beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アメリカに移入したマシジミ

アメリカ地質調査所USGSの外来水生生物に関するサイト:
NAS - Nonindigenous Aquatic Species
に示されたマシジミ標本の写真を見つけました。

標本番号: 237140
http://nas.er.usgs.gov/queries/specimenviewer.aspx?SpecimenID=237140
フロリダ州のSanta Riverで2007年に採集された50個体について、採集場所の地図と写真があります。

タイワンシジミの学名が使われていますが、掲載された写真は典型的なマシジミです。(下に画像を引用)
e0094349_2141762.jpg

アメリカに移入したタイワンシジミの貝殻標本は膨大な数で各地の大学や博物館などにあるのですが、オンラインでいくら探しても、色彩的な特徴がわかるような写真はほとんど掲載されていません。

この写真は多数の個体が一緒に写され、殻の外側と内側が両方見え、集団としての特徴がよくわかるので、典型的なマシジミの色彩パターンをはっきり見ることができます。

アメリカへ移入したシジミの分子集団遺伝に関する研究報告でマシジミの学名Corbicula leanaが使われていることがありますが、マシジミとタイワンシジミは同種であるものと認識されています。

アメリカの貝類コレクターから借用した多数のシジミ標本の中にマシジミ型が含まれていなかったので、もしかしたらマシジミ型は移入していないのかと思ったりしていたのですが、これではっきりしました。

もしマシジミが日本の固有種であったら、アメリカで見つかったマシジミは日本から進出したと言えます。しかし、中国の本土で採取された標本(中国の貝類標本サイトから購入)でマシジミ型があり、韓国の(昔は)チョウセンマシジミとされていたものが日本のマシジミと分子集団遺伝的に同一種であるとされ、現在はマシジミの学名で呼ばれています。つまり、アメリカで見つかったマシジミは東アジアのどこから移出したものかは外見ではわかりません。

日本にいる「マシジミ」に関しても事情はアメリカと同じです。日本国内では、タイワンシジミが外来種としてマシジミと区別されていますが、日本で見られるマシジミが昔からいるマシジミであるか、それとも中国や韓国などから最近移入してきた外来のマシジミであるか、外見ではわかりません。

もっと困ったことに、タイワンシジミが色彩的に多様であると見なせば、マシジミに似たタイワンシジミとマシジミが識別できなくなり、混乱します。

環境省のレッドデータでは「準絶滅危惧」、岡山県のレッドデータではマシジミを「情報不足」としています。 http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/reddatabook/pdf/a389.pdf

<前種ヤマトシジミに似るが殻表の輪肋は粗く、光沢は鈍い。内面は淡紫色を呈する個体が多く、周縁は濃紫色となる。河川や水路、池沼など純淡水域において、緩い流水中の砂礫底や砂泥底に生息する。全国的にごく普通な種であったが、近年中国や台湾などからタイワンシジミが人為的に移入された結果、多くの産地で本種が駆逐され、タイワンシジミに置き換わっていることが指摘されている。岡山県倉敷市はタイワンシジミの野外繁殖が国内で初めて確認された場所でもあり、近年は県内の広い範囲でタイワンシジミが頻繁に見られるようになったが、マシジミが実際にどの程度影響を受けているかはまだ不明であり、今後の調査が必要である。>

岡山県の人工淡水湖である児島湖とその流域の環境と生物を紹介したサイトの生物図鑑の頁に「タイワンシジミ」と「マシジミ属の一種」が掲載されています。
http://www.kojimako-okayama.jp/bent/t004a.html
http://www.kojimako-okayama.jp/bent/t033j.html
マシジミとタイワンシジミは本当に良く似ています。確実に判別するには、殻を開けて、内側の模様を見るしかないのですが、内側を見てさえ分からないことがしょっちゅうあります。

このウエッブ上の生物図鑑を作った、上のようなコメントを書いた「犯人」の名前が公表されていませんが、もともと同じものを無理に分けているために、わからなくなるのでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-03 21:23 | シジミの仲間 Corbicula
<< ふんづまりのミジンコ 権現原、農業用水路のシジミ >>