beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

権現原、農業用水路のシジミ

門川高校の皆さんが採集した、日向市権現原(ゴンゲンバル)水路のシジミを乾燥貝殻標本にするため、ゆがいて殻から身を抜いて内側を見てびっくりしました。それは、これまで出てこなかった「色抜け」個体が約5%出現したからです。これを色の違いでピー図鑑に従って分類すれば(外来)タイワンシジミになってしまいます。

この水路に淡水シジミが現れているのは、耳川から日向市の権現原浄水場につながる水路を流れて来たからと想定しています。その導水路の中、浄水場の上流でシジミを採集したことはすでに記事を書きました。

耳川のマシジミは漁師さんから提供された大きい個体だけで、まだ小さい個体を確認していません。大きい個体は典型的なマシジミで、その殻の外側は緑色を帯びた黄色、そして内側は濃い紫色であって中央は白っぽくなっています。

殻の縁に茶色の縁取りが見えますが、これも外来シジミの特徴のようなことが言われています。しかし、これは殻皮が伸びて石灰質の殻の沈着より先行して成長している姿のようです:殻の外側に見える同心円状の肋の1層分が一気に伸びるのでしょう。成長段階で見えたり見えなくなったりする形質でしょうから、分類の目安になりそうにありません。
e0094349_2185932.jpg
e0094349_2191086.jpg

殻の内側の色は弱ってくると白く濁ります。下は死んだ直後(中身が残っていた)の様子です。
e0094349_21101980.jpg

殻の内面が全体的に白いものは外来種という短絡的な分類・鑑定をやってはなりません。

権現原の浄水場の導水路とその下流の農業用水路で見られるマシジミは耳川本流のマシジミと比べると殻の外側が黒っぽくなっています。それは殻皮が硫化鉄の黒い色で染められているからですから、これも分類の目安にはなりません。

権現原のマシジミの大(2センチ余り)、中(1.5センチ)、小(1センチ)で殻の内面の色を見比べると、小さい間は一面に濃い紫色であるのが、大きくなると中央が白っぽくなって、いわゆる「マシジミ」の姿が完成します。
e0094349_21232978.jpg
e0094349_21233836.jpg
e0094349_21234823.jpg
e0094349_21235754.jpg
e0094349_2124738.jpg
e0094349_21241457.jpg

これよりもっと小さい稚貝時代については前のブログ記事で紹介しました。

マシジミの稚貝にできる斑紋(2011.8.26) http://beachmollu.exblog.jp/15334546/

殻の内側が全面的に濃い紫色であれば外来のタイワンシジミであるといったことが言われていますが、これも成長段階による変化を無視したための間違いでしょう。

門川高校の皆さんが採集した総計205個のマシジミの中に、殻の内側で濃い紫色が全面的には現れていない「色抜け」個体が11個体(約5%)ありました。
e0094349_21322029.jpg
e0094349_21322910.jpg

大きさ別にして数をチェックしてみたら、殻長1センチ(だいたい成熟する大きさ)より小さい93個体中3個体、そして1センチより大きい112個体中8個体でした。ただし、1.5センチより大きい個体に「色抜け」はありませんでした。

殻の形態は同じであり、一緒にいる「色抜け」とそうでないものを別々の「種」と見なすことは無理だろうと思われます。ただし、色彩が遺伝的に固定されていると想定して、別々のクローン集団と見てよいかもしれません。

耳川本流の79個体と浄水場の導水路の75個体は全てマシジミ型であったし、権現原の農業用水路でもこれまではマシジミだけだったので、今回「色抜け」の型が出現して、その解釈に悩まされています。

同所集団内で色彩型が分かれている場合、その配分比率が場所により大きく異なっているようです。日向市の色抜け率5%は島根県の高津川水系の源流域で見られた状況と同様です。定点観察により、集団が世代の交代・時間経過で変化するかどうかを調べる必要があります。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-01 21:48 | シジミの仲間 Corbicula
<< アメリカに移入したマシジミ 門川高校のホタル博士軍団来襲 >>