beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ふんづまりのミジンコ

淡水魚の水槽で魚を飼育するときにアオコが沸いて中が見えなくなることを防ぐ手段として淡水シジミを入れておくことが、アメリカにおいて外来種としてのタイワンシジミの拡散の原因の一つとされています。日本でも水生生物を扱うペットショップで淡水シジミが販売されています。

小倉にある「北九州メダカセンター」でマシジミを販売していることを知り、試しに30個購入しました。到着したシジミは全部マシジミ型で、岡山県と千葉県の販売サイトで購入したミックス(マシジミ型とタイワンシジミ型が混ざっていた)とは違いました。

タイワンシジミが日本各地に「侵入」しているとされ、その経路として海外から輸入された生きたシジミの砂抜きの過程で、殻の中に保育されたシジミの稚貝が排水から野外に出る、などという、想像力がかなり豊かな説があります。しかし、それよりも、ペットショップ経由での拡散の方がありそうに思えます。

北九州メダカセンターではメダカの餌となるミジンコとその餌を作る元の栄養剤を販売していました。

日向市に来てから、宮崎県内の各地でミジンコがいないかずっと気にして探していますが、全く見つかりません。ホウネンエビやカブトエビなどはもちろん見つかりません。県内ではタニシやドゼウなどと一緒くたに水田や溜池から徹底的に排除されてしまっているようです。冬を越す低温と乾燥に対する耐久性があるミジンコの卵さえも残されていないようです。

実は、学部学生だった時、キャンパスに近い不忍池でミジンコが湧いているのを見つけ、飼育実験をして遊んでいました。

ミジンコは環境条件(温度と餌)が良いときに雌性単為生殖をします。つまり、オスがいなくてもメスだけで卵を産み、卵は体内で保育して、それから生まれるのはメスだけで、短いサイクルで次々と世代を重ねて爆発的に増殖することができます。そして、水中の餌が枯渇すると(どういう仕組みでそうなっているのかわかりませんが)オスが誕生します。

オスとメスが交尾すると耐久卵ができて、それが母親ミジンコが死んだ後に生き残って、条件が良くなるのを待ちます。耐久卵から孵化すると再びメスだけで増えるサイクルに入ります。

ミジンコは小さい容器で個別に飼育できます。1個体だけから子孫を増やすのが面白く、またオスが突然現れるのが不思議だったので、しばらく観察を続けました。餌になる植物プランクトンを培養するのはとても簡単で、池の水に栄養素を添加するだけでできます。

懐かしくなってシジミと一緒にミジンコを購入してしまいました。

送られてきたミジンコは尻尾の尖った先が短いちょっと見慣れない姿でした。顕微鏡撮影をしてみましたが、触角を使って休みなく跳ね回るので(ストロボなしで)苦労しました。
e0094349_19325624.jpg

餌はよく食べていて、消化管の中は詰まっています。背中の育房に卵を抱えたミジンコは全く無く、腹側の脚にフン詰まり状態のものがありました。

目玉(複眼)が1個だけあるのはケンミジンコ(学名Cyclops:神話に出てくる一つ目の巨人)と同様です。ミジンコの学名(属名)はDaphnia:ギリシャ神話の水の妖精ダフネから由来。これは良い命名です。
[PR]

by beachmollusc | 2011-12-04 19:37 | その他の動物
<< 目八譜の黄蜆 アメリカに移入したマシジミ >>