が健全な状態でいるかどうか心配になりましたが、オオカナダモが成育していて、生きているカワニナも見えるので、とにかく砂を網でさらって採集を試みました。

1時間ぐらい、あちらこちらと探りながら集団のいる場所を見つけ出し、稚貝を混ぜて90個体採集できました。死んだばかりの殻が多く出てきたので、やはり生息環境がかなり悪いようです。

御船町の恐竜博物館の池上さんが緑川の中流域で左岸にある五色山のふもとで2008年9月に82個体を採集し、4つの色彩型からなると報告しています。その中でマシジミとされたのはグラフで19%とされていたので、16個体(16/82:19.5%が近い)です。論文中のグラフでタイワンシジミの3つの色彩型を一緒にしているので今回の自分で採集したものと細かくは比較ができませんが、池上さんが従っていた分類ではマシジミが出ていないので、大幅に変化したことになります。

自分が五色山の水路で採集したシジミは二つの色彩型に分かれました。一つは内側が全体的に濃い紫色になるものが31個体、そして薄い茶色になるものが59個体でした。

殻の内側が濃い紫色の色彩型は個体によって色が薄い部分が不規則に現れました。特に大きい個体は淡水貝類図鑑で定義されたマシジミにかなり似た色彩パターンです。成長に伴ってこのパターンは変化するのかも知れません。
e0094349_19321843.jpg

下では小型の貝で色彩型を比較しました。まずは内面が濃い紫色のもの。
e0094349_19332261.jpg
e0094349_19333097.jpg

そして内面が薄い茶色のものです。しかし、殻頂に近い部分は濃い目の茶色です。紫でなく茶色が内側に現れる淡水シジミはこれまで見たことがありません。
e0094349_19341926.jpg
e0094349_1934262.jpg

以上の様に、3年前に(おそらく)同じ水路で採集されたシジミと今回のシジミはまるで別の集団みたいでした。

五色山水路のシジミは殻の色彩の個体ごとの変異はあっても形態的には同じ変異の範囲内のようです。言い換えれば色が違うが形は同じ個体が集団をなしていました。そして、この場所のシジミは、御船町の2箇所で採集した集団と見比べて、明らかに殻の縦と横の比率が違っているようです。五色山集団は横長の殻でした。

池上さんはタイワンシジミの殻の縦横比がマシジミに比べて横長であるという計測結果を記録しました。横/縦の中央値がマシジミで0.89に対し、タイワンシジミでは0.82としています。これは2箇所のサンプルをプールした結果であり、地点間で個体数に明らかな偏りがあるので、実質的に地点間の比較となっています。それを確かめるためにはプールしていない元のデータを参照する必要がありますので、いずれもう一度確認調査に出かけるつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-24 19:51 | シジミの仲間 Corbicula
<< 高千穂から視察団 御船町の水路のシジミ(つづき) >>