beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

高千穂から視察団

16日の熊本市からの視察団に続いて今日は高千穂町から来客です。

総勢26名で大型バスに乗って朝一番に出たそうで、予定の10時より20分以上前に塩見に到着し、受け入れ側の役員メンバーがあわてて駆けつけました。前の熊本グループは全員がジジでしたが、高千穂グループはジジ・ババで、かなりの高齢者も一緒でした。

そして、なんと、明日は都城の視察団の受け入れを予定しています。

「農地・水・環境保全・向上対策事業」という農水省の補助事業は、名称を変えて「農地・水・保全管理支払交付金」となっていますが、今年が5年目の最終年度です。
http://www.inakajin.or.jp/midorihozen/

お役人は上手に事業の「自己評価」(=手前味噌)をやりますが、達成される(見込み)数量データが昨年の「中間評価」にありました。

農地・水・環境保全向上対策の中間評価
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kankyo/pdf/100913-02.pdf
遊休農地発生防止のための保全管理活動により、本対策の実施期間5カ年間で、1,600haの耕作放棄地の解消と、13,000haの耕作放棄地の発生防止の見込み。

九州における耕作放棄地の統計データは下のURLですが、最近の数字は見当たりません。
http://www.maff.go.jp/kyusyu/toukei/hensyu/sonotakako/pdf/03genzyo_kyu.pdf
1 耕作放棄地面積の推移
【販売農家・自給的農家等の推移】
○ 九州の耕作放棄地面積は年々増加し、昭和60年から平成17年の20年間で3倍の 6万1千haに増加しています。
○ 特に、自給的農家と土地持ち非農家は、20年間で約4倍近く増加しそれぞれ1万2千ha、2万7千haに増加しています。


農地・水・環境保全の事業が開始されるより前に、九州だけで約6万ヘクタールの放棄耕作地ができてしまっていて、それは、特に中山間地で農地を持っているが農業生産をしないところが増え続けているためです。

上の「見込み」が結局どうなったかは、数字で示してもらいたいのですが、H17年には全国で40万ヘクタール近くまでに増えたのが足止めできたのかどうか、宮崎県内を見ている印象では怪しい限りでしょう。

事業の趣旨はよいのですが、この全国規模のバラマキが耕作放棄地対策として効果をあげるとは思われません。農地での生産活動が経済的に成立しないところに補助金をばら撒いて問題を先送りしているだけに見えます。

明日のグループは、桜木「水・土・里」保全向上会で、そのキャッチフレーズ:ほたるの里、です。
http://www.midorinet-miyazaki.com/nousui/initiatives/summary_pdf/kitamorokata/10.pdf

実は、今日訪問された高千穂のグループは「蛍舞う自助の村尾谷会」でした。
http://www.midorinet-miyazaki.com/nousui/initiatives/summary_pdf/nishiusuku/02.pdf

熊本市のグループも同様にホタルの里が主眼の地域からでした。

里山の農村地帯でホタルを取り戻したい、という願望は九州以外でも広がっているようです。

本日は子供さんたちを連れてくるという事前情報があったので、田んぼの生き物を実際に見せてあげたいと思い、色々な水生生物を入れた水槽を用意しました。しかし、残念ながら高齢者だけの来訪です。予定より早く着き、受け入れ態勢ができていなかった所へ皆さんが乱入してきました。
e0094349_19305044.jpg

アカハライモリを見てサンショウウオがいる、などと大きな声を出すお年寄りがいたりして楽しいのですが、大勢でランダムに動かれては、こちらの取り組みなどを説明できません。年寄りよりも小学生の団体行動の方がずっとよく統制が取れていることがわかりました。

用意した生き物の一部の写真を下に紹介します。
e0094349_19355013.jpg

通称イボガエル君が湿地の浮き草の陰に隠れていたので捕獲しましたが、いるはずのアカガエルが見当たらなかったのでカエルはこれだけ。トノサマやガマなどはそろそろ冬眠でしょう。高千穂ではヒキガエルはいるがトノサマは見かけないと皆さんが言っていました。

昆虫ではマツモムシとクロズマメゲンゴロウを捕まえて見せました。コガタのゲンとヒメゲンは屋内水槽で飼育中でしたが、子供が来ないので外に出さず。
e0094349_19415070.jpg
e0094349_19415730.jpg

マツモムシはオタマジャクシを襲うようですが、現在は被害を受けるオタマは見つかりません。

互いによく似ているが色が違う、わりと大きいヤゴが2種?いました。トンボのヤゴは外にも色々いるはずですが、捕獲できたのはこいつらだけです。
e0094349_19455997.jpg

トンボの種類はさっぱりわからないし、ヤゴはさらにわかりません。

貝類はマルタニシとヒメタニシを出しておきました。
e0094349_19471769.jpg
e0094349_19473033.jpg

イシガイの仲間もタニシとツーショットです。
e0094349_1949222.jpg

淡水シジミなども来客に見せましたが、ここでは省略します。
[PR]

by beachmollusc | 2011-11-26 19:50 | 日記
<< 門川高校のホタル博士軍団来襲 熊本県甲佐町、五色山のシジミ >>